「秘密保護法案」自公・みんなが強行採決~福島公聴会で7人全員が反対を表明!

26日、特定秘密保護法案を審議する衆議院特別委員会で、自・公、みんなの3党は福島での公聴会の反対・慎重を求める声や、国内外の各分野からの多数の反対世論を押し切って、午前中の委員会で強行採決。

 そして、夜開かれた衆院本会議でも、反対り世論を無視し賛成多数で可決したのです。日本維新の会の態度はあいまいです。明日以降は、参議院で審議されます。

森雅子担当大臣は、本県出身。きょうの地元紙のインタビューで「この法案は福島のための法案。テロから子どもたちを守るもの」などと発言していますが、とんでもない!

 市内の党職場支部の読者ニュースでは、「拝啓 森まさこ様。戻してほしいのは、原発事故前の福島であって、戦前の日本ではありません!」と呼びかけていますが、そのとおり!

 国民の目、耳、口を封じる民主主義を否定するこの法案は、戦前の治安維持法と同じで、現憲法の「知る権利」や平和主義、民主主義、基本的人権を踏みにじる恐ろしい憲法違反の法案です。「何が秘密であるのかも秘密」とされ、最高10年の懲役に処されるのです。廃案しかありません。神山ファイル

昨日25日、国会の特別委員会が福島市で全国で唯一地方公聴会を開催。国会議員が到着する福島市駅前では、県労連などが朝9時から宣伝行動。この行動には郡山からも参加しました。私は、地元で定時定点の朝の街宣場所から訴えました。

福島の公聴会では、浪江町の馬場町長や県弁護士会など、自民・公明の推薦人を含め7人全員が反対・慎重を求める意見を陳述。原発事故後に情報が隠され、被害が拡大したことも述べました。

しかし、自民党は「理解されたもの」などと述べて終了。福島の公聴会での意見も反対の世論も無視し、26日強行採決に持ちこんだのです。

 

神山ファイル 12826日の夕方、急きょ郡山駅前で郡山憲法共同センターによる抗議の宣伝署名行動が取り組まれました。青年や女性団体、共産党からは私や地区常勤者など20人が参加し、仕事帰りの市民にアピールしました。

 郡山駅前は、早くもイルミネーションに彩られていましたが、こんな平和な日常が壊されてはなりません。

神山ファイル 130

        神山ファイル 119            【先週の土曜日の署名行動に参加】

投稿者:

e-kamiyama

 現在5期目です。子どもや女性、お年寄りにあたたかい政治を!庶民の目線と現場主義をモットーに頑張ります。

「「秘密保護法案」自公・みんなが強行採決~福島公聴会で7人全員が反対を表明!」への2件のフィードバック

  1. 神山県議様、毎日お疲れ様です。

    先日は、復興庁の参事官との直接交渉の場を作って頂きありがとうございます。

    この法案の強行採決は本当に納得できません、なぜこんなに急ぐのでしょうか?
    民意を無視した政策ですよね、福島で行った公聴会は無意味なものとなりましたね。

    これからも神山県議の活躍を応援しています、私達の生活を守ってくれるのは共産党しか有りません。
    益々の活躍を祈っています。

    御身体に気をつけて頑張って下さいね。

  2. さっそくのコメントありがとうございます。
    先日の交渉でも具体的でわかりやすく実状を話して頂いて助かりました。力を合わせて頑張っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください