2013年度福島県普通会計・企業会計の決算審査~工業団地は売れば売るほど赤字。職員不足の上に国が賃金カットを強要

004きょう、29日から県議会の2013年度決算審査がスタートしました。今週3日間は本庁での審査で、11/5~7は県内3方部に分かれて出先で審査します。共産党県議団からは、私と宮川県議の2人が委員で、きょうは県公営企業会計決算と普通会計決算の概要について審査しました。

2013年度は、大震災・原発事故から3年目に入った年度で、普通会計(一般・特別会計)決算額は、歳入で1兆9千億円余、歳出で約1兆8千億円、通常の1.9倍、1.7倍もの決算額となりました。 これは、安倍政権がアベノミクスの経済対策と称して、2012年度も2013年度も国がハード面の災害復旧費や除染費用などの復興予算を大幅に増やしたからです。しかし、年度内には対応できず翌年度に繰り越し事業となりました。

一方、この予算に見合うほどの県職員の人員を増やさず、それどころかこの年の1月には、総務大臣が国家公務員の給与引き下げを地方公務員にもおしつけ、国は人件費を先に差し引いて都道府県に減額交付。本県分は90億円も減額されたのです。

011県は、国から別事業で20億円補てんされた残り70億円分について、県職員の給与等引き下げを行い穴埋めをしたのです。職員にとっては二重三重の痛みになりました。それは、震災以降職員のオーバーワークが続き、県職員の精神疾患や病休などが増えていることからも明らかです。 私と宮川県議は、以上の点について県から説明を求め、ハード面に偏っている予算の使い方や職員の人員不足の問題点などを指摘しました。

また、県公営企業の決算については、県の工業用水事業、地域開発事業、県立病院会計決算を審査しました。特に、地域開発事業については、工業団地として造成した土地を売れば売るほど欠損金、つまり赤字が増えて債務超過になり、この年度は46億円の純損失でした。

そのち白河工業の森・B工区の工業団地は、44億円の純損失のうち30億円が、ここに進出した三菱ガス化学(株)への土地売却の損失分でした。 私は、県の監査監査委員からも指摘があったこと、地域開発事業は見すべき、雇用にも役立つとは思えない、と厳しく追及しました。


知事選で内堀氏当選。熊坂候補が掲げた原発再稼働ノー、安倍政権にきっぱり物が言える県政実現に力を合わせましょう!

IMG00242~2

26日投票で行われた福島県知事選挙は、現職の佐藤雄平知事の事実上の「後継者」として立候補した、前副知事内堀雅雄氏(50歳)が当選しました。投票率は前回の最低を上回ったものの45.85%でした。

私たち共産党と「みんなで新しい県政をつくる会」が支援した熊坂義裕氏は、残念ながら当選には至りませんでしたが、18%の得票率は、共産党が支持した県知事の候補としては1976年以来の水準となりました。

「一致点での共同」、県知事選挙を共闘するというの初めての経験でしたが、内堀氏が約49万票に対し、熊坂氏が13万票に近い得票は、他の4人の候補が2万票前後の得票に比べても、そん色のない得票ではないでしょうか。

 内堀氏は、自民党、民主党、公明党、社民党が相乗りして、共産党以外の多くの政党の支持を受けましたが、選挙戦の実態は、民主党議員がぼやくほど自民党本部丸抱えでした。

選挙結果を受けて、自民党茂木選対委員長は「連敗は回避したかった」とあけすけに本音を述べていますが、11月の沖縄県知事選挙では、きっぱりノーの審判を下しましょう!

内堀新知事の任期は11月12日にスタートします。原発の再稼働や福島切り捨てをすすめる安倍政権に対し、きっぱりものが言える県政にするため、私たち共産党県議団も全力を尽す決意です。


地元の宮城中、御舘中の文化祭へ

019 地元の宮城中学校と御舘中学校の文化祭に招かれました。宮城中の「秋桜祭(こすもすさい)」は、全校生徒が35人ですが、今年のテーマ「咲かせよう~笑顔の花を~」に向かって、素敵な発表が続きました。

023英語弁論では、「キュリー夫人」について熊田さんがりっぱに述べ、中田町の敬老会や少年の主張で発表した作文を披露したり、市の中学生派遣事業で長崎に派遣された伊藤さんが発表。以前から平和について思いがあったそうですが、素晴らしいこと。再び若者を戦場に送ろうとしている安倍首相に聞かせたいと思いました。025

さて、もう1つは御舘中学校の文化祭。こちらは、柳橋歌舞伎の地元で今年も出演して頑張りましたが、文化祭では、舞台背景も自分たちの手づくりとのこと。舞台そででは、謡いの専門家が務めるなど、こちらも本物の伝統文化を継承して頑張っています。

029027


喜多方で「県政を語る会」で報告、知事選についても

01218日は、会津若松市で行われた佐藤雄平知事の父の告別式に参列。

そして夜は、喜多方市で「県政を語るつどい」に招かれて、県政報告と知事選のたたかいについて話をしました。約30人が参加してくれました。

015矢吹市議の司会でつどいがすすめられ、菊池元市議が党後援会を代表して挨拶。県知事選をめぐるこれまでの県議会各会派の動きと県政つくる会や県議団で貫いてきた「オール福島」のたたかいの積み重ねの結果で、今回のような県知事選の戦いの構図になったこと。

熊坂候補についての政策や人柄などにふれながら、原発への対応、特に汚染水対策問題、山木屋の自殺者の裁判への画期的判決、原発作業員の裁判、また浪江町を始め、飯館村、川俣町、桑折町、いわき市などの集団賠償を求めADRへの集団申し立てについての内容を報告。

除染もすすまず、避難者支援でも1人1人に寄り添っていない実態があり、自治体職員も不足していること。これまでの自民党政治によってもたらされた結果であり、そのうえ、安倍政権は、原発問題で福島を分断し切り捨てようとしていること。消費税増税も、医療介護総合法も集団的自衛権の行使も被災地にとっては足枷になることばかり。

今度の知事選は、この安倍政権とのたたかいでもあると述べ、知人友人、支持者に声をかけて熊坂支持を広げ、残り一週間を悔いのないたたかいにと強調しました。

参加者からは、原発汚染水対策と廃炉、トリチウムの扱いについての考え方、中間貯蔵施設と最終処分場について、さらに東北電力などの固定価格買い取り制度の中断問題などについて、共産党はどう考えているのかなどの質問も出され、それぞれ答えました。


富岡町絆ステーションでの交流会に参加~避難者は怒っています

00718日、午前中に開かれた月1回の避難者の交流会に参加しました。郡山に避難している富岡町の借り上げアパートなどに暮らす避難者が利用できる「絆ステーション」で開かれました。

それぞれ、近況を出し合っていましたが、私が県政報告を簡単に挨拶。この中で、ちょうど復興庁が実施した富岡町の浪江町の住民意向調査結果が地元紙が報道し、「帰らない」とする住民が約半数になっていると述べると、それぞれから災害復興公営住宅についての不満が次々と寄せられました。

ある方が、知り合いが災害復興公営住宅を申し込もうとしたら2人の保証人が必要で、しかも所得証明ができる人と県から言われ、申し込みをあきらめた人がいる。民間アパートの契約よりひどいではないかと。

009また、ある方は道路一本、あるいはゲートで仕切られたが、それで賠償額に差があるのはおかしい。3年半たつと自宅はもう痛んで住めない状態になっていると、とってきた写真をみせてくれました。

そして、あるご夫婦は、体調も悪くなって病院通いが続いているとも。これが、3年7ヶ月経過した原発避難者の現状です。


熊坂夫人を招いて郡山つくる会の集い

002
郡山のつくる会会長の宗像孝さんが挨拶

17日、郡山市参画プラザで、郡山のつくる会(会長:宗像孝)が、県知事候補の熊坂義裕さん夫人、伸子さんを招いて集いを開きました。熊坂候補本人がなかなか都合がつかないということで、代わりに夫人がきてくれることになり、この日は約80人が参加。004

最初に、熊坂さんのDVDをみんなで見ましたが、誠実な人柄がよく伝わってきます。また、県知事選に立候補した理由と政策も私たちの要求とぴったり一致しています。まさに、党派を超えて指示できる候補者だと思いました。

005
知事候補の熊坂夫人、伸子さんの訴え。

この集会で私が県政報告を行いました。熊坂夫人が到着するまでということだったのですが、なかなか会場に現れず20~30分間話をして、次の方へバトンタッチ。

南相馬市小高区から郡山に避難している県政つくる会の亀田会長も参加し、挨拶。この3年半以上の避難の実態などを報告しました。郡山民商の渡辺事務局長は、熊坂さんは、岩手県宮古市長時に民商も運動している住宅リフォーム助成事業を実現してきたことを知って、さらに支持を広げたいと表明。女性を代表して塩田さん決意表明。

結局、熊坂夫人が到着したのは、1時間後でした。二本松市そのあと伊達郡川俣町と2か所を回り駆けつけてくれました。少しずつ会場を出るのが遅れて新幹線に乗り遅れ、しかも強風で新幹線も遅れたとのこと。でも、短い時間での挨拶でしたが、伸子夫人のさわやかな訴えに大きな拍手。最後に、夫人を真ん中に団結頑張ろうで締めくくりました。

031
郡山安達地区のニュースから

結局、熊坂夫人が到着したのは、1時間後でした。でも、伊達郡川川俣町から駆けつけてくれました。新幹線に乗り遅れ、しかも強風で新幹線も遅れたとのこと。でも、短い時間での挨拶でしたが、伸子夫人のさわやかな訴えに大きな拍手。最後に、夫人を真ん中に団結頑張ろうで締めくくりました。

熊坂候補は、23日夜6時半から郡山市民文化センターで最後の決起集会を開きます。


東電~新型ALPSを公開したが(従来型はトラブル続き)/1号機建屋カバー解体は22日から/台風影響で過去最高値の高濃度放射性物質を検出

IMG00156
17日付け福島民報2面

東京電力は、16日、事故を起した第1原発でトリチウム以外の高濃度汚染水を取り除く新型の多核種除去装置「ALPS」と、放射性ストロンチウムの除去装置、建屋周辺の井戸(サブドレイン)から汲み上げた汚染水の浄化装置を公開しました。

9月から増設したALPSの一部の試験操業開始し、近く新型の高性能ALPSも試験稼働も開始し、来年3月までに、タンクに貯留している汚染水の全量を処理するとしていますが、従来型のALPSが度々トラブルを起しています。

今年に入ってからも、汚染水から炭酸塩を除去するフィルターのパッキンが放射能劣化することから、新型フィルターに交換。ところが、9/26にはこの新型フィルターも破損して炭酸塩が流出したのです。

東電は、「原因を絞り込んでいない」と答えていますが、新型のALPSについても小野明所長は、「大きなトラブルは起きないと思う」と断言したそうです。

* * *     * * *     * * *    * * *

一方、東電は15日、福島第1原発1号機の建屋カバーの解体作業w今月22日から始めると発表しました。2016年度上期に作業を終了し、建屋内部のがれきの撤去を始める方針とのこと。

具体的には、22日から12月初旬までにカバーの屋根に穴をあけ、粉じんなどの飛散防止剤を内部に散布。屋根の一部を取り外し、中の状況を確認する。また、政府と県も、原発周辺の放射線モニターの監視を強化する方針です。

昨年3号機のがれき撤去作業放射性物質が飛散し、南相馬市のコメに高い放射性物質が検出されたことから、党県議団は8月の全協でも、また9月の代表質問では私が、「建屋カバー解体する場合は、事前に県民に情報公開すること。飛散防止対策を講じ、現場作業員の被ばく軽減策をとるよう東電に要請すべき」と質。

▽ ▽ ▽     ▽ ▽ ▽     ▽ ▽ ▽

ところで、東電は今月上旬の台風18号の影響か、15日に採取した第1原発1号機と2号機海側護岸の観測用井戸水から、放射性セシウムが1㍑あたり25万4000ベクレル検出された発表しました。13日採取した水25万1000ベクレルを超え、過去最高値を更新したのこと。

また、同じ井戸からは、ストロンチウムなどベータ線を出す放射性物質も610万ベクレルの濃度を検出。13日は780万ベクレルだったとのこと。

また、


台風の被害はなく、わが家の稲刈り開始!?

IMG00139
自宅とわが家の田んぼ

みなさんの地域は台風19号の被害はどうでしたか。わが家周辺は、15日、心配されていた台風の直撃はほとんどなく、きょうは予定どおりわが家の稲刈りが始まりました。周辺の田んぼは、すでに台風前にと稲刈りは終えていますが、わが家は他の人に頼んでコンバインで刈ってもらう都合上、きょうと明日がその予だったのです。

IMG00141
左は夫。コンバインの調子がイマイチです

ところが、台風は避けてくれたのに、どうもコンバインの調子悪く田んぼに立ち往生。何とか動かしてもらい早く刈り終えたいところです。それでも、夫が定年になっているので日程に追われることはないので大丈夫ですが。

先ほど、コンバインが動き出しました。2枚目の田んぼを刈っています。

IMG00145


郡山市熱海町で市民共同の太陽光発電所を計画

DSCN1125
開会にあって挨拶する郡山地方農民連の橋本整一さん

9/21、郡山地方農民連が熱海町で市民共同の太陽光発電所を立ち上げるための講演会と説明を開きました。福島県農民連は、「伊達市りょうぜん市民共同発電所」の第1号機(50kW)に続き、郡山市熱海町石筵に2号機(200kW)を計画しています。

この日は、説明会に先立ち、NPO法人自然エネルギー市民共同発電の和田武氏(NPO法人の代表理事、元立命館教授)が講演しました。

DSCN1129
講演する和田 武さん~NPO法人自然エネルギー市民共同発電代表理事

DSCN1127

また、福島県農民連事務局長の根本敬さんが、農民連の省エネ住宅のとりくみなどを紹介しながら「食糧、エネルギーを他者に委ねない生き方・くらし方をめざそう」と報告。

事業主体は、合同会社「福島あたみまち市民共同発電」で、この発電所を設置・運営するためにNPO法人自然エネルギー市民共同発電と福島県農民連でつくった会社です。

1口10万円の出資金を10月31日まで募集中です。1.2%の利息をつけ20年で返済するとしています。そして、福島復興に役立るため、発電収入の2%を福島復興基金として積立てる計画とのこと。なお出資は、第二種金融取引行の信託会社に委託して行うとのことです。

県内でもこうした市民共同発電所の立ち上げが、あちこちで始まっていますが、もっともっと推進していく必要がありますね。

なお、東北電力が再背可能エネルギーの買取り中断の方針が伝えられていますが、今回は家庭用の太陽光発電は対象外であり、この事業主体とは既に東北電力との系統連携協議が終了し、8月に東北電力から「系統連携承諾書」が出されているとのことですからご安心を。


福島県知事選スタート~共産党は熊坂氏勝利めざし奮闘します/原発問題でも「国にハッキリものがいえる県政」を‼

DSCN1196
「よりそいドクター」は熊坂氏。ビラの内容をよく読んでみて下さい。

9日、福島県知事選が告示され26日の投票日まで戦われます。今回は、いずれも無所属新人の6人が立候補し過去最多です。地元マスコミも現政権の「継承」か「刷新」かが争点(福島民友号外)と報じています。

私たち共産党とみんなで新しい県政をつくる会は、医師で元岩手県宮古市長のくまさか義裕氏を支援し、勝利めざし奮闘します。

福島市内事務所前での第1声で、医師でもある熊坂氏は「医師・福祉の専門家として医療・福祉・介護、そして子育て支援、教育環境の充実をしっかりやっていきたい。18歳以下の医療費無料化を継続する」と述べ、また、宮古市で個人の住宅リフォームに市が10万円補助する制度を提案し実現し、中小企業に喜ばれましたが、それを実践したきた人らしく「地域の産業振興もまかせてほしい」と述べました。

さらに、「これらをすすめるためには、原発の被害対策、原発対策の総見直しを情報を公開しながらすすめたい。そして、原発に頼らない経済社会をつくっていきたい。もちろん、県内の原発はすべて廃炉は当たり前。県外の原発については明確に反対したい。他県の原発についても明快にノー、輸出ノーと言っていきたい」と述べ、ここで参加者の大きな拍手がわいたそうです。

一方、自民、民主、公明、社民、維新の会など、共産党以外のすべての政党の支援を受けた前副知事の内堀雅雄氏は、第1声で「復興は道半ばです。その課題は3つあり、原子力災害からの復興。除染、賠償、中間貯蔵。あるいは子どもたち、県民の健康の管理、風評払拭。そして避難者のみなさんと避難指示地域の復興、これがまず第1」と述べ、他に子どものことや産業の振興で浜通りのイノベーションコースト構想(ロボットの開発など)をあげました。

しかし、原発問題に関しては、「福島第1原発の事故を完全に収束してもらうこと。今も廃炉、汚染水対策は道半ば。これをなんとしても国と東京電力訴え続ける。あわせて、福島県内にある10基の原発を廃炉にさせる。これが復興の大前提と考えている」と述べつつ、「県外の原発」には言及しませんでした。

それは、自民党県連が原発事故直後から「県内の原発はともかく、他県の原発についてはとやかく言わない」と一貫して主張しているからです。内堀氏はこの自民党から支援を受けているため、県外の原発について言及しない、あるいは言えないのだと思います。

ところで、内堀氏の応援で自民党国会議員を代表し、坂本剛二氏が挨拶に立ち「来年から本格除染が始まり、復興元年となる。(中略)最終処分場も運用が始まる」と述べたそうですが、最終処分場は中間貯蔵施設の間違いだと指摘されると「些細な間違いだ」と述べたとか。

思わず本音を口にしてしまったのかと疑いたくなります。「中間か最終か」で地元住民がどれだけ疑問を呈し、説明できない声があがっているというのに、なんと軽々しい発言でしょうか。

熊坂氏、内堀氏ともに「政党からの推薦は受けない」としているのは共通ですが、原発問題に関しては違いがハッキリしていて、熊坂氏は、「県外の原発の再稼働は反対。海外への輸出も反対」と明確に発言しています。

26日が投票日ですが、すでに期日前投票は始まっています。私たち県民の審判を、今度の知事選で明確に下していきましょう。