来年7月の参院選挙の選挙区予定候補は野口哲郎県書記長を擁立/比例は紙智子参院議員

共産党福島県委員会は、来年7月の参院選挙の福島選挙区予定候補として、党県書記長の野口哲郎さんを擁立することを10日午後、県庁記者クラブで会見し発表しました。

野口哲郎さんには、民青時代に青年の雇用問題についてインタビューし私のニュースに登場して頂いたことがあります。県議会に青年の雇用問題で請願を提出し、採択されたことも!

野口さんが述べたように、この3人が現在それぞれの分野で大活躍中です。野口さんは、岩渕友さんが2年前に比例区から参議院議員に当選後、党県委員会の被災者救援ボランティアセンターの責任者を引き継ぎ奮闘しています。

私は、県内の党地方議員を代表し、第二原発廃炉を確実にすすめるとともに、安倍政権の原発再稼動やイノベーション・コースト構想など財界中心の復興のあり方を見直し、社会保障の切り捨てをやめ、遅れている浜通りの医療・介護をはじめ、本県の医療・福祉・教育など「人間の復興」をめざす政治に転換させるため、来年の参院選で安倍政権を退陣に追い込みたい。参院選でも野党共闘をすすめながら、野口予定候補と力を合わせ戦っていきたいと会見で述べました。

みなさん、来年の参院選で、比例では紙智子参院議員の再選、選挙区で野口さんを国会に送るため、大きなご支援を共産党へよろしくお願い致します。

なお、7月29日(日)午後1時30分から、テレビでお馴染みの小池晃書記局長を招いて日本共産党演説会を開催します。紙智子参院議員、野口哲郎選挙区い呈候補もお話しします。会場は郡山市ユラックス熱海です。どなたでも自由に参加できますので、ぜひ、お出かけ下さい。

投稿者:

e-kamiyama

 現在5期目です。子どもや女性、お年寄りにあたたかい政治を!庶民の目線と現場主義をモットーに頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です