郡山市に対し、郡山地方農民連が台風19号による農業被害への対策を求め要望

23日、郡山地方農民連が、郡山市に対し台風19号による農業被害への対策を求める要望書を提出しました。

農民連の宗像孝会長が、要望書を手渡し、県議の私神山、高橋善治市議が同席。市は、永久保農林部長らが応対しました。

今回の台風19号は、農家にも甚大な被害をもたらしました。農機具や農業施設の浸水被害、水害で流れついたゴミや土砂の撤去、来年以降の作付けへの支援などです。

市は、台風15~16号被害を受けた千葉県などに適用した稲わら流出への支援など、使えるものをいかし、来年以降の営農への支援、廃業とならないよう国県とも連携して対応していきたいと回答。

投稿者:

e-kamiyama

 現在5期目です。子どもや女性、お年寄りにあたたかい政治を!庶民の目線と現場主義をモットーに頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください