12月県議会に向けて、来年度予算編成(第一次分)など党県議団が知事申し入れ

11/15、12月県議会向けて共産党県議団が知事へ要望書を提出しました。今回は、12月定例会への要望と来年度予算要望(第一次)分を要望しました。

10月に行われた県知事選挙を経て、内堀知事2期目がスタートしました。今後の県政運営について、「県民の立場から安倍政権にはっきりものが言える県政」を求め、憲法9条改定案、来年10月からの消費税増税、外国人労働者受け入れを拡充する出入国管理法案、企業の新規参入を促進させる漁業法改定案などには、反対を表明するよう要望。

さらに、原発事故への対応については、原発ゼロを発信し、福島第二原発廃炉の早期決断と廃炉工程表を東電に求めること。老朽原発の東海第二原発再延長と汚染水海洋放出の中止、リアルタイム線量計の継続設置を求めたほか、除染対策、賠償や避難者への支援を要望。

また、「全国最下位クラスの医療・福祉、子育て、教育」を充実するため、県予算を重点配分し、福祉型の県政への転換を求めました。

12月県議会は、12月4日~19日の会期で行われる予定です。代表質問は神山、一般質問は阿部裕美子県議が登壇予定で準備を始めています。

みちのくアラート2018にオスプレイを使用しないよう求め、県に申し入れ

29日、共産党は県議団と南相馬市議団と連名で「みちのくALERT2018 」にオスプレイを使用しないことを求め、県に申し入れました。県は、危機管理部の成田部長が応対しました。

陸上自衛隊は、「みちのくALERT2018 」を今年11月9~11日まで実施します。これは、三陸沖地震等発生時での災害対処を実動訓練し、自衛隊、米軍、自治体、関係省庁、関係機関等との連携強化及び東北地区の災害対応能力の向上を図るとの目的で東北6県で訓練し、本県は南相市で実施します。

しかし、MVー22オスプレイは、墜落事故が頻発しており、騒音や低周波音などで住民への被害が相次いでいます。2016年の熊本地震で投入されましたが、物資の搭載容量が小さいことや着陸時に巻き上げる風が強いため、自衛隊車両が散水を行いました。また、2015年のネパール大地震では、強風で住宅の屋根を破損したと報道されています。災害救助でのオスプレイの投入は、ふさわさしくないことは明らかです。

今回の訓練は、配備反対の声の多いオスプレイを防災訓練で使うということで批判をかわし、実用化を図ろうとするものです。訓練そのものを見直すべきであり、東日本大震災の被災地にオスプレイを飛ばすことは断じて許されないと、使用中止を国・自衛隊に申し入れるよう、県に求めました。

また、全国知事会が今年7月27日、日米地位協定の見直しを求める「米軍基地負担に関する提言」を初めて全会一致で採択していることも指摘し、県もこの立場から国・自衛隊に申し入れるよう求めました。

危機管理部長は、南相馬市ではオスプレイを使用しない、宮城県で使用すると聞いていると答弁。しかし、宮城県で使用するとなれば、当然本県の上空を飛ぶ可能性は十分想定されること。渡部寛一市議からも、南相馬市では漁船も危険にさらされると指摘。荒木市議は、訓練そのものが住民に知らされていないとも。住民には、ほんの一部の地域にしか知らされていないようです。

∇  ∇  ∇  ∇  ∇

また、この申し入れの後、岩渕友参院議員にも国会で聞き取りをして頂きました。その後11/2、自衛隊は今回のみちのくアラート2018に米軍が参加しないと発表。東北各地で申し入れを行ったことを受けて判断したものと思います。

党国会議員団と共に、トリチウムや基準値超の汚染水は海洋放出せず、タンクでの保管継続を求め経産省交渉


23日、トリチウムを含む放射能汚染水の海洋放出問題で、共産党国会議員団の福島チームで磯崎仁彦(香川県選出)経産副大臣に申し入れ、私も党県議団として同席し、県民の意向を伝えました!

共産党国会議員団福島チーム団長の高橋千鶴子衆院議員はじめ、岩渕友参院議員、紙智子参院議員など福島チームの国会議員(このほか、藤野保史衆院議員、吉良よし子、武田良介、辰巳孝太郎、山添拓の各参院議員)は大変心強かった!

この間、東京電力も国も、第一原発の汚染水タンクにトリチウム以外の核種がタンクの8割に入っていたことを発表したが、これを知っていたのに知らなかったなどと隠ぺいし、さらに、発表したデータが1000ヶ所以上も間違っていたと最近発表したばかりです。

今回の申し入れ(要約)は、1)タンクに保管されている汚染水は海洋放出しないこと。2)汚染水をめぐる情報を国民に公開し、この経過を詳細かつ丁寧に説明すること。3)汚染水は、タンク保管を継続すること、この3項目です。

私も発言し、海洋放出をやめてタンクでの保管の継続は県民の強い願いである。東電はまたもデータ改ざんし1000ヶ所以上もあったと発表したうえ、原子力規制委員会の更田委員長は、県議会が一致して上げた意見書を無視するかのように閉会翌日に海洋放出すべきと記者会見している。しかも、公聴会では5つの方法しか示さず、地上保管の提案はされなかった。この汚染水を海洋放出すればまた福島県民に批判が及ぶのは必至。国も東電も規制庁もオリンピックまでに、全て終わりにしようとするのはとんでもない!国・経産省は、東京電力と規制委員会を指導すべきと、磯崎副大臣に強く求めました。

阿部裕美子県議、最終本会議で討論/石炭火発のための小名浜東港地区に予算投入やめよ、憲法9条改憲中止、トリチウム海洋放出問題で意見

10/3、県議会最終日。阿部裕美子県議が討論を行いました。知事提出議案については4件について反対討論。意見書や請願について意見を述べました。

知事提出議案では、小名浜東港地区の石炭を荷揚げする荷役機械を扱う民間業者に委託しますが、その債務負担行為の予算130億円の補正が計上されました。1GCC石炭火発はCO2を15%程度しか排出を抑制できない。異常気象を引き起こしている温暖化対策に逆行すると指摘し、これ以上石炭火発のための人工島への税金投入はすべきでないと反対しました。

また、意見書では憲法9条改憲中止、所得税法56条の廃止,種子法の復活を求める意見書には賛成を表明。さらに、トリチウム汚染水の海洋放出に関する意見書については、東電が新たに公表したタンクの8割にトリチウム以外の核種が基準値を超えて含まれていたことを批判しつつ、自民党の意見書でしたが賛成を表明。この意見書は全会一致で可決されました。

県政タウンミーティングin郡山~みんなで新しい県政をつくる会

福島の県知事選挙も目前!昨日は、郡山でみんなで新しい県政をつくる会のタウンミーティング。

共産党町田県委員長が進行、会の斎藤共同代表、県議の私、住民が主人公のみんなで市政をよくする会の宗像孝会長・郡山地方農民連会長がパネラー。

県政に対する意見では、原発問題、福島県と電力資本との戦いの歴史、子育てや教育、再生可能エネルギーの推進などが出され、一方で今の県政問題、内堀県政がよくわからない。一言で言えるようなものがほしいと。急ぎ具体化したいと思います!

沖縄では、翁長知事の遺志を見事玉城デニー氏が受け継ぎ勝利!福島県知事選挙も安倍政権との戦い。内堀県政を転換させるため10/11告示、28投票で頑張ります。

中田町の海老根手漉き和紙「秋蛍」と柳橋歌舞伎が開催



郡山市東部地区にある地元中田町の秋の伝統文化イベントが、15~16日に開催されました。
夕べは、海老根地区の伝統和紙の「秋蛍」、今年で16回目です。宮城中の生徒さんによるハンドベル演奏が、里山に澄んだ音色を響かせ、大好評です。郡山市東部地区にある地元中田町の秋の伝統文化イベントが、15~16日に開催されました。
夕べは、海老根地区の伝統和紙の「秋蛍」、今年で16回目です。宮城中の生徒さんによるハンドベル演奏が、里山に澄んだ音色を響かせ、大好評です。

16日、柳橋地区では「柳橋歌舞伎」が黒石荘で開催されました。夕方4時から6時半頃まで、御館中の生徒たちによる義経千本桜などに、観客席からおひねりも!

帰り道、海老根地区の秋蛍をみてきました。この2日間、何とか雨も降らず中田町の伝統工芸、伝統芸能のイベントが終わります。

 

 

学校ブロック塀やエアコンに国補助決まる?

21日夕方のテレビニュースから。
文科省は、全国の学校のブロック塀を調査した結果、安全性に問題ありは約7,700校あった。ブロック塀の改修や撤去費用を国が3分の1を負担するとのこと!エアコンはどうするのか?

 

 

 

 

 

 

郡山市管工事組合と森林組合を訪問し、懇談

21日、郡山安達地区の高橋善治地区委員長・市議と私神山、斎藤昇市議候補と3人で、2つの団体を訪問し懇談しました。


郡山市管工事協同組合では、伊藤専務理事と懇談。市管工事協同組合は大小さまざまな地元50社が加盟しています。水道事業の民営化問題については、人間が生きるために欠かせない水を公的事業からはずし、結局全国規模の大手が落札すれば地元業者は参入できなくなる。市の委託を受けた地元の業者だからこそ、市民の緊急要望にもすぐかけつけ対応できると。

市森林組合では、村田久男代表理事組合長と懇談。現在、市から国の森林再事業として、放射能低減化のための間伐材の除伐など、森林整備の委託を受けている。5年ごと計20年の事業計画とされているが、復興期間後も果たして国の補助金が継続されるかが懸念されるため、国へ要望活動をしているとのこと。

一方、郡山市は、公平公正を理由に全国規模での一般競争入札としているが、面積も事業も大きすぎる。ロットを小さくしてもらい請負っている。白河森林組合などは市が随意契約で組合に委託している。地球温暖化対策もまったなしと。

原発事故からの復興は、大手が参入して仕事を独占するのではなく、地元業者が請負うことで、市民のための安全・安心な仕事を確実に進められるし、従業員とその家族の生活も守っていけると、お二人とも共通して述べています。こんな話、久しぶりに聞いた気がします。大手のブラックな働かせ方とは対象的です。

復興事業は「地域循環型」とし、地元業者が参入できるようにと事業者も市民も望んでいます。市や県の姿勢が、改めて問われているのではないでしょうか。

第36回平和のための郡山の戦争展へ~若者も戦死遺族も多数参加

午後には、郡山市公会堂で開催された平和のための戦争展に行きました。今年で36回です!

入口には、「赦しの花」の種を取り寄せ育てた坪井さんのアサガオ。花びらを水面に浮かばせた鉢には辺野古へのメッセージも。
マスコミで報道されたこともあり、若者も多く参加していました。

また、親の介護で帰省している女性や、お隣の本宮市から初めて参加された70代の女性と知り合いになりました。この方は、終戦1年前の生まれで生後3ヶ月で父親が戦死。フィリピンに向かう船が撃沈されたそうです。

73回目の終戦記念日~街頭から安倍政権の「戦争する国づくり」ストップ!早期退陣を求めようと訴え


きょう8/15は、73回目の終戦記念日です。
県議の私神山、高橋善治、岩崎真理子、岡田哲夫の3人の市議と斎藤昇市議候補が、午前中3組に分かれて街頭宣伝を行い、郡山駅前では揃って不戦の決意と安倍政権の早期退陣を求める決意を表明しました!

また、急逝された翁長沖縄前知事に連帯し、辺野古への新基地建設反対と、福島の原発事故の国と東電の加害責任を果たさせ、財界優先でなく人間の復興に県政を転換させること。
今年秋の沖縄・福島の県知事選挙、来年の参院選挙で安倍政権の早期退陣を求め、続く郡山市議選・福島県議選でも、市民と野党との共同を進める共産党を大きく伸ばしてほしいと呼びかけ演説を締めくくりました。