9月県議会が閉会                               宮川県議が議案4件に反対し討論

 

      【議会最終日の今朝、宿泊しているホテルから県庁へ向かう私】

 5日、20日間に及んだ9月県議会が閉会しました。佐藤雄平知事の任期最後の議会でした。すでに、共産党以外の政党は全て現知事を支援すると表明しており、今議会では県政を評価し知事を天まで持ち上げるような質問が相次ぎました。

 また、8/6に知事が正式受け入れを表明した1F3のプルサーマル問題についてもは共産党の私以外は誰も質問せず、議会中の9/27に明らかになった東電の1F5と1F6の冷却系ケーブル取り違えトラブルについて、国から「保安規定違反」とされた問題についても質問したのは私だけでした。

  

 きょうの最終本会議では、宮川県議が議案4件に反対し討論しました。9月補正予算でまたも小名浜東港建設費2億300万円が含まれており、また県立の看護師養成所を廃止しようと学生募集を停止する条例改正案や大野病院を廃止する条例案は県の責任放棄だと厳しく指摘。県の建設事業への市町村負担の追加議案は、郡山市に負担を求めようとするものでした。

 国への意見書は13件が全会一致で採択されましたが、この中には共産党が紹介議員となった、肺炎球菌ワクチン接種への公費助成を求める意見書(保険医協会)と、免税軽油制度の継続を求める意見書(農民連)が含まれています。今回も自民党の平出政調会長の尽力によるものです。

 なお、今議会中に審議された「子育てしやすい福島県条例案」(名称がこれに決定)では、私もいろいろ意見を述べてきましたが、10/4の検討会で最終案がまとまり、今後県の法令審党を経て12月県議会へ提案されることになりました。

 一方、きょうの議会運営委員会で、来年度から本会議場の速記者を廃止することにとに決定しました。私は、リスクへの対応策について質すとともに、速記者のプロパーが数名在籍している現状からみれば、来年から急いで廃止する必要はないと主張しましたが、多数で廃止することになりました。

投稿者:

e-kamiyama

 現在5期目です。子どもや女性、お年寄りにあたたかい政治を!庶民の目線と現場主義をモットーに頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください