11月県議会開会、知事の2期目スタート                                     県職員給与引き下げで反対討論

 29日から県議会が開会となりました。今年の県職員の給与・ボーナス引き下げを12月分から適用させるため、12月県議会を前倒しして開かれ、12月14日に閉会となります。

 今議会から佐藤雄平知事の2期目スタートです。知事の所信表明では、知事選で訴えた「活力」、「安全・安心」、「思いやり」の3つについての内容を述べ、従来から述べている観点とほぼ同じです。

 ただ、「暮らしを守る知事の最大の使命はしっかりとした経済基盤を築くこと」と述べたことは選挙戦を通じて厳しい県民生活の実態にふれた実感からでているようです。

 一方、4つの基本姿勢を明らかにし、「県民の視点を大事にする県政」、「県民とともにつくる県政」」、「総合力を発揮する県政」、「最小で最大の効果を生み出す県政」をあげています。私たちのこの間の指摘受けてのものもあれば、他党の要求も入っているようです。 

 11月県議会に提案される補正額は、約51億7,300万円で今年の累計額は9,101億円になります。その他条例改正など23件、国土利用計画の全部変更など条例以外の議案など16件、合計45議案が提案されました。

 

 きょうは、他の議案に先立ち職員給与引き下げ関連議案8件が採決に付され、議員や特別職、教育長の引き下げには賛成しましたが、一般職員の引き下げ6件議案に反対し、私が県議団を代表し討論を行いました。

 今回の影響額は約21億円、3万人の職員が影響を受けます。ただし、県独自にカットしている5%カット分は12月分に限り凍結となり、それでも8億円の影響額となります。

投稿者:

e-kamiyama

 現在5期目です。子どもや女性、お年寄りにあたたかい政治を!庶民の目線と現場主義をモットーに頑張ります。

「11月県議会開会、知事の2期目スタート                                     県職員給与引き下げで反対討論」への1件のフィードバック

  1. 去年、発表した福島県暴力団排除条例案の審議は、まだでしょうか?寿泉堂総合病院の新しくできた高層マンションとの複合施設や大東銀行本店、NTT郡山支店、郵便局などの近くに暴力団の事務所がある為、とても怖いです。歩く場合は周囲を警戒するしかありません。福島県は、なるべく今年中に暴力団排除条例案を可決・施行して治安整備を強化する政策をしてほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください