ひだん連のみなさんが、自主避難者の住宅供与の継続を求め来室

12/1、ひだん連のみなさんが、自主避難者への住宅無償提供を県が来年3月末で打ち切ろうとしていることに対し、「継続」を求める請願を12月県議会に提出するため各会派に要請来られ、きょうは県議団控室に来室されました。

SONY DSC
SONY DSC

12月県議会は、来週6日に開会され21日に閉会予定です。今議会は、吉田英策県議が代表質問、宮本しづえ県議が一般質問、討論は私が行う予定です。

この避難者支援の打ち切り問題はじめ、農林業の賠償、除染対策、そして11月22日の余震による第二原発3号機での燃料プールの冷却停止と情報の遅れ問題、第二原発廃炉の国に明言すること。さらに、安倍倍暴走政治と県民生活を守る県政などについて、医療、介護、福祉、教育問題等にについて質していきたいと考え、現在準備中です。

投稿者:

e-kamiyama

 現在5期目です。子どもや女性、お年寄りにあたたかい政治を!庶民の目線と現場主義をモットーに頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください