2月県議会で「福島県子どもを虐待から守る条例」を採択、新年度から施行

19日の最終本会議では、議員提案条例「福島県子どもを虐待から守る条例」が全会一致で採択されました。20年4月1日施行です。
県議会の全会派から委員を選出し(WGメンバーに共産党の私神山も入り)12月に条例検討会が設置されました。東京都などの同条例を参考に策定した自民党案を元に検討が始まりました。検討会では、3人の参考人から意見を聴取。12月末から1/20まで寄せられた県民からパブコメは76件にも上りました。私は、この意見を時間をとって協議すること。あわせて児相の現地調査も行うべきと提案。


この提案が採用され、中央児童相談所(福島市)を視察。また、パブコメの意見を条例案に照らし1つずつ協議しました。条例策定までわずか約2ヵ月程度の協議で議決するのは今回が初めてです。

しかも他会派と意見が対立する場面もありながら、逆に最も一致したのが老朽化している中央児童相談所の改築でした。当局は抵抗したものの議員提案条例だからと一致し、財政措置を最後の条文に書き込みまとめました。

最終的に私たち共産党も条例案の提案者とになり可決したのです。

🌸 県虐待防止条例のポイント 🌸
★ 子どもに対する虐待は重大な人権侵害である(第3条 基本理念)
★ 子どもの生命を守ることを最優先に行動する。子どもにとって最善の利益を考慮する(第3条 第2項)
★ 親権者による体罰の禁止~20年4月施行の児童福祉法の一部改正から(第6条 保護者の責務)
★ 虐待を受けた子ども及び家族等が相談しやすい環境を整備する(第13条 早期発見)
★ 児童福祉司等の専門職員を手厚く配置。施設等の環境整備に努める(第22条 児童相談所の体制強化)

以上が、主な特徴点です。

投稿者:

e-kamiyama

 現在5期目です。子どもや女性、お年寄りにあたたかい政治を!庶民の目線と現場主義をモットーに頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください