いわき市高野地区の太陽光パネル法面崩落の現場へ

17日、県漁連の野崎会長との懇談終了後、吉田英策県議の案内でいわき市高野地区の太陽光発電パネルを設置した場所で、法面が大きく崩落した現場へ。

ちょうど、太陽光設置した事業者が現場にいたので聞くと、先日の地震で崩れたとのこと。太陽光パネルは設置終了したばかりだったそうです。法面の途中に、昔の馬車道があったのを知らなかったと。市道を塞いだで通行止めになってしまったため、土木業者の作業でようやく通行可能になりつつありました。

こうした太陽光発電を設置した法面の崩壊は、県内でもすでに発生しています。何らかの対応策が必要です。

トリチウム海洋放出について、岩渕友参院議員らと共に県漁連と懇談/反対の方針を表明


17日、県議団は、岩渕友参院議員、野口てつろう参院選挙区予定候補と共に、いわき市にある県漁連の野崎哲会長を訪ね、トリチウム処理水の海洋放出について懇談しました。

野崎会長は、トリチウム水の海洋放出には反対だと明確に表明しました。その理由は、試験操業は、原発事故の翌年の2012年6月から始まったが、魚種はほぼ震災前まで戻ったものの、漁獲量は震災前の2割までしか回復していないこと。福島の者は魚は買わないという消費者が15%いるとの数字は今も変わらないこと。

海洋放出すれば、風評被害がさらに広がり、そうなればこの7年の積み上げが崩れ試験操業は1からやり直しになる。相双漁協のトロール船は、20代の若い後継者が震災前からいて、原発事故後にいったん離れたが今は戻って操業しているが、ここも風評被害が出れば大きな打撃を受ける。

また、サブドレンからの海洋放出については1,500ベクレル以下と基準を決め、それ以上ものは認めていない。トリチウム処理水の海洋放出は、「薄めて」流そうとしているがこれはダメ。国・東電の汚染水対策の3つの基本方針「取り除く」、「近づけない」、「漏らさない」から大きく逸脱することになるとも指摘。

今月30日に、経産省が開く富岡町の説明会・公聴会に参加して、県漁連として反対の方針を発言するそうです。
ちょうど、NHKの夜9時前の県内ニュースでも、きょう聞いて来た県漁連の方針が報道されました。国の経産省小委員会の有識者は、「海洋放出が一番安価な方法」などと結論づけようとしているようですが、とんでもないことです!

第36回平和のための郡山の戦争展へ~若者も戦死遺族も多数参加

午後には、郡山市公会堂で開催された平和のための戦争展に行きました。今年で36回です!

入口には、「赦しの花」の種を取り寄せ育てた坪井さんのアサガオ。花びらを水面に浮かばせた鉢には辺野古へのメッセージも。
マスコミで報道されたこともあり、若者も多く参加していました。

また、親の介護で帰省している女性や、お隣の本宮市から初めて参加された70代の女性と知り合いになりました。この方は、終戦1年前の生まれで生後3ヶ月で父親が戦死。フィリピンに向かう船が撃沈されたそうです。

73回目の終戦記念日~街頭から安倍政権の「戦争する国づくり」ストップ!早期退陣を求めようと訴え


きょう8/15は、73回目の終戦記念日です。
県議の私神山、高橋善治、岩崎真理子、岡田哲夫の3人の市議と斎藤昇市議候補が、午前中3組に分かれて街頭宣伝を行い、郡山駅前では揃って不戦の決意と安倍政権の早期退陣を求める決意を表明しました!

また、急逝された翁長沖縄前知事に連帯し、辺野古への新基地建設反対と、福島の原発事故の国と東電の加害責任を果たさせ、財界優先でなく人間の復興に県政を転換させること。
今年秋の沖縄・福島の県知事選挙、来年の参院選挙で安倍政権の早期退陣を求め、続く郡山市議選・福島県議選でも、市民と野党との共同を進める共産党を大きく伸ばしてほしいと呼びかけ演説を締めくくりました。

県教委へ党県議団、「猛暑が続く中、公立小中学校と県立学校教室へのエアコン早期設置を」と緊急申し入れ


8/9、県教委に対し、県内の小中学校、特別支援学校や県立高校の教室への早期のエアコン設置を求める緊急申し入れを行いました。県教委の総務課長と財務課長が応対しました。

今年は、全国的にも記録的な猛暑が続いていますが、県内でも福島市をはじめ、会津若松市、石川町などが全国でも高い37度を超える外気温を観測しています。

共産党県議団は、これまでも小中学校や県立学校の教室へのエアコン設置を求めてきたところですが、菅官房長官は7/23に「緊急事態だ。特に、クーラーなどが設置できていない小中学校は早急に対応しなければならない」と述べ、国としても補助する意向を示しています。国の指示待ちとならず、県独自の緊急対応をと求めました。文科省は、教室の望ましい環境は17~28度との基準を示しています。連日37度以上40度近い異常気象が続く中、単に夏休みを長くしただけでは解決しません。なお、文科省は全国の小中学校教室等のエアコン設置現況を、8月末を目途に調査中とのことです!

また、文科省の3年ごとの直近の昨年(2017年)4月1日調査では、福島県の全保有教室数に対する設置率は、小中学校は普通教室で65.1%、特別教室で44.4%。特別支援学校は普通教室で49.7%、特別教室で43.2%、県立高校は普通教室で50.0%、特別教室で25.1%でした。今回の緊急申し入れでは、西日本豪雨災害の避難所となった体育館へのエアコン設置も必要と求めましたが、県内で設置されているのは、福島市立の特別支援学校1校のみです!

さらに、県立高校は97校のうち約3分の1の33校にしか設置されていません。しかも、全てPTA負担となっています。今年2月県議会の一般質問で阿部県議がこの問題を取り上げ、6月の常任委員会でも私が県負担した場合の試算額を質すと、県教委は「1校あたり平均380万円の設置・維持費」と答弁しました。つまり、県立学校97校の全教室にエアコンに県が設置した場合、約4億円で実施できるのです!

県は、イノベーション・コースト構想のロボットテストフィールド整備に158億円もの復興予算を投入します。本県の子どもたちへの支援よりも、財界支援の産業復興を優先する国・県の姿勢が問われています。県の教育予算の拡充は、エアコン設置問題でも緊急課題です。

原子力規制庁の「リアルタイム線量計撤去方針」の郡山説明会に参加/「設置継続を」が参加者多数の声


8/ 5、原子力規制庁が、県内各地で説明会の要望があるところで開催している「リアルタイム線量計撤去方針」の郡山説明会に、私も参加しました。


会場からは次々と手が上がり、延べ30人が発言。説明会の持ち方への意見や、撤去をやめて設置継続を求める声が圧倒的多数でした。午後1時半~4時半の予定が発言者が多数で延長され、5時45分に終了しました。
規制庁の「撤去」理由は3つ。①空間線量が下がった ②維持管理費がかかる ③耐用年数が経過したリアルタイム線量計を撤去し、可搬式の線量計は残す、と説明。

私に発言の順番がなかなか回ってきませんでしたが、手を挙げ続け、時間延長後にようやく発言できました。私は、撤去方針を公表したのが2月県議会が閉会したその日に報道で知ったこと。今回の説明では、市内のリアルタイム線量計359台を「見直す」との表現はごまかしだと指摘。結局、残すのは可搬式の28台だけ。しかし、市民が日常的に見ているのはリアルタイム線量計であり、これは撤去ではなく継続設置が必要と求めました。

また、維持管理経費についても復興予算が終了するからというので、維持管理経費の費用額を質問。規制庁は、年間約6億円で、プラスその他1億円と答弁。復興期間が過ぎても、リアルタイム線量計は継続して設置すべきです。線量計があるから、それをみて市民は安心できるのです。市内には、ホットスポットもまだまだあるのですから。最後に、会場から「まとめをしないのか」と指摘され、規制庁の課長は「継続を求める声が多数」としました。しかし、説明会後の今後の方針については、の「持ち帰り検討する」としています。

それにしても、規制委員会は独立した国の機関のはず。前身の原子力保安院は「不安院」でしたが、規制委員会もトリチウム水の海洋に流せと東電に迫り、今度は線量計を撤去すると。これでは、規制委員会ではなく、安倍政権の方針を先取りする「原子力推進委員会」ではないでしょうか!

小池晃書記局長を迎えて共産党演説会に1,800人

7/29、郡山市ユラックス熱海で開催された共産党演説会に県内各地から会場いっぱいの1,800人が参加しました。初めての参加者も多く、終了後に握手していてもそれがよくわかりました。

私が司会を務めましたが、県市民連合を代表して坂本恵氏が連帯挨拶。増子輝彦参院議員、金子恵美参院議員、三保恵一二本松市長からもメッセージが寄せられました。

来年の参院選の比例予定候補7人のうちの1人北海道・東北ブロックの紙智子参院議員、野口てつろう福島選挙区予定候補が決意表明し、岩渕友参院議員も訴えました。来年の参院選は比例代表で850万票15%、福島県で13万票が目標です。

 

 

また、来年11月の県議選を戦う第1次予定候補、現職の私神山、宮川、宮本、吉田県議の4人と、阿部裕美子県議と交代する大橋さおり予定候補も決意を表明。なお、大橋さおりさんは、今年10月の県知事選挙と同時に戦われる伊達市・伊達郡の県議補選にも出馬します。

小池書記局長・参院議員は、改ざん、隠ぺい、ねつ造、セクハラなどの異常事態が次々と発生しましたが、それに対抗する野党共闘が進み、院内集会や野党のアリングを何度も開催し野党が一致して論戦してきたと紹介。北東アジアの平和と憲法9条改憲阻止、貧困と格差問題などを解明。さらに、福島の原発事故への対応についても原発ゼロ法案を野党が一致して提案し審議待ちになっている状態にあること。モニタリングポストの撤去方針や汚染土再利用計画についても共産党と市民運動と結んで現実政治を動かしているとと述べ、来年の参院選挙こそ安倍政権を退陣させる絶好のチャンスと述べました。

一方で共産党は独自の努力も必要と述べ、共産党の綱領と共産党の党名への疑問についても解明し、共産党を伸ばして頂くこと、共産党への入党もよびかけました。

避難地域等復興・創生対策特別委の県外調査~福岡と熊本の被災地、「人間の復興」を掲げる関西学園研究所、福井県敦賀の「ふげん」へ

7/30~8/1は、県議会の避難地域等復興・創生対策特別委員会で、九州の福岡県と熊本県、兵庫県、福井県の県外調査でした。

まず、福岡県議会から、昨年7月と今年7月の2度も豪雨災害を受けた対応や教訓について説明を受けました。このあと、朝倉町へ移動し、豪雨災害の町の対応をうかがいました。

 

 

 

 

 

 この写真は、2016年4月の二度にわたる「震度7」を観測した熊本県益城町で、布田川断層がずれた3つの地区のうちの1つ、民家の前を貫いた30~40mの長さの谷川(たにごう)地区のV字断層の現場です。学術的に高く災害遺構として貴重と、昨年11月に国天然記念物答申「布田川断層帯」となり、この家の方は別の場所に転居されたそうです。

現地視察前に、益城町の仮役場では町長が挨拶され、その後職員から説明を受けました。

* *  *   *    *

8/ 1は、「人間の復興」を提言している兵庫県の関西学院大学災害復興制度研究所を訪問。キャンパスは、絵のように美しい。その中を通って研究所へ。しかし、この日もものすごい暑さでした。

野呂所長(写真左)と山口顧問:初代所長(写真左)のお二人から、原発被災した福島での実践活動や提言の内容、被災者の生活支援法案などについてお話を伺い、意見交換しました。
阪神大震災、火山爆発や豪雨災害、東日本大震災、福島原発事故復興や避難者支援を実施し、被災者支援法など政策提言をしたり、たくさんの本を出版しています。

* *   *    *

8/2は、特別委員会視察最終日。福井県の日本原子力研究開発機構 敦賀事業本部:原子炉廃止措置研究開発センターへ。
「ふげん」は、1979年に初臨界から25年運転し、2003年3月に運転を終了。準備期間を経て2008年2月から廃止措置に入っています。

 

 

 

 

 


このふげんやもんじゅの廃炉・解体技術を、福島第一原発の廃炉に生かしていくとしていますが、もちろん、事故を起こした原発の廃炉作業と、単に廃炉にするのとは違う、との認識はあるようです。説明を受け、施設内を見学。


放射線線量は、だいぶ低いので白衣を着て帽子とヘルメットをかぶり、白い手袋と靴下、専用の靴をはいて地下階へ。外気温は30度超えで、建屋地下はサウナに入ったよう。背中から汗が流れ落ちます。作業員は、現在社員100人╂協力企業150人。稼働中はこの2倍だったとのこと。この他、使用済燃料やトリチウム水の扱いについても質問しました。

ふげんは、敦賀半島の1つの入り江に建設されています。静かな漁村で、海の水が透き通る沖縄の海のように美しい海水浴場も。しかし、国策でこの半島全体に、さまざまな原発施設が集中立地しているのです。

岩手・宮城・福島の被災3県で政府交渉/復興庁の今後は?トリチウム汚染水の海洋放出、リアルタイム線量計撤去、汚染土再利用計画はやめよ!学校教室にエアコン設置を!

7/26、岩手・宮城・福島被災3県の政府交渉を行いました。紙智子参院議員、高橋千鶴子衆院議員、岩渕友参院議員が同席し、各県の参院選予定候補や県議、市議などが参加。
福島県からは、野口参院選予定候補、県議団から神山、宮川、阿部、宮本、そして喜多方市の矢吹市議が参加しました。
福島県の要望では、原発事故対応に関しては、東電はようやく第二原発廃炉表明はしたものの、賠償請求になかなか応じない態度や、トリチウム汚染水の海洋放出問題、リアルタイム線量計撤去方針について、私たちの意見を述べながら国の考えを求めました。
一方、環境省は、汚染土再生利用実証事業をしようとしていた二本松市については、地元の理解が得られないことから、業者との契約を解除したこと。つまり、事実上撤回したと答弁しました!
いわき市遠野のメガ風力発電には、4月に改正したアセス法ては、市の条例などがあれはそれに準ずる対応を事業に求めると答弁。いわき市は水源保護条例(私は土砂災害危険箇所と発言しましたが訂正します)があると指摘。担当者は市条例は初めて知ったと述べ、検討したいと回答しました。
また、猛暑が続く小中学校へのエアコン設置も緊急要望に加えました!

二人目の孫が誕生しました!


今月6日、七夕の前日に二女が2人目を出産しました。2,500グラムちょうどの女の子です。
お姉ちゃんになった上の孫は、今年小学校に入学したばかり。私は初孫誕生の時は3・11があった11月。ちょうど私の県議選真っ最中に誕生しました。今回は、きょうから娘の産後の家事手伝いのため7月下旬まで関東圏に滞在予定です。みなさま、留守中よろしくお願い致します。

お姉ちゃんになった上の孫は、ママが赤ちゃんをお風呂に入れる姿をパパのカメラを借りてパチリ。小さなカメラマンです。