県議選、最終日の訴え

福島県議選は、最終日を迎えました。
午前中は、岡田市議と共に市内西部地区を最後の訴え。とても暖かい日で、少し暑いくらいでした。
打ち上げは、水門町の選挙事務所前で。横一線、一票を争う厳しい選挙戦。台風災害の被災者に、今週はじめ、内堀知事は被災者生活再建支援制度に県独自の上乗せ支援をしない、と定例会見で表明した冷たい県政。それを支えているのが、共産党以外の自民党、公明党と他の会派の議員です。
この県政と県議会を変えて、河川整備予算を大幅に増やし、災害に強い県いのち守る県をつくっていきたい!

投稿者:

e-kamiyama

 現在5期目です。子どもや女性、お年寄りにあたたかい政治を!庶民の目線と現場主義をモットーに頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください