農業者の権利条項を削除しようとする「種苗法」改正は許せません!

安倍政権が「種苗法」を改定案を今国会に提出し、2021年4月の発効を、ねらっています。(写真:12日と明日の赤旗の連載記事)

これまで、農産物などの品種を育成した者の育成の権利を保護すると共に、種子の利用者である農業者の自家増殖を認めてきました。

しかし、今回の改定で多国籍大企業の権限を強める一方で、これまで認めてきた「農業者の自家増殖の権限条項を削除」しようとしています!

財界中心、アメリカいいなりで、国内農業つぶしと農業者の権利を奪う、自民公明の安倍政権に抗議の声を!!

投稿者:

e-kamiyama

 現在5期目です。子どもや女性、お年寄りにあたたかい政治を!庶民の目線と現場主義をモットーに頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください