いよいよ、14日~31日まで県知事選挙!                                                                                                                        現職知事と共産党佐藤かつろう氏との一騎うちに

 

 いよいよ明日14日~31日の日程で県知事選が闘われます。今回は、民主・社民、連合福島に加え、自民・公明も支持を表明している現職の佐藤雄平知事と、共産党公認の佐藤かつろう氏との一騎うちのたたかいになる見込みです。

 6月県議会で雄平知事が立候補を表明して以降、県議会は、すでに共産党対オール与党という構図となっています。

 4年前、前知事の県政汚職事件に伴う辞任で突然の知事選でしたが、今回は一期4年間の佐藤雄平知事の県政運営が問われます。

 厳しい県民のくらしや市町村からみても、全国に先駆けて何か進んだ事業というものはほとんどなく、それどころか財政が厳しいと言いながら不要不急の大型公共事業にメスが入らず、小名浜港の人工島(東港)は総事業費730億円としていますが、知事は聖域扱いにして94年からの13年間の事業費合計に近い税金を投入し、この4年間で一気に促進してきたのです。

 大きな港をつくるよりも、子どもの医療費を中学校卒業まで無料にするのを優先すべきではないでしょうか。あと10億円程度あれば実現できるのです。すでに、県内の7割以上の市町村が中学校卒業まで無料となっています。群馬県は全国初で、今年10月からスタートさせました。

 地場産業を支援し、基幹産業の米をはじめとした農産物価格の下支えを行なうとともに、今年度秋田県でスタートし好評の経済波及効果も大きい住宅リフォーム支援事業の創設など、雇用と地場産業の育成で地域経済を活性化させ、税収増にもつながるようにします。

 一方、前知事時代に国や東京電力によるトラブル隠し・データ改ざん事件などからプルサーマルは「白紙撤回」としていたものを、雄平知事になってこれを180度転換させたことも大きな特徴です。

 雄平知事は今年8/6、福島第一原発3号機で危険なプルサーマル計画、しかも34年も経つ老朽原発なのに、東電も国も安全だとしたので正式に受け入れると表明。これで県民の命・安全・安心を守れるのでしょうか。

 実は、MOX燃料装荷した8月半ば以降、東電のヒューマンエラー続出です。今からでも遅くありません。知事は受け入れを撤回し、中止すべきです。

 医療・福祉・教育は全国最下位クラスの福島県。でも財政力は全国25位ですから、決してお金がない県ではありません。問題は県民優先かどうかです。赤字を理由に県立病院を次々と統廃合し市町村や民間に委譲。残るのは3病院だけ。県立の看護師養成所も廃止の方向です。

 知事選は県政を変えるチャンスです! 県民の命・くらし優先のあたたかい県政へ転換させるため、佐藤かつろう候補と共に共産党県議団も頑張ります。どうぞ、多くのみなさんの切実な願いや思いをお寄せ下さい。

投稿者:

e-kamiyama

 現在5期目です。子どもや女性、お年寄りにあたたかい政治を!庶民の目線と現場主義をモットーに頑張ります。

「いよいよ、14日~31日まで県知事選挙!                                                                                                                        現職知事と共産党佐藤かつろう氏との一騎うちに」への3件のフィードバック

  1.  知事選、ついに始まりましたね。とりたててマスコミの皆さんの喜ぶような(苦笑)争点がなく、さらに、共産党以外の全政党が佐藤ゆうへい知事の応援に周り、多くの有権者からすれば盛り上がりに欠ける選挙になりました。共産党の他、(党の存在感を示すため)自民党でも候補者を擁立していれば、三つ巴の緊迫した選挙戦になって良かったのですが…。実に残念です。このような状況の中で、神山さんのような共産党の皆様方は、どのような心境で選挙戦に臨まれておられるのでしょうかね? 実は私、つい最近、ツイッターでそのような質問をしました。詳しい内容は、下記URLです(文中でのJCPは、共産党という意味です)。ぶしつけな文章で申し訳ないですが、宜しければご覧下さい。
    http://twitter.com/beautyport/status/27530567678
     ところで神山さん、今日(20日)午前中、郡山市内の某団地付近で演説されていましたね。演説の内容は、政策を生活者重視(一例として、住宅リフォームへの公的補助)に変え、小名浜東港の建設を凍結…のようなことでした。遠くから聞いていただけですのでうろ覚えですが、そんな内容であったと記憶しています。恐らく、知事選で佐藤かつろう候補に一票を、との応援演説と思われますが…。それはそうと、神山さんの演説を聴いている方が近くにまるっきりいなかったのは、実に残念ですね。平日の午前中という時間帯であるから致し方ない部分もありますが、それにしても…。私だったら、心が折れてやる気なくしそうです。
     ではまた。長文、失礼しました。

  2. 知事選お疲れ様でした。約8万の票をどの様に評価したらよいか分かりませんが、秋田出身の佐藤克朗こうということでいくらか関心を持ってましたが。私はNY行動を引きずっているわけではありませんが、去る30日に九条の会で沖縄から矢ヶ崎克馬氏を招いての6周年記念講演に奥様も同行、矢ヶ崎氏は平和委員会の全国理事を引き受けて下さっていることやNYで平和委員会交流会でご夫婦ともお会いしている事やらでなんやかんや、また、今週4日「もう一人の名護市長」といわれる比嘉靖氏を招いての平和委員会主催の講演会、沖縄県知事選挙支援の署名カンパなどで沖縄一色の連日です。ブログのコメントでなく私の近況になってしまいましたが、来春はご自分の選挙でもあるでしょうから体調管理を大切にご活躍下さい。〈 伊 藤 〉

  3.  知事選ありがとうございました。目標は10万票でしたが、過去最低の投票率という中では健闘したと思います。相手は選挙になってムダだと盛んに言っていたようですが、オール与党の相乗りへの批判と現知事の県政の問題点がわかり共感の声が寄せられた結果だと思っています。
     私も平和委員会へ入りましたので、今後ともよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください