農民連のチェルノブイリ報告会

農民連が昨年訪問した、チェルノブイリ視察の報告会が、郡山医療生協多目的ホールで開かれました。
同行された木村真三さんが、基調講演。このあと、菊地さん、坂本さん、菅野さん、馬場町議が報告。
残念ながらお通夜に行くため、馬場町議の報告は聞けませんでしたが、二本松東和町の菅野正寿さんの報告は、農業者からみたチェルノブイリ原発事故と福島原発事故の被害の違いは、土壌の質に違いがあるなど、なかなか興味深い内容でした。

投稿者:

e-kamiyama

 現在5期目です。子どもや女性、お年寄りにあたたかい政治を!庶民の目線と現場主義をモットーに頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です