みんなで新しい県政をつくる会が副知事交渉

20日、みんなで新しい県政をつくる会が副知事交渉を行いました。重点項目の要望について、畠副知事が応対しました。

原発事故対応では、なりわい判決を生かし国東電の加害責任を求めること。新潟柏崎刈羽原発の再稼動中止、避難者や賠償など県民切り捨てを国・東電に求めやめるよう求めたほか、医療・介護で医師や看護師不足、介護職員の県の処遇改善などについて要望しました。

 

投稿者:

e-kamiyama

 現在5期目です。子どもや女性、お年寄りにあたたかい政治を!庶民の目線と現場主義をモットーに頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です