浪江町赤宇木地内の国道114号線(椚平工区)の整備促進を要望

浪江町の国道114号線椚平工区は、帰還困難区域にあります。避難解除は未定ですが、住宅無償提供は来年2020年3月末で打ち切りとなる地域です。

地元の住民から、この地域の道路整備方法について単なる道路拡幅にとどめず、すでに工事が始まっている川俣工区のような整備を求める要望が寄せられました。

2日に県の道路課に聞き取りを行ったところ、「住民説明会での意見もふまえ設計を見直しており、できれば今年度中に用地買収に入りたい。県としては、国道114号は重要路線であり、また避難12市町村の復興道路として位置づけもあるので早期整備を図っていきたい」と回答がありました。

 

投稿者:

e-kamiyama

 現在5期目です。子どもや女性、お年寄りにあたたかい政治を!庶民の目線と現場主義をモットーに頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください