前進座「怒る富士」と原発被災の福島県民

3/31、郡山市民文化センターで前進座が「怒(いか)る富士」を上演しました。この作品は、新田次郎の原作です。宝永山が噴火して富士山麓の村々が灰に埋もれ、時の幕府は廃村とし、棄民政策をとるのですが、それにあえぐ農民たちと、彼らを守ろうと命を懸した関東郡代・伊奈半左エ門との物語です。

私は、以前にも前進座のこの作品を国立劇場で観劇しています。しかし、今回ほど伊奈半左エ門が直訴した時代と、今まさに福島県民に現実に起きているとぴったり重なっていると感じたことはありません。

上演された3/31は、広野・川内村や県外の自主避難者への住宅提供が打ち切られた日であり、大熊町・双葉町を含む帰還困難区域を除いてすべての避難区域が解除された日です。飯舘村、川俣町山木屋地区、浪江町は3月末に、富岡町が4/1に解除されました。しかし、住民説明会では「時期尚早」との声が上がっていました。安倍自公政権は、原発事故から丸6年を経過したことをもって「福島県民切り捨て」を実行したのです。

伊奈半左エ門が幕府に直訴する場面は、私の2月県議会の総括質問を思い出しました。伊奈半左エ門も訴えていましたが、私も仮設住宅の打ち切りは、決して強制的な退去としないよう、人道的な対処をと県に強く求めたばかりでした。その一方で、県は国と一体になって、復興の名の下、「イノベーション・コースト構想」で約700億円を新年度予算に計上。研究拠点の各施設整備費にも多額の国費が投入されました。これらの金額を明示させ、県の姿勢を追及しました。

ところで、2月県議会で自民党は、代表質問で原発事故は「天災だった」との所信を述べたのです。しかし、2012年12月県議会で、前佐藤雄平知事は「今回の福島原発事故は、人災だった」との認識を答弁しています。私たち共産党は事故前から地震・津波対策を何度も国・東電に申し入れていたこと、前知事のこの答弁を指摘し、自民党の認識の後退を厳しく批判しました。7年目に入る福島の自民党の姿です。


郡山の川内村と富岡町の仮設住宅を党救援ボランティアメンバーと訪問

3月末で仮設住宅を退去させられた川内村の避難者が、実際はどうなっているか、郡山市内にある川内村と富田町の3ヶ所の仮設住宅を党救援ボランティアセンターのメンバーと訪問しました。

川内村のそれぞれの仮設住宅では、この日引っ越し作業をしている方が何人かいました。電気・ガス・水道が4月に入るとすぐに打ち切れるとの話が出ていたので心配でしたが、県議団の緊急要望で指摘していたこともあってか、県は非人道的な対応をとらなかったようです。ホッとしました。

しかし、帰還してからの生活の方が心配です。高齢者だけが村に帰っていくのですから、さまざまなことが心配されます。今後も支援が必要になってくると思っています。

 


郡山市内に11番目の新駅「JR富田駅」が開業

4/1、郡山市富田町と冨久山町八山田の間に、JR磐越西線の新駅・富田駅が88年ぶりに開業しました。旧県農業試験場内に県が建設した医療機器開発支援センターのそばです。式典には、岡田市議も一緒に参加しました。

冨久山町八山田地区と喜久田町に住宅地がどんどん広がっています。実は、この駅の設置は国鉄分割民営化が実施される前から国労分会の中でわが党の同志が提案し、国労全体の要求になったのが最初でした。40年以上前です。


郡山駅東口に念願のエスカレーターとエレベーターが設置され、本日開通式

30日、郡山駅東口に、10年越しで要望されていた念願のエスカレーターとエレベーターが設置されました。きょうは、その開通式でした。

東部地域のみなさんは、これまで駅の長い階段を苦労して使用していました。特に、高齢者や車イスの障がい者、ベビーカーのママにとっては大変不便でした。旅行に出かける方も、キャリーバッグを手で持って階段を登らねばなりませんでした。

共産党市議団の市民アンケートには、必ず要望事項に上がっていたもので、党市議団は市議会で度々この問題を取り上げてきました。

きょうの式典では、品川市長の挨拶、事業部長の概要説明、知事の代理で県土木部参事が挨拶。自民党の根本匠衆院議員は、社会資本整備交付金の国庫補助がついたのは、アベノミクスのお蔭だなどと挨拶で述べていましたが、そもそもJR東日本が自ら整備すべきものを地元の郡山市がようやく決断したからです。市長にとっても4月の市長選を前にになんとか間に合ったというところでしょう。

とはいえ、東部地域のみなさんにとっては、大変使い勝手がよくなります。西口とも連絡通路で行き来がしやすくなります。

また、式典では、東口広場や樹木の清掃や草取りを毎月続けている市東部婦人会に感謝状が送られました。写真は、そのみなさんと一緒です。

 

 


八法亭みややっこさんを迎えて憲法噺~郡山新春のつどい

郡山安達地区委員会の新春のつどいは、3/26の午後に開かれ、八法亭みややっこさんを迎えての「憲法落語噺」でした。みややっこさんは、現役の弁護士で、東京26区の衆院予定候補でもあります。

折しも、森友学園の国有地の安価な払い下げをめぐり連日国会で大問題になっていますが、この学園の幼稚園で戦前の教育勅語を園児に暗唱させていたことに驚きますし、憲法違反です。

自民党の改憲案をこのあたりから解明。軽妙な語りに最初はなかなか乗れないでいた参加者も、だんだん調子を合わせられるまでに。用意したみややっこさんの本のサイン会も盛況で、完売でした。

司会は、岩崎真理子市議、主催者を代表して高橋善治市議・地区委員長が挨拶しました。


福島県原水協が結成60周年

26日午前は、福島健原水爆禁止協議会が結成60周年の祝賀会を開催しました。

この翌日から国連で核兵器禁止条約締結のための会議が始まるという、タイムリーな日です。しかし、日本政府はアメリカの核の傘の下でこれに反対を表明し、この会議にも出席するかどうかがこの日の報道でした。被爆国日本政府のとるべき態度ではありません。

私も来賓挨拶で述べましたが、広島、長崎、ビキニ環礁の第五福竜丸と3度の被爆を受けたのが日本です。

60年もの長きにわたり核兵器廃絶のヒロシマ・ナガサキからのアピール国際署名活動を続けてこられたすべてのみなさんに心から敬意を表します。今度は、核兵器禁止条約締結に向けて、新しい扉を開いていきましょう!

県被団協の副会長さん、県議の私、秋田原水協の方が来賓挨拶。このあと、医師として広島の被爆者の治療・研究に長年携わり、震災前に福島市に戻り、現在わたり病院の医師として勤務している斎藤平紀先生の学習講演会でした。

科学者として、歴史的経緯も含めて解明し、福島の原発事故に至る過程と現状についても話をされました。


地元の小学校卒業式へ~震災・原発事故直後に入学したみなさん、卒業おめでとう!

23日、私の母校、郡山市立宮城小学校の卒業式に出席しました。14人の6年生は、卒業証書を受けとったあと、在校生と校歌を歌い別れの言葉を交わし合って式が終わりました。ご卒業、本当におめでとうござます。

6年前に入学した時は、東日本大震災・原発事故直後でした。入学式は、4月半ばになり、しかも体育館が地震で使えないため入学式は図書室で行ったそうです。

そして、夏になっても子どもたちは長袖のシャツ、外では遊べず、プールもできず、教室は窓を閉め切り扇風機を持ち込んで暑さをしのいだこと。春の運動会が秋になったと、PTA会長が挨拶で述べられました。子どもたちの小学校生活は、まさに、大震災と原発事故と共にあった6年間でした。

あの当時、私たちは県議会で、教室にエアコンをと各会派が教育長に求めたことを鮮明に思い出しました。

ところで、ここの小学校の体育館の耐震補修工事は、直前に終わりばかりです。新しくリニューアルされた体育館で、卒業生を送り出すことができてほっとしているとは、校長先生の言葉です。


自主避難者への住宅提供の強制退去はしないよう県へ緊急申し入れ

22日、県議団は、3月31日に迫っている自主避難者への住宅無償提供を強制的に退去を迫ることをせず、人道的な立場で対応すること、避難市町村に対しても周知徹底を図り、必要な支援を行うよう求めました。

避難地域復興局の成田局長が申し入れ書を受けとりました。


福島なりわい裁判が結審~10月に判決です

3/21、福島なりわい訴訟の裁判が、福島地裁で結審しました。判決は、今年10月です。

群馬県前橋地裁の判決は、地震・津波対策を怠った東電と国に責任があったと、明確に断罪した初めての判決です。福島のなりわい訴訟にもよい影響を与えてくれるよう、私たちも新たな戦いへ!

あいにくの雨でしたが、生業を返せ!地域を返せ!原発いらない!と原告団のみなさんが県内各地から集まり福島市内をデモ行進し裁判前へ集合。私たち県議団も駆けつけました。

この日、4万8千筆の署名が裁判所に提出されました。NHKも夜の県内ニュースで報道。


「2017原発のない福島を!県民大集会」に5,700人

18日午後、郡山開成山陸上競技場で開かれた「2017原発のない福島を!県民大集会」に参加。県内外から5,700人が集いました。会場では、岩渕友参院議員と宮川県議、久保田県委員長らにも会いました。主催者を代表して小渕真理さんが挨拶。特別ゲストとして香山リカさんが挨拶されました。被災地からの報告は、浪江町の馬場有町長、大熊町の渡辺さん、DAPPEの青年が訴えました。

集会後、会場を出て市内をデモ行進。原発いらない!第⒉原発廃炉!とシュプレヒコール!