安倍政権にモノ言わぬ内堀知事の姿勢あらわ/みんなで新しい県政をつくる会~町田和史氏を擁立し知事選戦います!

10/3、9月県議会が閉会しました。内堀知事の1期4年間の任期最後の県議会でした。いよいよ今月11日告示、28日投票で福島県知事選挙が戦われます。沖縄県知事選挙では、翁長前知事の意志を引き継いで辺野古基地建設反対を掲げた玉城デニー氏が、自公安倍政権のあらゆる圧力に負けず8万票の差をつけて勝利しました!福島県知事選挙も原発事故被害から県民本位の復興をどう進めるのか、こちらも安倍政権とのたたかいです。

原発事故から7年半経ちますが、県の発表だけでも4万4千人の避難者がいます。原発事故の廃炉作業も予定どおり進んでいません。それなのに内堀知事は、安倍政権と一体に避難者や県民切り捨てをすすめ、ついに大熊・双葉両町を除く帰還困難区域の避難者への住宅無償提供を打ち切ることを今議会の所信で表明しました。

また、県民から不安の声があがっているリアルタイム線量システム(モニタリングポスト)を県内の8割も撤去する方針やトリチウム汚染水の海洋放出について、知事は未だに抗議せず、県民に丁寧に説明を述べるだけで自らの意見を一切表明しません。

その一方で、財界が儲かるロボットなどの先端産業「イノベーション・コースト構想」を福島特措法で国家プロジェクトに位置づけ、これで被災地浜通りの復興を進めようとしています。しかし、避難者置き去りの復興では、真の復興につながらないことは明らかです。

共産党も加わるみんなで新しい県政をつくる会は、10/1、今回の知事選に町田和史(共産党県委員長)さんを無所属の知事候補として戦うことを決め記者会見しました。(写真はNHKテレビニュースから)

安倍政権と東京電力にもはっきりモノがいえる県政。原発事故からの復興は県民とともに行い、全国最下位クラスの医療・介護・教育に県の予算を大幅に増額して県民のくらしを応援する県政にと、大きく転換を迫ります。私たち県議団も全力を尽くします。大きなご支援をよろしくお願い致します。

原子力規制委の更田委員長が、またもトリチウム以外の核種を含む汚染水の海洋放出を迫る/県議会は慎重にの意見書を全会一致で可決

県議会最終日の10/3、「トリチウム水の処理は県民の意見を真摯に受け止め慎重に決めること」の意見書は、自民党から提出されたものでしたが、自民党もこの意見書を出さざるをえなかったのは、漁業者や県民の声を無視できなくなったからです。この意見書には私たちも賛成し、全会一致で可決されました。国も規制庁も東電も、この県議会の意見を重く受け止めるべきです。

ところが、更田原子力規制委員長は、今朝のニュ―スでも明らかにしましたが、以前からこの事実は知っていた。しかし、海洋放出しなければ風評被害を先送りするだけ。今後50年先までタンクで保管し続けるのかなどと、県民に対する圧力さえにじませるとんでもない発言をしています!

 

阿部裕美子県議、最終本会議で討論/石炭火発のための小名浜東港地区に予算投入やめよ、憲法9条改憲中止、トリチウム海洋放出問題で意見

10/3、県議会最終日。阿部裕美子県議が討論を行いました。知事提出議案については4件について反対討論。意見書や請願について意見を述べました。

知事提出議案では、小名浜東港地区の石炭を荷揚げする荷役機械を扱う民間業者に委託しますが、その債務負担行為の予算130億円の補正が計上されました。1GCC石炭火発はCO2を15%程度しか排出を抑制できない。異常気象を引き起こしている温暖化対策に逆行すると指摘し、これ以上石炭火発のための人工島への税金投入はすべきでないと反対しました。

また、意見書では憲法9条改憲中止、所得税法56条の廃止,種子法の復活を求める意見書には賛成を表明。さらに、トリチウム汚染水の海洋放出に関する意見書については、東電が新たに公表したタンクの8割にトリチウム以外の核種が基準値を超えて含まれていたことを批判しつつ、自民党の意見書でしたが賛成を表明。この意見書は全会一致で可決されました。

宮本しづえ県議が総括質問で登壇/避難者の実情について知事の認識を問う

10/2、総括質問で宮本しづえ県議が登壇。知事に対しては、4年の任期を振り返った所信で避難者や避難者の実情にふれる言葉がなかったことについて質しました。

また、来年3月末で南相馬市、川俣町、川内村、飯館村、葛尾村の仮設・借り上げ住宅が打ち切られることから、特定延長の対象を拡大して対応すべきと求めました。来春から始まる県独自の学力テスト、イノベーション・コースト構想、原発事故原因について県は津波対策をおこたった人災だと改めて認めました。

経産省汚染水有識者会議でも異論、議論の前提崩れていると/内堀知事、相変わらず抗議も反対も表明せず

きょう開催された経産省の有識者会議の様子をNHKニュースが報道。東電は県民とのそごを陳謝。

その一方で、定例会見で内堀知事は、相変わらず県民への丁寧な説明を行い慎重にしか言わない!町田予定候補が、明確に海洋放出反対を表明したのとは対照的です。

汚染水タンクの8割に基準値超えのトリチウム以外の核種が含まれていた~東電の隠蔽に強く抗議し、タンクでの継続保管を申し入れ

10/1、党県議団は東京電力に対し、95万トンのタンクのうち、満水のタンク約89万トンの8割で基準値を超えるトリチウム水以外の核種が含まれていたことについて、隠蔽していたことに抗議するとともに、海洋放出を中止しタンクでの保管を継続するよう求めました。

申し入れは、①今回の汚染水処理の隠蔽に強く抗議する、県民に謝罪すること ②約8割もの汚染水にトリチウム以外の基準値を上回る放射性物質があることを知りながら公聴会の前に公表しなかったことを明らかにし、公表・再発防止を ③「海洋放出」をせずにタンク保管を継続することの3点です。

この問題は、28日に報道(写真は、県内テレビニュース、しんぶん赤旗)されました。きょうは、東京電力福島営業所の佐藤氏に対し申し入れ、今回の経緯と内容についても説明を求めました。

実は先週28日、東京電力が定例の廃炉ロードマップ進捗状況の説明に来室された際、公聴会でも問題になったトリチウム以外の核種を含んだタンクはどこにどれくらい保管しているのかの説明をと要望したばかりでした。ちょうど、きょう10/1のこの同じ時間帯に経産省の有識者会議で説明する内容が28日に報道されたわけです。この中で満水のタンク約89トンのうち8割で基準値を超えるトリチウム以外の核種が含まれていたというものです。これには驚きました。赤旗も29日付けで報道しました。

それにしても、東京電力は、ALPSではリチウム水だけが除去できないと強調してきました。トリチウム以外の核種を含んだタンクが8割あるとは説明してこなかったのです。県民に分かりやすく説明してこなかった点は、東電が陳謝したものの、公聴会が県内を含め3ヶ所で開催中にも自ら説明しようともせず、これでは隠蔽していたと言われてもしかたがない。県民を愚弄するものと強く抗議しました。

結局、トリチウム汚染水の海洋放出問題は、振り出しに戻すべきです。

みんなで新しい県政をつくる会~知事選候補に町田氏を擁立

10/1、県庁で今月11日告示、28日投票で戦われる県知事選挙に共産党町田氏を擁立することを表明。県庁での会見には私も同席しました。

この知事選挙に、日本共産党と労働組合、市民団体などでつくる「みんなで新しい県政をつくる会」から、無所属(日本共産党推薦)で立候補することを、本日記者会見して発表しました。

福島県から「原発ゼロ」を発信する選挙、国や東京電力にハッキリものを言える県政に切り替える選挙にしていきたいと思います。みなさんのお力添えをお願いします。(写真は、夕方のNHKニュースから)