大橋さおり県議が初質問/一般質問で登壇

18日、大橋沙織県議が一般質問で登壇し、初質問。堂々たる質問で知事と教育長に迫りました!大橋さおり県議は28歳。県政史上、女性最年少当選者です。

大橋県議は、台風19号等の避難所の改善を求め、温かい食事の提供は命に関わる重要な問題と指摘。災害救助法にこれらの対応をするよう明記されていると、知事に迫りました。知事は、温かい汁ものは提供されていたと答弁。これに対し、全ての避難所の実態を調査するとともに、改善が必要と再質問・再々質問で迫りました。

また、伊達市・伊達郡で多く発生した河川改修や土砂災害へ対応を質問。農地の土砂流入災害について、これまでの40万円以上の被害への支援制度はありますが、これに加えて、激甚災害のみですが、13万円以上40万円未満の「小規模災害」でも市町村単独事業で対応できるという、この周知を図るよう求めました。

さらに、宅地への堆積土砂排除についても、土砂にがれきが混じっていれば支援対象になります。国交省と環境省のどちらでも扱うとのことです。

もう1つは、県立高校統廃合問題です。川俣高校機械科を廃止方針と、保原高校定時制を廃止し福島中央高校に統合し夕間部にする方針について、地元の存続を求める声を紹介し見直すよう求めました。しかし、教育長は方針を変える姿勢はありません。

代表質問で登壇/台風19号等の被災者支援、河川予算の拡充、県の石炭火発中止、学校給食費無料化、公立病院等の統合再編中止を

16日、県議団を代表し、代表質問で登壇しました。30分間の質問のうち約半分近くが10月の台風19号災害を対応について質しました。

県は、12月補正予算で、国の被災者生活再建支援法の対象にならない「半壊及び床上1m未満の被災家屋」に対し、1世帯10万円の県の上乗せ特別給付金18億5,000万円を計上。これまでも県に求めてきましたが、ようやく県が決断しました。しかし、10万円では、家電1~2台分にしかなりません。知事には、国の再建支援法の限度額を500万円以上に引き上げ、半壊も対象にすること。県の上乗せ「1世帯10万円」をさらに拡充するよう求めました。

台風19号災害への対応については、避難所の生活改善や罹災証明書発行の遅れなどの初動対応を検証すること。災害に強い県土づくりのために、河川事業予算の拡充、遊水地等の設置、人命尊重の立場からダムの事前放流を利水者と連携して対応すべきと求めました。

原発事故からの復興のあり方についても知事に質し、県政世論調査で、県民がイノベ構想を「知らない」が83%、そして県政に臨むことは、医療・介護、子育て支援、公共交通の整備をあげていると指摘し考えを質しました。県には、特に石炭ガス化複合発電(IGCC)中止を求めました。今回の台風災害の大きな原因に気候変動があること明らかだと指摘。県に対し、原発の安全は廃炉作業と避難者や賠償打ち切りをやめるよう求めました。

台風19号災害への対応については、避難所の生活改善や罹災証明書発行の遅れなど、初動対応を検証すること。災害に強い県土づくりのために、河川事業予算の拡充、遊水地等の設置、人命尊重の立場からダムの事前放流を利水者と連携して対応すべきと求めました。

一方、国が全国の公的・公立病院の再編統合を県内8病院名をあげて公表したことに対し、県は地域医療を守るよう求め、10月から消費税を10%に引き上げておきながら「全世代型社会保障制度の改悪」を進め、さらなる国保、介護保険、医療費の負担増中止を国に求めるべきと質しました。

さらに、学校給食費の無償化、県立高校統廃合の中止、高齢者バス・タクシーの無料化や車の安全装置への補助などについても県の考えを質しました。

 

県議会6常任委員会の委員長、副委員長すべてを自民党会派が独占に抗議し、反対!

11日の本会議は、6常任委員会の委員長・副委員長の選任について採決。共産党は、常任委員会のすべてのポストを自民党が独占することに抗議し反対。県民連合会派も同様の態度をとり、結局、賛成は自民・公明の県議だけの賛成でした。

県議会児童虐待防止に関する条例検討会の第1回目検討会

11日、県議会提案条例検討会がスタート。今回は、「児童虐待防止に関する条例案」検討会です。自民党が東京都などの条例などを参考にしたものを提示。これを検討するため、共産党は私神山がメンバーになりました。

この日は、さっそく関係する県の3部局のこども未来局、教育庁、警察本部から説明を聴取しました。私からは、今年度から各児童相談所に配置された警察からの派遣職員の対応状況などについて質問。また、自民党案に対しても、虐待の背景にある貧困問題の視点、親への研修プログラムが必要ではないかと意見をのべました。

今後、12月県議会中にWGで連日内容を検討し、来年2月県議会に条例案を提出するという、超過密スケジュールになっています。ご意見あればぜひ、お寄せ下さい。

12月県議会が開会/議長、副議長選挙、議会構成決まる

12/10、午後1時、県議選後の今期初の12月県議会が開会し、私たち共産党5人の県議団は、新人の大橋さおり県議と共に初議会に臨みました。

新人の大橋さおり県議を含め5人の党県議団です。なお、県議会は自民党31人、県民連合18人(国民民主10、立民2、無所属5)、共産党5人、公明党4人の4会派です。

きょうは、県議会議長選挙と副議長選挙が行われ、大橋さおり県議が選挙立会人になりました。議長選挙・副議長選挙は、自民党のポスト独占に抗議の意味を込めて議長選挙は神山、副議長選挙は県民連合の宗方保県議に投票。選挙の結果、議長は自民党の太田光秋氏、副議長は同長尾トモ子氏に決まりました。

 

この間、私が世話人会のメンバーに入り、この日まで新県議会の構成などについて協議してきました。吉田栄光座長(前議長)に対し、県議会のポストや常任委員会ポストについては、わが県議会の伝統を生かし少数会派を尊重し民主的運営を行うよう申し入れました。

また、福祉公安常任委員会に共産党を排除している異常なやり方を改めるよう世話人会でも意見を述べ抗議もしましたが、結局、自民党が数の力で決定する横暴なやり方を変えませんでした。交渉会派は5人とすることについて、1人でも会派であれば認めるべきと反対しました。

知事がようやく、台風被災者に県独自の上乗せを発表‼/27日の知事申し入れで県議団も要望済み

12/3、知事はきょうの定例定例会見で、12月補正予算を発表し、国の被災者生活再建支援法の対象外となる「半壊及び床上1m以下の浸水世帯」へ『1世帯10万円の県独自の上乗せ支援金を給付する』と発表しました。ただし、一部半壊は対象外です。

現在の罹災証明書発行の状況から、約18,5700世帯を対象に、補正18億5,700万円を計上します。今後、対象者が増えれば予算は拡充します。
共産党県議団は、これまでも岩手県のような県独自の上乗せ支援の実施を何度も求めてきました。台風19号を受けた直後の10月15日の県への申し入れでも、また11月改選後の去る27日の知事申し入れでも、12月県議会と来年度予算要望(第1次)の中で再度要望していました。

今回は、県議選後に自民党や県民連合会派も知事へ要望。実は、11月の県議選中、11/5の知事の定例会見で県独自に支援は考えていないと表明したことから、私たちは被災者に冷たい知事の姿勢を批判し、選挙戦でも訴えていました。被災者の実態をみれば当然の支援です。

 

 

 

 

 

安倍首相後援会で「桜を見る会」の前夜祭

13日付、しんぶん赤旗は、安倍晋三首相主催の「桜を見る会 前夜祭の怪」~首相後援会収支報告書なし~
また、2016年4月9日の安倍晋三首相主催の「桜を見る会」に参加した「安倍晋三後援会」の貸し切りバス(写真)。

今年4月には、貸し切りバス17台で「桜を見る会」に参加したとされています。田村智子副委員長が国会で取り上げてからメディアも注目。野党追及チームもつくられました。これは明確な公選法違反しょう。その「前夜祭」の費用はどこが負担したのか、国会で徹底究明が必要です!