9月県議会で全会一致で採択した「原発賠償決議」を東電本社で手渡し

 

【東京電力本社ビル】

【東京電力の本社は、今回初めてです】

  31日午後3時から東京新橋駅近くにある東電本社で、9月県議会で全会一致で採択した「原発事故による損害賠償等に関する決議」を、佐藤憲保県議会議長から西澤俊夫東電社長へ手渡しました。

 

  参加したのは、県議会から佐藤議長・瓜生副議長のほか、自民党平出政調会長、勅使河原、吉田栄光の各県議、公明党中島県議、共産党神山、無所属望木県議の8人。

 また、原発事故被災市町村議会連絡協議会から、会長の田村市議会菅野議長、副会長の浪江町議会吉田議長、同飯舘村議会佐藤議長ら3人も参加しました。

 佐藤県議会議長は「ここにはそれぞれの会派の代表者が出席しているが、県議全員が出席していると思っていただきたい」と冒頭に挨拶。

 さらに、「県議会最終日には、福島第一、第二とも全て廃炉を求める請願が全会一致で採択された。県民総意は原発はいらない、全基廃炉だ」と述べました。

  東京電力側は、西澤社長、つづみ副社長、廣瀬常務、第一原発事故被災者支援対策本部の石崎副本部長と新妻副本部長ら5人が応対しました。

 この決議は、自民・県民連合などの議員提案で決議するというので私たちも賛成し、全議員で採択となったものです。この決議文を平出県議が全文読み上げました。

 このあと、それぞれ県議から質問や意見が出されました。精神的苦痛の賠償がなぜ半年たつと半額に減るのか、漁業者は海のがれきの処理作業をしているが、それも切れてなくなる。原発事故のせいで再開のめどがまったくたたないと訴え。

 田村市の菅野議長は、「原発事故に住民の関する苦情や不満が全部被災自治体にくる。元は原因者の東電が受けるべきものではないか」と。

 浪江町の吉田議長は、「損害賠償紛争審査会の「中間指針」は不十分。東電は国のうしろに隠れているのではないか」と厳しく指摘。

 私も発言し、当初、観光業の風評被害を20%カットとしたが、批判を受けて見直ししたとの説明だったが、どう見直したのか。精神的損害が、9月以降半額とする考えの根拠、損害賠償の申請請の数と実際に支払った件数についてなどについて、具体的に東電をただしました。

  東電の広瀬常務は、3、4、5月は地震・津波などの被害を考慮して10%カットとし、6、7、8月は0としたと回答。しかし、これ以外については、ほとんど議会で答弁した時と同じでした。

 なお、この間の請求件数は、現在までで個人の請求6~7万件に対し3000件。事業者3,000件の申請に対してわずか100件程度でした。

 私は、賠償は線引きをしないこと。全基廃炉の県議会 の請願採択をどう受け止めるのかと社長に尋ねましたが、あいかわらず第一の1~4号機しか廃炉を明言しません。

 佐藤県議会議長が、最後のまとめで「全基廃炉が県議会の総意だ。原発がなかった以前の姿にしてほしいとの思いだ。こうしたことをふまえて賠償でも全面賠償が当たり前。しっかりやってほしい」と要請しました。

  【終了後、マスコミのぶらさがりに、小さな声で答える西澤東電社長】


「なくせ!原発10・30大集会 inふくしま」に全国から1万人超参加 !!

30日、福島市・四季の里で開催された「なくせ!原発 10・30大集会」に、当初予定の2倍の1万人を超えて参加。47全ての都道府県からの参加者と原発事故を受けた福島県民が心1つになった感動いっぱいの大集会でした。

壇上から、原住連の早川徳雄さん会津放射能情報センターの片岡さん、JA五連の庄條徳一会長、佐藤栄佐久福島県前知事、そして浪江町の馬場町長、飯舘村の菅野村長の挨拶、そして志位和夫共産党委員長が連帯挨拶。社民党福島党首のメッセージが紹介されました。

 浪江馬場町長と、飯舘菅野村長の連帯の挨拶には涙がこぼれました。志位委員長も、「ふるさとを追われた町村長の訴えには胸がつまりました」と述べ、そのためにも徹底除染と全面賠償を国と東電の責任で行なうこと。

これらの費用は、国と東電が責任をもって福島への復興基金をつくるべきではないかとよびかけました。その財源は、核燃サイクルの今後の積み立て金が19兆円もあり、そのうち4.8兆円はすぐにでも使えること。

さらに、原発プラントメーカーやゼネコン、大銀行などいわゆる「原発利益共同体」にも費用を出させ、福島県などの除染費用も賠償金も健康対策もできると訴え、参加者は大きな拍手で応えました。

【県議選をたたかうあべ、宮本、宮川、神山、長谷部、はらだ6人の候補と党推薦の根本さとし候補】    【会場で志位委員長と】

【パレードでは、青年たちの作製による”爆発した福島原発”をかついで】

【軽快な太鼓とパーカッションでパレードをもりあげてくれた、埼玉から参加の「安全・安心な未来を子どもたちにオーケストラ」のメンバーです】


台風15号による水害懇談会に80人参加

 29日の午後、台風15号による水害にあった住民からのご意見・ご要望をお聴きする会を、3人の党市議団とともに開きました。

 私たちは、阿武隈川周辺地域へ約2000枚チラシをまいてお知らせしてきましたが、きょうは会場にあふれるほどの80人近い住民が参加しました。みなさん、私たちの事務所に来るのはほとんど初めての方ばかりでした。

 阿武隈川沿いの住民は、これまで3回も大水害に見舞われています。1986年の8・5水害、1989年の8・27水害、そして今回の2011年9月22~23日の台風15号水害です。

 3回とも共通しているのは、 阿武隈川の水門締め切りによる「内水面被害」です。

 8・5水害では、国の補助を受けて阿武隈川の「平成の大改修」とよばれる河川改修を行ないました。しかし、堤防を整備しても、98年の8・27の大水害になったのです。この時に問題になったのが水門締め切りによる内水面被害です。 

 この教訓を受けて、私たちも市や県で求めてきたポンプ場の整備がすすみました。ところが、今回の台風15号による豪雨災害時に、頼りであるはずの古川ポンプ場が1基は故障、2基は途中までしか稼動しなかったのです。

 きょうの会合でも、この古川ポンプ場が十分稼動しなかったことへの住民の怒りが爆発。「これまでは泣き寝入りさせられてきたが、今回は人災だ」との厳しい声が次々とあがり、市の対応の遅さ、避難指示と避難誘導のあり方に疑問や意見が続出。

 私たち共産党もこれらの声を国政や県政につなげます。しかし、本当に行政を動かす力は、被災した住民の声です。

 郡山を水害に強いまちにするために、例えば「遊水地」機能をどこにどれだけ持たせるのか。いざ災害に見舞われた際に、住民避難や指示はどうあるべきか。いずれも、被災住民や専門家を加えて、真剣に検討し直す必要があると感じた懇談会でした。


台風による水害地で街宣、青年たちのつどい

  27日、中田御舘小中学校の入り口に信号機が必要ではないかとの問い合わせがあり、今朝7時40分頃から旗振りをして登校する子どもたちを見守っている御舘小中学校の2人の校長先生にようすを伺いに行きました。

 今はほとんど車で親が送ってくるため、徒歩で登校してくる子どもは10人程度にすぎないとのことでした。

   このあと台風大雨被害を受けた中田町の土砂崩れの現場を調査。土砂崩れが大きかった道路は、外環状線という市の農業予算でつくった道路ですが、ほとんど車が通らず、地元の人たちはムダな道路だといっています。

この道路の一部が3・11の大地震で亀裂が入り、そこに台風15号の大雨がしみこんで大きく崩れ落ちました。

  その土砂が、下の民家のビニールハウスの作業小屋へどっさり入ってしまったのです。その家では自力で片付けたそうですが、まだ少し残っています。市からの何らかの援助があってしかるべきではないでしょうか。

  一方、市内阿武隈川沿いの内水面被害も相当ひどいものです。きょうは、その被災地で街頭宣伝をしましたが、どの場所でも住民の方が出てきてくれて要望が出されました。

 どの家でも、市から何の判定もされないままですが、寒さに向かう今、待っていられず住宅リフォームの業者を頼んで壁や床の張替え、畳やさんなど入り修理を始めていました。

 あるお宅は、3月の大地震で屋根が壊れ、今度は床上浸水の被害とダブルパンチで、改修工事の真っ最中。市では半壊の判定だったが、民間保険では全壊だったとのこと。市が11月上旬にこの地区へ再調査に入ることになったことをお知らせしました。

 また、今週29日(土)に、午後1時半より共産党市議団と私が「浸水被害の要望をお聞きする会」を開く予定の案内をすると、「こんな時に頼りになるのはやっぱり共産党だね」と異口同音に言われました。被災者の切実な願いと期待をひしひしと感じた1日でした。

  夜は、青年のみなさんが「えつこの部屋」という集いを開いてくれました。また私の56歳の誕生日(今月22日。もうこんな年齢に・・。35歳で県議選初立候補から21年です)をバースディーケーキでお祝いしてくれました。震災以降の青年たちの頑張りに、私も日々励まされています。

 


いよいよ今度の日曜日、「なくせ!原発10・30大集会inふくしま」へ全国からこぞってご参加を!

福島の全10基廃炉はもちろん、地震列島日本の原発をゼロにしたいと思う人たちはみんな集いましょう! 全国からどなたでも自由に参加でき、参加も無料です。

よびかけ人は、青木千代美さん(郡山、福島県女団連会長)や遠藤宮子さん(福島市、県女団連元会長)、小渕真理さん(白河市、アウシュビッツ平和博物館)など12人です。

危険な原発を「安全」だといい続けてきた国と東電に、原発放射能のあらゆる被害の責任と賠償を求めたい! 原発事故前の生活に戻して! と私も言いたい。

いろんな思いを持ち寄って、「なくせ原発10・30大集会」へご一緒に参加しましょう。郡山からは朝9時に出発します。

*場所は福島市の西部にある「四季の里」です。タイムテーブル以下のようになっています。

11:00~「交流テント」

12:00~「元気ステージ集え! なかまたち」

13:00~「ふくしま大集会」

14:15~「アピールパレード」

お問い合わせは、10・30大集会inふくしま実行委員会=建交労福島県農林支部2階

TEL024-525-8015 FAX024-525-8016 Mail:fks10-30@agate.

pala.or.jpです。


職場門前宣伝、業者後援会の決起集会

  25日、職場門前で早朝宣伝を後援会のみなさんと一緒に行ないました。原発廃炉の請願が全会一致で採択されたこと、野田政権の下で、緊迫した情勢になっているTPP交渉参加問題などを訴えました。

  夜は、業者後援会の決起集会でした。原発事故の損害賠償で東電が観光業へは20%カットと線引きしたが、多くの批判を受けて見直す方向になっていること。

 県議会でも劇的な変化が最終盤で起きたが、これは県民世論を無視できない状況になっていて、県民が県政を大きく動かし始めていること。

 その県民世論をバッグに共産党県議団は3人tで県民の願いを実現するため、最終日にもオールキャストで討論で登壇し、論陣をはって奮闘したこと。

 特に、宮川県議が、新婦人県本部が提出した「第一、第二原発すべて廃炉を」の請願に対する賛成討論のようすを伝えているうち、私も原発事故で避難している多くの方の切実な訴えを思い出し、おもわず涙が出てしまいました。

 この悔しさを、原発放射能から県民の命とふるさとを取り戻したい。原発賠償問題でも国と東電にはっきりものがいえる共産党が伸びてこそ、本物の原発ゼロの福島県にする大きな力になると訴え、私の決意を述べました。

 これまでも切実な県民世論と一体となって奮闘してきた共産党県議団が、5人以上の県議団になれば交渉会派に入ることができ、県民の請願や意見書など県民要求が大きく前進すること。

 99年の県議選で私が初当選して5人以上の県議団で、プルサーマル中止、子どもの医療費助成が最下位から当時全国トップに、30人学級も全国初で実現したことをあらためて強調。今度の県議選は、全国ばかりか世界も注目している選挙。ぜひ、多くの方に支持を広げてほしいとお願いしました。


市へ、地元の上石川の河川改修について要望

 25日、地元の上石川の河川改修についても要望しました。この川は、上流で東部開発がすすんだこともあって、大雨が降ると道路にあふれる箇所があり、数年前から地元町内会からも要望が上がっています。

 きょうの申し入れで市は、現地調査に入ることを表明。その上で、どうすれば浸水被害をなくせるか、あるいは減災できるか検討してみたいと回答しました。これは一歩前進です。


郡山市へ放射能汚染対策と水害・震災対策で要望書を提出

  25日、党市議団の3人と共に、郡山市へ放射能汚染対策と地震・台風浸水被害について要望書を提出しました。

 放射能汚染対策では、早急に全市除染計画をつくること。町内会などが行なう50万円の除染補助についても、町内会に過大な負担にならいようにすること。

 また、要望が多い井戸水の検査体制を充実させて、検査を迅速に行なえるようにすること。 水害対策では、床下浸水住宅については現行では何も支援がないことから、せめて見舞い金の支給をと要望。

 住宅の応急修理助成については、指定事業者以外でも工事ができるようにすることと、すでに工事をしてしまった場合でも遡及すること。

古川ポンプ場の故障、浸水原因究明については、第三者による検証をすることなどを要望。

 市からは、除染計画はつくる予定で、近く市のアドバイザーをつけて、町内会など派遣していくようにすること。

 水害被害に漬いては、床上浸水の半壊・全壊区分も柔軟に対応していく。もう一度被害の査定をやり直す予定であること。近く市の職員が調査に入る予定とのことです。

私たちは、除染費用については、国の予算確保では私対の提案を示し、市の計画を市民に浸水被害者に対する丁寧な周知と、制度の柔軟な対応で対策を講じるよう強く求めました。


地元中田事務所開き

 23日、地元中田選挙事務所開きを行ないました。地元の方のほか、浪江町の避難者のみなさんがいわきの仮設からかけつけてくれて、70人近くの方に参加していただきました。

 当初の3月から7ヶ月遅れようやく地元事務所開きとなりました。11月10日告示、20日投票で県議選が行なわれます。告示まで3週間を切りました。

 【県議会最終日、全基廃炉請願の採択、TPP反対決議も採択となった劇的変化をお話して】

         【地区選対事務局長影山さんの訴え】

    【浪江町のみなさんと激励挨拶する馬場浪江町議(左)】   

 【きれいなお花も頂きました。小原田の神山選挙事務所に置いてありますおかせていただいて】

   【恒例となった餅つきを夫とともに】

 餅つきは、石筵の千本杵餅ずり歌「えつこバージョン」の替え歌に合わせて。きな粉餅とくるみ餅はみなさんに喜んでいただきました。選挙戦も餅のように粘っこく得票も伸ばせるよう頑張ります!


JA福島中央会のTPP交渉参加反対の県民集会に800人

 21日、福島市のウエディングエルティで開かれた「TPP交渉参加反対と震災・原発事故からの復旧・復興を促す県民集会」は、当初500人の予定が800人もの大集会となりました。

 JA福島中央会の庄條徳一会長が主催者を代表してTPPの問題点を指摘し、復興の足かせにもなると反対をよびかけて挨拶。県医師会長の高谷会長も、TPPで混合医療が持ち込まれ国民皆保険が破壊されることをユーモラスに訴え、TPP交渉参加に反対を表明しました。

 県議会議員も私たち共産党3人、自民、民主なども来賓として多数参加。前日の県議会最終日、TPP交渉参加反対の決議をめぐって、自民と民主・社民がすったもんだの3時間半の空転劇をしたことがウソのようです。

  それだけ、TPP問題は震災・原発事故を受けた本県の復興をめざすこととは相いれないものであること、加えて県議選目前だからでしょう。

 ある団体代表は「いくら忙しいといっても玄葉外務大臣(民主党)が現場にこないのはどうしたことか!」との厳しい声もありました。

 玄葉大臣は、TPP推進ですから来ないのは不思議ではないのですが、本県の農林水産業が今度の震災・原発事故で大変な危機にあるのに、それを知っているはずの玄葉大臣も民主党もTPP推進とは何事かとの怒りは全くそのとおりです。

 県議選でもTPP問題は、大きな争点の1つです。