県議選後初の12月定例県議会が開会~議長・副議長選挙で自民党が独占

DSC_0631DSC_0634 9日、県議選後初の12月定例県議会が開会となりました。午後の本会議では、議長選挙と副議長選挙が行われ、共産党県議団は私神山悦子、副議長選挙には民主・県民連合会派の亀岡義尚議員へ投票。

なお、開票立会人は交渉会派の3人なので、わが党県議団から吉田英策議員が立会人になりました。

DSC_0588DSC_0582

きょうの12月県議会開会直前ま3会派の世話人会が4回開催され、この間、県議会の民主的運営を求め世話人会の座長や各会派に出向き、この間議長は第1会派から、副議長は第2会派からとすること。各委員会の委員長・副委員長については比例配分とするよう求めてきたのですが、結局、自民党はすべてのポストを独占する方針を崩そうとしませんでした。

DSC_0594
新議長に選出され挨拶する杉山純一県議(自民)
DSC_0605
新副議長に選出され挨拶する満山喜一県議(自民)

本会議終了後、全員で本庁舎前で記念撮影。また、私たち5人の県議団も独自に撮影しました。

DSC_0618DSC_0628DSC_0632

明日10日は、通常の定例県議会モードになり、知事の所信表明で12月補正予算案などの提案理由の説明があります。

投稿者:

e-kamiyama

 現在5期目です。子どもや女性、お年寄りにあたたかい政治を!庶民の目線と現場主義をモットーに頑張ります。

「県議選後初の12月定例県議会が開会~議長・副議長選挙で自民党が独占」への1件のフィードバック

  1. メンバーが代わっても素晴らしい5人ですね! 脱原発・ 国民連合の先頭に立つことを嬉し く思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です