汚染水タンクの8割に基準値超えのトリチウム以外の核種が含まれていた~東電の隠蔽に強く抗議し、タンクでの継続保管を申し入れ

10/1、党県議団は東京電力に対し、95万トンのタンクのうち、満水のタンク約89万トンの8割で基準値を超えるトリチウム水以外の核種が含まれていたことについて、隠蔽していたことに抗議するとともに、海洋放出を中止しタンクでの保管を継続するよう求めました。

申し入れは、①今回の汚染水処理の隠蔽に強く抗議する、県民に謝罪すること ②約8割もの汚染水にトリチウム以外の基準値を上回る放射性物質があることを知りながら公聴会の前に公表しなかったことを明らかにし、公表・再発防止を ③「海洋放出」をせずにタンク保管を継続することの3点です。

この問題は、28日に報道(写真は、県内テレビニュース、しんぶん赤旗)されました。きょうは、東京電力福島営業所の佐藤氏に対し申し入れ、今回の経緯と内容についても説明を求めました。

実は先週28日、東京電力が定例の廃炉ロードマップ進捗状況の説明に来室された際、公聴会でも問題になったトリチウム以外の核種を含んだタンクはどこにどれくらい保管しているのかの説明をと要望したばかりでした。ちょうど、きょう10/1のこの同じ時間帯に経産省の有識者会議で説明する内容が28日に報道されたわけです。この中で満水のタンク約89トンのうち8割で基準値を超えるトリチウム以外の核種が含まれていたというものです。これには驚きました。赤旗も29日付けで報道しました。

それにしても、東京電力は、ALPSではリチウム水だけが除去できないと強調してきました。トリチウム以外の核種を含んだタンクが8割あるとは説明してこなかったのです。県民に分かりやすく説明してこなかった点は、東電が陳謝したものの、公聴会が県内を含め3ヶ所で開催中にも自ら説明しようともせず、これでは隠蔽していたと言われてもしかたがない。県民を愚弄するものと強く抗議しました。

結局、トリチウム汚染水の海洋放出問題は、振り出しに戻すべきです。

投稿者:

e-kamiyama

 現在5期目です。子どもや女性、お年寄りにあたたかい政治を!庶民の目線と現場主義をモットーに頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください