「避難先と避難元自治体の連携を考える」~葛尾村元職員と三春町元町長が講演/自主避難者雇用促進住宅追い出しで裁判

25日、県自治体問題研究所の主催で、昨年夏に帰還困難区域を除いて避難指示が解除された葛尾村の元職員から現状報告を頂きました。また、避難者を受け入れた三春町の元伊藤町長が講演しました。
原発事故を受けて6年9ヶ月になろうとしていますが、避難自治体ごとに課題はみな違います。


山形県に避難した自主避難者が、3月末で住宅無償提供が打ち切られ、雇用促進住宅から退去の訴えを起こしました。赤旗北海道・東北版が報道。

投稿者:

e-kamiyama

 現在5期目です。子どもや女性、お年寄りにあたたかい政治を!庶民の目線と現場主義をモットーに頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です