県教委に対し、自衛隊の教育介入に抗議し、市町村教委あて文書の撤回を求め、申し入れ

28日、県教委が23日、市町村教育長あてに5月17日の自衛隊福島地方協力本部長名でのチラシ配布能応募依頼文書を添付し、各小・中・特別支援学校長への周知するよう求める通知を送付しました。

これは、海上自衛砕氷艦「しらせ」が持ち帰った「南極の氷」を、「総合小中学校の総合学習の時間に活用し、自衛隊の理解と認識を深めることを目的」にしています。これは、教育への介入であると厳しく抗議し、通知文書撤回を申し入れました。

 

 

投稿者:

e-kamiyama

 現在5期目です。子どもや女性、お年寄りにあたたかい政治を!庶民の目線と現場主義をモットーに頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です