決算審査特別委の出先審査で会津管内へ/猪苗代警察署、内水面水産試験場、葵高校

県議会決算審査特別委員会の出先審査は、11/6~8の日程で会津管内でした。

6日は、猪苗代警察署、内水面水産試験場、葵高校の審査でした。猪苗代警察署では、DV被害者への対応について質問。昨年は3件あり、そのうち切迫性のあるものが1件を強制捜査で事件化に努めたとのこと。

内水面水産試験場では、原発事故以降、放射性セシウムの蓄積過程の研究課題が増加し、職員の負担も増えているとのことなので職員体制について質問。主任動物管理員が1人退職し欠員のまま補充されないでいることがわかりました。また、場長の概要説明では、「緊急時モニタリング調査」は概ね低下傾向にあるが、養殖魚ではすべて下限値を下回り NDだった一方で、天然魚では検体の0.7%にあたる4検体で100ベクレル/㎏を上回ったそうです。魚体への放射性セシウムの取り込みについては、河川のアユは底泥粒子の濃度が高いこと、湖沼では周辺土壌の放射性セシウム濃度が高い湖沼で高い傾向が認められたとのこと。今後も継続した研究が求められますが、そのための職員の補充は必要と指摘しました。

葵高校(旧会女)では、教室が大変寒かったこともあり、水光熱費などの維持管理経費は不足していないかと質問。暖房費は本庁から配分されているが、エアコンは教室以外の部屋にしか設置されず、しかもPTAの保護者の負担で賄っているとのことでした。県民負担を軽減し、県の教育予算を増やすべきです。

投稿者:

e-kamiyama

 現在5期目です。子どもや女性、お年寄りにあたたかい政治を!庶民の目線と現場主義をモットーに頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です