吉田県議が代表質問/知事に、憲法9条改定、トリチウム汚染水海洋放出に反対を

9/19、吉田英策県議が党県議団を代表し、代表質問で登壇。知事には、憲法9条改定国会発議の撤回とトリチウム汚染水の海洋放出に反対を表明することの2問でした。しかし、どちらも知事は自分の考えを明言しませんでした。

これ以外の質問では、モニタリングポストの撤去中止、第二原発廃炉の具体化、今年の猛暑や豪雨・地震などの災害対策として県立高校の教室にエアコン設置や河川改修予算の増額、避難所の設備重充実、避難者支援、再エネでは阿武隈風力発電の見直しを求めました。

投稿者:

e-kamiyama

 現在5期目です。子どもや女性、お年寄りにあたたかい政治を!庶民の目線と現場主義をモットーに頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください