宮本しづえ県議が総括質問で登壇/避難者の実情について知事の認識を問う

10/2、総括質問で宮本しづえ県議が登壇。知事に対しては、4年の任期を振り返った所信で避難者や避難者の実情にふれる言葉がなかったことについて質しました。

また、来年3月末で南相馬市、川俣町、川内村、飯館村、葛尾村の仮設・借り上げ住宅が打ち切られることから、特定延長の対象を拡大して対応すべきと求めました。来春から始まる県独自の学力テスト、イノベーション・コースト構想、原発事故原因について県は津波対策をおこたった人災だと改めて認めました。

投稿者:

e-kamiyama

 現在5期目です。子どもや女性、お年寄りにあたたかい政治を!庶民の目線と現場主義をモットーに頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください