県が独自に18才までの医療費無料化を決断/ 原子力損害応急対策基金400億円が交付決定

28日、平野達尾男復興担当大臣が来庁し、知事に18才以下の医療費無料化を見送る方針を伝えました。野田首相は関係閣僚に検討を指示すると約束していたのに、県民の期待を裏切る行為です。

県は、昨年11月に18才までの医療費無料化を国と野田首相にも直接要望していました。知事は国に強い不満をあらわにしたようですが、知事は「重要な施策なので県として実施することを検討する」と決意を表明しました。

 【29日付け福島民報のトップ記事で紹介】

    【同日、福島民友もトップ記事で】

 【同日、しんぶん赤旗もトップで報道。母親たちからは国に抗議の声も】

 本来なら、原発放射能による健康被害の支援は国が全面的に行なうべきであり、そのためにも18才までの医療費無料化は当然のことです。しかし、県が国を待たずに県独自で実施することは大いに評価できます。

問題は、県民や市町村負担なしの制度にすべきです。その財源は、別に国に要求するなどして、引き続き国へ働きかけていくことが必要です。

18才までの医療費無料化は、私たちが県議選で公約に掲げていたもので、12月県議会でも私が代表質問で取り上げ国が実施しない場合は県が実施すべきと求めていました。また、自民党や民主・県民連合も12月県議会終了後に県に要望書を提出していました。

ところで、同日平野復興担当大臣は、県が創設する「原子力損害応急対策基金」に約400億円交付すると決定したことを知事に伝えました。

県は、この基金で子どもたちが線量の低い地域で活動する際の補助や、学校給食の検査機器を整備するとしています。

さらに、県は国の損害賠償で線引きされ、対象外とされた県南や会津地方への賠償もこの基金から支出するとのこと。いずれも具体的内容はこれからです。

 

投稿者:

e-kamiyama

 現在5期目です。子どもや女性、お年寄りにあたたかい政治を!庶民の目線と現場主義をモットーに頑張ります。

「県が独自に18才までの医療費無料化を決断/ 原子力損害応急対策基金400億円が交付決定」への1件のフィードバック

  1. 神山様

    2月1日から福島県労連がホームページをアップしました。
    下記のアドレスを貴ホームページリンクにご登録をお願いいたします。

    www12.plala.or.jp/fksroren/index.html

    福島県労連
    HP管理者:川村 滋道

    住所 〒960-8061
    福島市五月町2-5 一番丁ビル2F

    電話 024-522-3097
    FAX 024-522-3102
    Email: fksroren@soleil.ocn.ne.jp

    以上、今後ともよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください