明日、NPT再検討会議が開かれるニューヨークへ出発します!                                                志位委員長も共産党米訪問団で同日出発します

 私は30日~5月6日まで1週間、ニューヨークへ行ってきます。きょうの夕方、郡山から1,551筆と折鶴などを預かりました。きょう出発した2人が776筆持参したそうなので、今回直接郡山から持参する署名は2,327筆分となりました。

 たくさんのご協力頂いたみなさん、ありがとうございます。私も元気に行ってまいりま~す。


子どもの医療費無料化年齢アップ、市町村国保への支援                                                         田村・二本松両市の流域下水道は県事業でと要望

 27日は、党県委員会のいわぶち友さんや県議団、関係市議とで、対県交渉を行ないました。

 今回は、保健福祉部へ2項目と土木部へ1項目。子どもの医療費助成年齢拡大と市町村国保へ支援、そして流域下水道事業についてです。

 子どもの医療費無料化は、県内の各市町村がここ数年間で急速に対象年齢を引き上げています。県の就学前までを大幅に拡充し、県と同じなのは2つの自治体だけとなりました。しかも、県内59のうち6割以上が中学卒業まで無料となっています。

 東北では一番進んでいますが、関東圏に比べればまだまだ遅れていて、群馬県は県として実施しています。「県内の市町村での実際の医療経費をみれば、試算できるはず。実態に即した県の試算を出してほしい」と求め、「研究していく」と答えました。

 また、国保税については、「命」に関わる問題であり県の応援の必要性を強調しました。

 土木部へは、合併した田村市と二本松にかかる流域下水道事業についてです。市への移管をやめて県が継続すべきと、今回田村市議に当選した木村高雄議員と二本松の斉藤・平・菅野市議らと要望しました。

 県は、私の2月一般質問で県から市へ移管する方針だと答弁しましたが、きょうは、基本的に変わらないとしつつも、今後については市町村ともよく協議しながら検討していきたいと答弁。だいぶニュアンスは違ってきたとはいえ、この県の姿勢を変える必要があります。

 この問題の根本には、市町村合併があり、水質浄化という県の命題、市の現在将来の財政状況をみれば、市町村の責任に押し付けられず、県の責任はきわめて重いのです。今後の下水道を合併浄化槽と組み合わせなど、事業の手法についても再検討が必要との点で一致しました。


後援会で花見ツアー

           

 25日は党後援会で花見ツアーでした。お天気は良かったのですが、猪苗代川桁の桜を見に行ったのに、残念ながら小さなつぼみでなんともさみしい。磐梯山には先日の雪が残っていました。

 湖南町福良のサニーランド湖南で、お弁当を食べ、食後は民話語り部の会のみなさんによる湖南に伝わる民話を聞ました。今回初めてでしたが、湖南町にはたくさんの民話があるようです。

 近くできょうから馬入新田の水芭蕉まつりをやっているというので帰り道に見学。湖南町でも桜は見られなかったので、帰りは長沼町を通り、三穂田町下守屋の千本桜ヘ。

 笹原川の千本桜はちょうど満開。文字通り千本もあると思われる長い長い桜並木がどこまでも続いて大変見事でした。


原発・プルサーマル問題学習会

            

 24日、福島市で原発・プルサーマル問題の学習講演会が開かれました。講師は、日本原子力研究開発機構労働組合中央執行委員長・日本科学者会議の岩井孝さんで、「プルサーマルは、なぜやってはいけないのか」のテーマで講演されました。

 しかし、話を聞けば聞くほど、知れば知るほど、プルサーマルは何のためにやるのか。そもそも科学的見地からみても経済的にみてもデメリットばかり。だから世界の国ではやらないのです。MOX燃料を再処理している国は、核兵器をもっているフランスと核兵器をもたない日本だけのようです。

                 

                        【講演する岩井孝さん】

 もし、膨大なお金をかけて再処理してもわずか1割程度の節約にしかならない。ガラス固化も成功しない。最終処分地はどこも手を上げない。だったら、再処理しない方が、自然界に存在しない危険でやっかいなプルトニウムをつくらずに済むし、労働者の被ばくをこれ以上ひどくしなくて済むのです。

 最近、推進派の山名教授でさえ、日本の原発・核燃サイクルは、そもそもの基礎のところからやりやり直さねばならないのではないか、と言っているようです。


開成山バラ園前で、ようやく核廃絶の花見署名行動

         

 24日、先週は大雪で署名行動が中止となっていましたが、きょうは文字通り開成山の桜も満開になり、バラ園前で核廃絶の花見署名行動ができました。

 私は、午後に原発・プルサーマル問題の学習会があったので、マイクで「私がニューヨークの国連へ直接署名を届けます」と訴え、少しだけの参加でした。

 NPT再検討会議への郡山の4人の代表団は、この黄色い法被(背中に英語で核廃絶を呼びかけたゼッケン)を5/2のニューヨークでのデモ行進で着てアピールします。


須賀川の通学路整備で県へ要望

           

 23日、県中建設事務所で、須賀川の丸本市議と地元の小田さんなど3人で須賀川の通学路整備を要望しました。

 県中建設事務所の有我所長と須賀川土木の青山所長らが応対。これまで、06年から毎年のように要望していて、だいぶ整備され、地元で喜ばれていますが、一番ネックは高速道路の下のボックスカルバートの幅員が狭いことです。

 ここを中学生が自転車で通学していますが、当面は側溝に蓋の段差をなくし、水たまりにならないよう排水整備をするようお願いしつつ、根本的には国に歩道建設をするよう働きかけて歩道の幅員を確保する方法をとってほしいと要望しました。


またまた郡山で大雪、桜の枝も折れて

                                                                    

         

          【宮城小学校入り口の桜も雪におおわれて】

 21日朝は、雨でした。ところが、すぐに雪に変わり、お昼ごろにはずんずん降ってきてあっという間に降り積もり、10cmくらいになりました。

 写真は、地元の宮城小学校坂の入り口の桜に雪がかぶった様子です。午前中の用事を終えて自宅に戻る途中でした。

 この桜は、私のおじである母の兄が以前県道をはさんだところでお店をやっていてあんパンなどなどを売っていたのですが、このおじが植えたものでした。県道のバイパス工事で、この桜は今年が見納めかもしれないと思って、雪の中カメラに収めました。

                     

 ところで、ちょうどこの時間帯に、すぐそばの宮城中入り口の桜が雪の重みで県道に倒れ、一時不通になっていたことが翌日の報道で知りました。4月も下旬になっての雪は、初めてだと思います。地球温暖化による影響でしょうか、農作物が心配です。


三春の滝桜がちょうど満開です!

 

 21日、夕方県庁からの帰りに、いつものように高速道路で東インターを降りたら、今朝の新聞で滝桜がそろそろ満開との報道を思い出したので、「まだ夕暮れだから見れるかも」と思ってそのまま三春ダム方面に向かい、案内板を頼りに足を伸ばしてみました。

 着いたのはちょうど6:00pm。ボランティアのみなさんも帰り仕度を始めたところでした。駐車場からきれいに整備された広く緩やかな坂の遊歩道を歩いて行くと、まさにきょうが一番の身頃滝桜が目の前に。満開でした!

              

 思い切って行ってみて良かった。私は1人でしたが、仕事帰りのグループや家族連れ、熟年カップルなど、結構大勢きていました。でも混雑して動けないほどでもなく、カメラにたくさん収められたので、みなさんにもその美しさをおすそ分けします。

         

 三春町の滝桜は、樹齢1000年以上にもなる「日本三大桜」の1つとされています。この滝桜の子孫が、私の住む中田町など田村郡一帯に広がっています。

 「滝桜」に一番近くにある中田町の「紅しだれ地蔵桜」は紅色が濃くてきれいです。滝桜より遅く咲くので、もう少し過ぎれば身頃です。


郡山商工会議所と建設業協会郡山支部と懇談

 

 19日、いわぶち友参院予定候補、郡山安達地区委員長高橋市議、岩崎市議と共に、郡山の経済団体と懇談しました。

 郡山商工会議所では、丹治一郎会頭をはじめ4人で応対していただきました。経済県都の郡山も、デフレ経済の下でどんどん物価が安くなっているが、経営は大変。様々な活性化事業を行なうなど、何とか消費してもらえるような対策を講じているとのこと。

          

 建設業協会郡山支部では、大堀専務理事・事務局長と面談し、入札のあり方で意見交換となりました。福島県は、普通作業員の労務単価が、10,900円と東北では最も低く、全国比でも長崎県とわが県が全国最下位。厳しいといわれる青森県や沖縄県よりも低いとは驚きでした。

 どこでもトヨタの生産のあり方の話題が出て、中小企業の役割や日本のものづくり、技術を継承する大切さで意見が一致。

 また、景気をよくするためには、雇用のあり方を見直すべきで、派遣ではなく正社員でなければ技術の継承もされず、品質の低下を招いたり安全・安心さえ保障されなくなると、この点でも一致しました。

                                         

               

              【建設業協会郡山支部前で、神山、岩渕さん、岩崎市議】 


郡山反貧困ネットワークが「何でも相談会」

        

 18日、郡山くらしと雇用を守る反貧困 ネットワークが、駅前ビッグアイで「何でも相談会」を開きました。

 今回は、駅前広場ではなく屋内会場だったためか、相談者は少なかったのですが、ボランティアのみなさんはじめ、弁護士や行政書士、看護師、共産党市議団や私も参加し、健康チェックや相談に応じました。

             

             【県生連や福島市生健会の役員も参加し挨拶】

 相談会のあとは、みんなでお団子を食べながら花見懇談会。そして、日常の交流や勉強会などしてくためにも、来月末に郡山生健会を正式に結成することになりました。