2月県議会で「福島県子どもを虐待から守る条例」を採択、新年度から施行

19日の最終本会議では、議員提案条例「福島県子どもを虐待から守る条例」が全会一致で採択されました。20年4月1日施行です。
県議会の全会派から委員を選出し(WGメンバーに共産党の私神山も入り)12月に条例検討会が設置されました。東京都などの同条例を参考に策定した自民党案を元に検討が始まりました。検討会では、3人の参考人から意見を聴取。12月末から1/20まで寄せられた県民からパブコメは76件にも上りました。私は、この意見を時間をとって協議すること。あわせて児相の現地調査も行うべきと提案。


この提案が採用され、中央児童相談所(福島市)を視察。また、パブコメの意見を条例案に照らし1つずつ協議しました。条例策定までわずか約2ヵ月程度の協議で議決するのは今回が初めてです。

しかも他会派と意見が対立する場面もありながら、逆に最も一致したのが老朽化している中央児童相談所の改築でした。当局は抵抗したものの議員提案条例だからと一致し、財政措置を最後の条文に書き込みまとめました。

最終的に私たち共産党も条例案の提案者とになり可決したのです。

🌸 県虐待防止条例のポイント 🌸
★ 子どもに対する虐待は重大な人権侵害である(第3条 基本理念)
★ 子どもの生命を守ることを最優先に行動する。子どもにとって最善の利益を考慮する(第3条 第2項)
★ 親権者による体罰の禁止~20年4月施行の児童福祉法の一部改正から(第6条 保護者の責務)
★ 虐待を受けた子ども及び家族等が相談しやすい環境を整備する(第13条 早期発見)
★ 児童福祉司等の専門職員を手厚く配置。施設等の環境整備に努める(第22条 児童相談所の体制強化)

以上が、主な特徴点です。

郡山市の賀詞交歓会へ、岡田哲夫市議と共に

6日は、郡山の賀詞交歓会へ。岡田哲夫市議と一緒です(蛇石郁子市議に撮って頂きました)。

滝田商工会議所会頭が主催者挨拶。昨年の台風19号被害で中央工業団地の企業が浸水被害を受け、グループ補助金の活用の話をされました。

内堀知事は赤木小学校に2回訪問した話を。浸水被害前はオリンピックの話で訪問。次は浸水被害を受けたあと。子どもたちが3つに分散して通学していたが、ようやく元に戻れと子どもたちに笑顔がみえたと。

品川市長は、浸水被害のことはあまりふれず、市内の産業団地が14もあるとパネルをかざしアピール。そして、市役所のIT化を進め、ペーパーレス、カウンターレス、今度は会議レスを目指したいなどと挨拶。
名刺交歓会では、品川市長と滝田商工会議所会頭と話をしました。台風被害に関する要望や対応策を伝えたり、議会で取り上げたことなども話ました。

◇夕方、同じホテルで郡山青年会議所OB会の新年会にも参加しました。郡山青年会議所は、市内の中学生に郡山ゆかりの作家久米賞百合子賞の文学賞を毎年実施しています。

仕事始めの6日、斉藤のぼるさんと定時定点場所で街頭宣伝!

 

6日は、2020年の仕事初め。出勤されるみなさんへ、谷田川のそばで定時定点の朝の街頭宣伝を斉藤昇さんと一緒に行いました!

ここは、昨年の台風19号で谷田川が堤防決壊し、浸水被害を受けた地域で、中央工業団地のそばです。

安倍政権の消費者10%増税や桜疑惑、そして戦争する国づくりに執念を燃やし憲法9条を変えようとしている。この安倍政権を早期退陣をさせる年に!と訴えていたら、マラソン出勤する方が斉藤さんと同じ緑ヶ丘の方で、「安倍政権を退陣させましょう!」とエールを頂きました。嬉しい朝の出会いでした。

復興住宅で二本松の復興支援センターが浪江町民と「新春餅つき大会」

5日の二本松市安達地区内の復興住宅で、昨年から2回目となる二本松の復興センターの皆さんが主催した浪江町民との「新春餅つき大会」が開催されました。今年は原発事故から丸9年目です。

浪江町議の馬場議員と共に写真を。私も、餅つきのこねどりをさせて頂いたり、歌声サークルのみなさんと歌を歌ったり、寒い日でしたが楽しいひと時でした。原発避難者や自治会の方からは、ここの集会所を集会所として使えるようにしてほしいとの要望も頂きました。

市消防団中田地区隊の消防出初式

5日、郡山市消防団中田地区隊の出初め式に参列しました。
中田地区隊は、100名。10台の車両と共に点検を受けました。

私は、来賓挨拶で昨年10月の台風19号被害で、中田町も土砂崩れなどの被害対応をされたことに敬意と感謝を申し上げました。また、郡山で6人、県内で32人もの死者を出す甚大に被害だったこと、消防職員が県内で1000人不足していること、河川整備予算の大幅拡充や被災者生活再建支援制度が浸水被害に見合わないことから改善が必要なこと、今回の台風被害で意見や要望を寄せて頂き今後の教訓にしていきたい旨をお話しまし

新年あけましておめでとうございます‼!孫とお正月!

 

 

 

 

 

 

 

1日に来た孫たちは、私の家族とスケートをしたり、ボウリングをしたり、賑やかなお正月でした。

下の孫は1才半。なかなかの自己主張ぶりを見せた一方で、私の妹が嫁いでいる稲荷神社へ初詣に行ったら、ちょうど甥の子どもとばったり会うと、自分から手を差し伸べてお友だちに。意外に社交的かもなどと。孫は心配でもあり可愛くもありです。
4日に、新幹線で帰って行きました。

新春の街頭宣伝~安倍政権は早期退陣を!本年もどうぞよろしくお願い致します。

2日は、郡山地区の新春恒例の街頭宣伝。午前中、高橋善治市議と岡田哲夫市議と後援会のみなさんと共に宣伝カーで市内を2組に分かれ新年のご挨拶で駆け巡りました。
そして、駅前で揃って街頭宣伝を行いました!今年こそ希望ある年に。災害から命を守る政治を実現するためにも引き続き力を尽くします。
何よりも、安倍政権を早期退陣させるため、野党共闘を進め、憲法と暮らしを守るため今年も全力を尽くします!

消費税が導入されて31年/消費税をなくす県各界連のみなさんと怒りの宣伝行動

 

12/24は、消費税が像入されて31年目にあたります。10月から消費税が10%に引き上げられ、原発事故からの復興も10月の台風被害を受け、県民も疲弊している中で大変な負担増です。福島駅前大通りで、県各界連のみなさんと宣伝署名、シールアンケートに取り組みました。

台風の浸水被害受けた本宮の方は、1階が水没し、建て替える資力もないので修繕して住むと言っていますが、その修繕費は1000万円。これに消費税は、10%ですから100万円ですが、せっかく「全壊」の判定で加算支援金100万円分を支給されてもそっくり消費税で消えてしまいます。あいつぐ災害続き県民にとって、この消費税は復旧・復興に水を差すものでしかありません。私は、このことを16日の代表質問でも本会議場で、国に消費税を5%に減税せよと求めたばかりです。

安倍首相後援会で「桜を見る会」の前夜祭

13日付、しんぶん赤旗は、安倍晋三首相主催の「桜を見る会 前夜祭の怪」~首相後援会収支報告書なし~
また、2016年4月9日の安倍晋三首相主催の「桜を見る会」に参加した「安倍晋三後援会」の貸し切りバス(写真)。

今年4月には、貸し切りバス17台で「桜を見る会」に参加したとされています。田村智子副委員長が国会で取り上げてからメディアも注目。野党追及チームもつくられました。これは明確な公選法違反しょう。その「前夜祭」の費用はどこが負担したのか、国会で徹底究明が必要です!