宮川県議が討論、16年度決算に反対/障がい者施策が大きく前進~手話言語条例と障がい者基本対策条例制定へ、伊達・安達・南会津に特別支援学校を新設

12月県議会は19日に閉会しました。議案に対する討論と2016年度普通会計決算の反対討論を宮川えみ子県議が行いました。
知事提出議案の居住実態のある津波・原発被災者の住宅追い出しや県議会議員や知事等特別職の期末手当引き上げには反対、「憲法9条の改定に反対する意見書」は可決すべきと討論しました。
* * *    * * *
💛12月県議会で、障がい者施策で県民要求が大きく前進しました。知事は自民党の代表質問に答弁する形で、障がい者差別解消法に基づいて「県の障がい者基本対策条例制定」と、「手話言語条例制定」を表明。また、教育長は、「新たに伊達・安達・南会津の3地区に特別支援学校を設置する」と表明。いずれも共産党県議団が何度も本会議で質問してきた課題です。来年秋には知事選があります。

投稿者:

e-kamiyama

 現在5期目です。子どもや女性、お年寄りにあたたかい政治を!庶民の目線と現場主義をモットーに頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください