原発避難者の新型コロナによる暮らしと住まいの緊急アンケートを市民3団体が開始!

原発事故の避難者を対象とした、新型コロナ感染拡大による暮らしと住まいへの不安などの実態をつかもうと、5/26~6/30まで、ネットによる緊急アンケートを実施すると、県庁内で記者会見しました(衆院議員会館でも会見)。

呼びかけたのは、原発事故被害者団体連絡会(ひだんれん)、避難の権利を求める全国避難者の会、避難の共同センターの3団体の代表で、武藤類子さん、今野さん、松本さんがから、避難者が置かれている現状が報告されました。県議団からは、私神山と大橋沙織県議も同席しました。今野さんは、新型コロナで仕事がなくなり、中学生の子どもの修学旅行費や車の税金などの納入を貯金を取り崩して納めた。仕事もなかなかみつからないと。

記者から質問がありましたが、ネットでのアンケートは初めてです。これまでつながれなかった全国の避難者とつながる機会になればとのこと。本来なら、県が実態を調査すべきとも。しかし、県は大熊町と双葉町以外の帰還困難区域の避難者への住宅無償提供を今年3月末で打ち切り、実態をつかもうとしていません。

新型コロナ対策で、県生活衛生同業組合と懇談

 

 

 

 

 

 

25日、党県議団は、新型コロナウイルス対策関して実状を伺うため、県生活衛生同業者組合の事務局を訪問し懇談しました。大島事務局長に応対頂きました。

県の生活衛生同業組合は、県内に12業種の組合があります。同業組合からは、「新型コロナへの対応で大変なことは、先の見通しが立たないこと。どうしたら商売が継続できるか手探りの状態」とまず話がありました。

持続化給付金についても、「売り上げ50%以下が対象というものハードルが高すぎる」。雇用調整助成金も、「事業者が加入していない小規模事業所もある」。

制度や対策については、「これまでの発想を抜本的に変えて対応すべき。ドイツやイギリスのように、8割補償くらいになれば。また、それも短期間のそれも小出しにではなく、数ヶ月、半年、1年という単位でやるべき。それを国や県など行政から示されるべきと思う」と意見を頂きました。

五月晴れの下、苗箱洗い/わが家の田植え作業全て終了!

きょうは、苗箱洗い。娘に手伝ってもらい、お昼過ぎまでかかり終わりました!夫に聞いたら120枚以上あるとか。腰が痛い!
娘は、農業女子に目覚めたようで、いんげんやナスなど野菜の苗を植えて、手入れ中。
数日間雨でしたが、きょうは爽やかな五月晴れ。夫も、最後に残っていた私の妹の田んぼの田植えが終わり、全て無事終了です!
わが家から南に広がる風景、私は好きです。

南ブロック内で街頭宣伝~新型コロナ対策、黒川検事長辞任/台風19号被害の逢瀬川改修の進捗は?

★22日は、南ブロック内で街頭宣伝。新型コロナ問題や黒川検事長の辞任と処分は甘いと訴え。庭仕事をしていた方が手を振って迎えてくれ、演説も聞いて頂きました!

★また、岡田市議と共に、県中建設事務所河川管理課から、昨年の台風19号で被害をもたらした「逢瀬川」の河川改修の進捗状況について聞き取りをしました。
現在工事中の箇所は、今年度内に大方完了予定です。しかし、咲田橋は新しく付け替えることになるため、早くて7~8年先になるとのこと!

 

検察庁ナンバー2の黒川氏、3密で賭け麻雀で辞職!「訓告」では甘すぎ!検察庁法案改定案を撤回し、安倍政権の責任重大!

黒川氏、辞職すると、今朝のニュース速報!
スティホームが呼びかけられている最中、また国会で検察庁法改定案の審議真っ最中に、3密でしかも賭けマージャンをしていたとは!! 森雅子法務大臣の処分「訓告」は、甘すぎです!事実上、何のお咎めなしと同じです。

安倍政権の責任は重大!法案は撤回を!安倍政権は退陣を!

新型コロナ影響など就労型作業所等へのアンケート結果で、市議団と郡山市障がい福祉課と懇談/市長へ要望書を提出

きょう19日は、党市議団の高橋善治市議・岡田市議と共に党地区委員会として、市長あてに新型コロナ対策に関する要望書を提出しました!
また、昨日は、地区委員会で実施した就労型障がい者施設へのアンケート結果を元に、郡山市障害福祉課と懇談しました。


今回は、医療・介護・福祉施設への衛生資材の提供を急ぐことや、これらの施設への現金給付を含む支援策を求めました。
また、障がい者・児の保護者が感染し入院した場合への支援策も要望。
また、持続化給付金の上乗せ、対象外となった売り上げ50%以下の事業者への支援策を求めました。

県政つくる会が、県へ第3次の要望書/求めていた要望が次々と実現!県が独自に医療従事者への危険手当!自粛対象外事業所にも売上げ50%以下に給付金!

14日、みんなで新しい県政をつくる会が、新型コロナ対策について、県に対し第3次要望書を提出しました。県コロナウイルス対策本部が応対し、県議団も同席しました。

★県は、県政つくる会がこの間求めていた「医療従事者に危険手当」を交付する方針を12日に発表。加えて、この日14日、自粛要請事業所へ10万円を解除後も支援金として継続すること。さらに、対象外とされた事業所(理美容所等)にも、4~5月に昨年同月比で売上が50%以下になった事業所へ同額を給付すると発表!これも求めてきたものです。


県政つくる会に加盟している、民医連・医労連からは「検査・医療体制」について、高教組や元教員、新婦人からは「学校休業や学校再開時への対応」について、県労連や青年からは「経済・雇用対策・大学生への支援」について、それぞれ現状を訴え、県・国への要望事項を伝えました。

農業者の権利条項を削除しようとする「種苗法」改正は許せません!

安倍政権が「種苗法」を改定案を今国会に提出し、2021年4月の発効を、ねらっています。(写真:12日と明日の赤旗の連載記事)

これまで、農産物などの品種を育成した者の育成の権利を保護すると共に、種子の利用者である農業者の自家増殖を認めてきました。

しかし、今回の改定で多国籍大企業の権限を強める一方で、これまで認めてきた「農業者の自家増殖の権限条項を削除」しようとしています!

財界中心、アメリカいいなりで、国内農業つぶしと農業者の権利を奪う、自民公明の安倍政権に抗議の声を!!

73周年目の憲法記念日/市内を岡田市議と共に宣伝

 

5/3、73周年目の憲法記念日は、新型コロナウイルス感染が拡大している中で迎えました。
新型コロナ問題対も、憲法の条項を生かし、国民の命と暮らしを守るため、検査・医療体制の拡充、学校休校への対応、自粛要請と一体で休業補償と雇用対策をと訴えました。
30℃を超える暑さでしたが、久しぶりに岡田市議と共に市内を街頭演説し、6カ所で訴えました。