県議会の主要ポスト独占は認められない!と自民党会派に緊急申し入れ

30日に臨時県議会が招集され、後半2年間の各常任委員会の所属と議会運営委員会や各協議会等の所属が決まりましたが、今回も各常任員会の正副委員長と議長・副議長など主要ポストの人事は、自民党・公明が独占しました。

実は、ちょうど総選挙の最中でしたが、代表者会議が2回開かれ私たち共産党は福祉公安委員会への所属を要求していました。しかし、自民党・公明党は、共産党県議団を福祉公安委員会に入れないよう策動。民進会派もそれに賛同したため、私たちの希望は今回も排除されたのです。

私は、代表者会議で議長と自民、民進の両会派に対し、「今回も入れないとなれば共産党は8年間も福祉公安に所属できないことになる。諸派の時代も交渉会派入りしてからも入れないのは、異常と考えないのか。私たち共産党県議団は納得していない!」と強く抗議。各派交渉会でも宮本しづえ県議が抗議しました。私たちは、全国でも低い水準にある本県の福祉行政をもっと前進させたいと、本会議での質問には必ず入れていますが、委員会での十分な審議ができないのは本当に悔しい限りです。

さて、30日の臨時県議会では、後半の2年間の所属が決まりました。総務委員会は吉田英策県議、企画環境委員会は宮本しづえ県議、商労文教委員会は神山、農林水産委員会は宮川えみ子県議、土木委員会は阿部裕美子県議です。

ところで、すでに地元紙で、自民党独占の人事が報道されていたことから、30日朝、共産党県議団は自民党議員会長へ、「県議会の主要ポストを自民党が独占するのは認められない~県議会の民主的運営を求める緊急申し入れ」を行いました。応対したのは、次期政調会長の西山県議です。

私たちは、これまでも一貫して主張してきましたが、議長は第1会派から、副議長は第2会派から選出することをルール化すること。各常任委員会の正副委員長についても、会派への比例配分とすることを求めました。
福島県議会の定数は58人で、現総数55人のうち自民党27人、民進・県民連合19人、共産党5人、公明党3人、未来ネット1人です。採決では、民進・県民連合会派と連携し、各常任委抗議の意味で共産党は神山へ投票し5票、副議長選挙では民進会派の宗方保氏に投票し24票でした。原発事故という未曽有の被害を受けた県民の多様な意見を反映する県議会とするためには、県議会の民主的運営は欠かせないと考えます。みなさんいかがでしょうか。

投稿者:

e-kamiyama

 現在5期目です。子どもや女性、お年寄りにあたたかい政治を!庶民の目線と現場主義をモットーに頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です