原発のトラブル問題で、議長へエネ協開催を申し入れ

 29日、この日から各常任委員会の審査が始まりましたが、報道で明らかになった福島第一原発での保安規定違反問題について、議長に対し議会としてエネルギー政策議員協議会を開いて東電から説明を求めるよう緊急申し入れを行いました。

 冷却系のタービンの6号機にとりつけねばならかった信号ケーブルを作業ミスで5号機に取り付けてしまったたことが9/2に判明。

 しかも、2週間も自動停止していたことが判明したことから、今月27日、国の保安院から「保安規定違反」と指摘され行政処分を受け、県も厳重注意となったものです。

 この日の生活環境部の常任委員会審査でも、さすがにプルサーマルに賛成した議員からも、「保安規定違反」を受けたことに厳しい意見が続出。

 そして、委員会として東電を参考人としてよんでトラブルの事実経過を聞くべきという意見も出たのに、自民・公明県議が反対し、結局、エネ協でやってもらうことで一致。この日、委員長から議長へエネ協開催を求める委員会総意の意見が伝えられました。

 ところで、MOX燃料装荷を始めた8月16日以降だけでも、東電では3件のトラブルがあいつで発生しています。それも簡単な作業ミスのヒューマンエラーです。しかし、もしこれが放置されたら大きな事故につながりかねない重大な問題でもあります。

 一方、県の対応についても、私は本会議質問で厳しく指摘しましたが、委員会でも事実経過と県の対応についてただしました。

 東電にも県にも共通していえることは、技術的に問題ないとしただけで、県民目線の観点がなくなっていることです。これでは、体質改善がされているどころか、以前の東電の体質に逆戻りです。県民の「安全」だけでなく、「安心」にこそ力点をおくことを強く求めました。

 また、きょう30日は、東電から改めてトラブルの説明を受けた際にも、このことを強調しました。


一般質問で登壇                                                          原発・プルサーマル、住宅リフォーム支援、児童相談所、あぶくま養護学校の増設を

 

 28日、一般質問で登壇しました。今議会は、佐藤雄平知事の一期4年間の最後の県議会となったことから、①雇用・産業政策について、②県の予算編成のあり方について、③医療・福祉・教育行政について、④原発・プルサーマル問題など、県政の基本問題を質問しました。

 民主党の「地域主権改革」の問題点と尖閣諸島問題への対応についてのわが党の見解を述べました。

 原発・プルサーマル問題では、8/6に知事が正式受け入れを表明したあとの初の県議会でしたが、MOX燃料を使うプルサーマル計画を始めたばかりの第一原発3号機では、この間トラブルが続出しています。

 8月半ばには労働者の放射線の内部被曝事故が発生、9/17に起動する予定がトラブルで翌日に延期となり、さらに9/27には、本来第一原発6号機で行なうべき冷却系タービンケーブルの取りはずしを5号機で行ない保安規定違反とされた問題など、いずれもヒューマンエラーによるトラブルです。

 

 これでは東電との信頼回復がされたとは到底言えず、県民は不安がつのるばかりです。また、県自身も東電からトラブルの情報を受けていながら、積極的に県民や県議会に情報提供する姿勢がない点も問題だと追及しました。

 医療めぐる問題については、医師不足と看護師不足の実態がある中、今議会に県立会津看護専門学院の学生募集を停止する条例改正と県立大野病院の廃止条例が提案されました。いずれも民間があるからとしていますが、県内には3つの県立病院しか残らなくなり、県の医療責任の放棄につながると指摘し存続を求めました。

 そのほか、小名浜東港建設など大型事業を中止し医療・福祉・教育へ予算を回すことや、児童相談所体制の充実、県立養護学校の増設、住宅リフォ-ム支援事業の創設、米価暴落への対策などについても県をただしました。

 あぶくま養護学校の教室不足と通学バスで1時間以上もかかる負担を解消するためにも、県中地区に1校増設すべきと求めると、教育長は分校を検討していると前向きの答弁。分校について言及したのは初めてです。


原発県連が再度プルサーマルについて県へ申し入れ                                                        2つの会派の代表質問~プルサーマル問題全くふれず

 21日、原発県連は県へプルサーマルに関して申し入れしました。8/11に申し入れた県へ求めた文書回答が、各項目に対する回答ではなく結論だけを示すものだったため、再度文書で回答するよう求めました。

 申し入れには、私たち3人の県議団も参加。県は、次長と担当課長が応対しました。

 ところで、この日から代表質問が始まりました。知事与党の県民連合は、10月からの知事選直前の任期最後の議会ということもあり、知事へ4年間の県政運営を評価。

 また、翌22日は自民党の代表質問があり、こちらも今度の知事選は現知事を支援することを決めていることから、時期県政でめざす内容などについて知事に質問。

 しかし、原発・プルサーマルを正式受け入れたばかりなのに、どちらの会派もまったくふれなかた点は共通しています。

 しかし、この間、MOX燃料装荷後も、労働者が放射能を体内に吸い込んだ事故や起動時もトラブルがあって遅れたなどがあちましたが、これに何らふれないのですから、「安全」も一切東電や県におまかせというのでしょうか?


中田町の敬老会、海老根の〝秋蛍〝と柳橋歌舞伎

 18~19日、すでに、このブログでもお知らせしましたように、中田町の2つの伝統文化行事の海老根手漉き和紙の「秋蛍」と柳橋歌舞伎が開催されました。また、18日は敬老会もありました。

 18~19日の2日間、黄金色に色づいた田んぼのあぜ道に、今年は650個以上もの和紙の灯ろうが並び見事でした。

 〝秋蛍〝は今年で8回目ですが、650個以上になったのはこれまでの最高の数ではないでしょうか。今年は、地元の海老根小、宮城小中学校、御舘小中学校に加え、市内の大島小からも初めて参加したのが大きかったと思います。

 夕方5時頃におじゃました時は最後の仕上げの真っ最中で、実行委員会メンバーがかなり忙しそうでした。5時半からのオープニングの式典中にしだいに日が暮れ、あれほど昼間暑かったのに気温もぐっと下がってきて長袖の上着がちょうどよくなりました。    あたりが薄暗くなると空には白い月もみえきて、まさに「海老根長月宵あかり」にぴったりの風景。子どもたちによってメイン灯りへの点灯式が終わると、中学生たちも手伝って一斉にろうそくが灯され、あぜ道にそってあかりが点々とまさに〝秋蛍〝のようです。

             あたたかい豚汁を頂いて。               今年は娘と一緒の参加でした。

    

  

  昨年は保存会設立30周年記念公演でした。今年も19日夕方から上演され、大勢の観客でいっぱいでした。

 今年の演目は、寿式三番そう、御舘中学校の生徒さんによる義経三本桜~鳥居前の場、柳橋歌舞伎保存会による菅原伝授手習鏡~手小屋には、大人たちに混じって御舘小学校の児童や御舘高校の生徒さんも出演しました。

 

 どちらも江戸時代から伝わる伝統文化です。時代の変化とともにいったんは途切れていたものですが、地元で保存会をつくり復活されたものです。今では地元町内会はもちろん、地元の小中高生まで学校あげて参加するなど、地域全体の行事になっています。


9月県議会開会                                                                          県畜産団体の要望

 きょう16日から9月県議会が開会されました。10/5までの20日間です。今議会は、佐藤雄平知事が4年間の知事の任期終了する直前の議会となります。10月14日~31日の日程で行われる県知事選は、現職の佐藤知事と共産党の佐藤克朗氏との一揆うちとなる見込みです。

 きょうの知事の所信表明では、これまでの4年間をふりかえり、知事は就任以来すすめてきた企業誘致で雇用を守ってきたことを強調。

 プルサーマルの正式受け入れを表明したエネルギー政策については、県民の安全・安心の確保を最優先に、毅然とした態度で慎重かつ丁寧に対応してきたと言葉を重ねました。そのほか、医師不足の対応などにもふれました。

 しかし、企業誘致は、輸出関連の自動車産業や半導体などに重点をおいてきたために、非正規切りが全国ワースト3位、ワースト5位となって、県民の雇用とくらしと経済に大きな打撃を与えました。しかしそのことへの反省はありませんでした。

 大型開発事業にもメスが入らず、その一方で福祉・医療・教育には冷たい姿勢はそれまでの自民党県政と同じです。

 なお、きょうの議運で私の一般質問は、9/28日に決まりました。午後1時から始まり3番目ですから、傍聴される方は午後2時ごろまでに県庁へおいでいただければ幸いです。 

 また、議会終了後、県畜産団体の役員の皆さんが来室し、宮崎県の口蹄疫などの家畜伝染病の対策として、国に基金を用意してほしいとの要望を受けました。


子育て条例検討委、JAからの要望、年金者組合の県交渉

 あすから9月県議会が開会となります。きょう15日は、議員提出条例検討委員会(子育て支援条例)が開かれました。きょうまで審議された案文を一度会派内で検討し、それを最終案文をまとめ、今議会終了までに条例案を策定する方向になりました。

 ところで、きょうはJAのみなさんが、米価下落に対する政府の対応策を求める意見書についての請願要望で来室されました。

 今年の概算払いの米価は、生産費1万5~6千円を大幅に下回る1俵1万円(会津コシヒカリ)、ひとめぼれは8千円~9千円台となっているようです。生産農家はこれではやっていけません。政府による手立てが必要である点では大いに共感しました。

 

 さらに、年金者組合は、社会問題になっている高齢者の安否確認を求める要望が出されました。県内では住民基本台帳による100歳以上の行方不明者はいわきの事件の1人だけとなっていますが、戸籍上がどうなっているのかまでの確認は不明のようです。


大阪の児童虐待死事件を受けて                                              高橋ちづ子衆議院議員と県の児童相談所調査

 13日は、大阪の虐待死事件を受けて厚生労働委員の高橋ちづ子衆議院議員と共に、県の児童相談所に関する調査を行ないました。また、郡山市内にある県中児童相談所と一時保護所の視察には、郡山市議団の橋本憲幸市議、高橋善治市議、岩崎真理子市議ら3人が参加しました。

 今回は、県庁内で大谷児童家庭課長らから概要説明を受け、このあと車で郡山へ移動し県中児童相談所、一時保護所を視察しました。

 実は、私が99年に当選以来、児童相談所の体制の不十分さを質問してきました。それ以前は、橋本憲幸党市議が県中地区に県の施設の児童相談所も児童養護施設もないことを市議会で取り上げ、1995年4月にようやく福島市内にある中央児童相談所の郡山分室として設置されました。

 ところが、その分室は民間のテナントの建物に設置されたのです。私が当選してから、さっそくこの問題をとりあげ、児童相談所への格上げを再三求め、02年4月にようやく一部格上げされて郡山相談センターへ、同年9月には現在地の県中合同庁舎の敷地内(旧県中保健所)に移転。

 そうした中で、06年5月に県南地方の泉崎村で3才男子が虐待死するという事件が発生。私は児童相談所にしてこなかったことによる対応の遅れを指摘し、ついに07年4月に県中児童相談所として開設されました。

 

  しかし、課題が残っています。児童相談所の設置要件の一時保護所がスペースがないため6kmも離れた郡山光風学園内の一部に開設(08年8月)したからです。本来なら一体型で子どものようすを観察しなければならないはず。県の福祉行政の貧しさゆえの結果といえます。

 


いよいよ今週末です!                                     中田町の伝統文化~海老根和紙の「秋蛍」と柳橋歌舞伎へ

今週末、秋の中田町の伝統文化行事である海老根、長月宵あかり「秋蛍」と、柳橋歌舞伎が上演されます(写真はどちらも私が昨年撮影したもの)。

 

 海老根の「秋蛍」は、18日(土)と19日(日)の夕方5時~夜9時まで2日間開かれます。地元の小中学生や市内からも参加して伝統の手漉き和紙に思い思いに絵を描いたものを灯ろうにして、黄金色に色づいた稲穂の田んぼのあぜ道に並べます。夜になると、ろうそくの灯りがゆらゆらと揺れてとても幻想的な風景に包まれます。地元の実行委員会が主催です。

 

  柳橋歌舞伎は、地元の伝統文化で市の重要民俗文化財の指定を受けています。また、柳歌舞伎の衣装は江戸時代につくられた衣装です。地元の御舘中学校の生徒さんによる歌舞伎上演は毎年好評です。

 上演は、19日(日)の夕方4時から夜8時すぎまでの1日のみ。柳橋歌舞伎保存会の主催です。 まだ、ご覧になっていない方は、今年こそぜひお出かけ下さい! 海老根「秋蛍」も柳橋歌舞伎も県道小野郡山線沿いになります。郡山駅から東へ、小野町方面に車を走らせて下さい。


神山宣伝キャラバンで街頭から訴えて

 7日、県議選に向けた宣伝キャラバンで、終日街頭から訴えました。きょうで第2回目です。きょうの天候は、曇っていて、しかも風もあったので、ちょうど良い日よりでした。

ようやく、真夏日が続いた今年の猛暑も、きょうは少し和らぎ宣伝しやすい日でした。あちこちで梅干の差し入れがあったり、母へのお悔やみまで頂いて、温かい励ましに元気がでました。


朝の街宣時に、カンパを寄せていただいて

   

 先週の金曜日、田村町金屋のいつもの場所で朝の街頭宣伝をしましたが、時々、缶コーヒーの差し入れをしてくれる近くの建築関係の事務所の女性経営者から、今回はカンパを預かりました。反貧困ネットの活動に役立ててほしいとのこと。

 自分が教えている学習塾に来る子どもたちからのカンパだそうです。以前、郡山の派遣村で、ホームレス支援を手伝ってくれたこともあるので、きっと子どもたちにもそれを話をしたのでしょう。早速届けました。