吉田英策県議が知事提出議案に反対、意見書・請願に賛成討論/阿部裕美子県議が18年度普通会計決算に反対討論

10/4、9月県議会最終日。吉田英策県議は知事提出議案と意見書・請願で討論。阿部裕美子県議が2018年度決算でそれぞれ登壇し討論しました。

国家公務員宿舎に入居している自主避難者に対し、退去と2倍相当の家賃請求を求め県が裁判の訴えを起こす5件の知事提出議案には反対を表明。しかし、共産党以外の会派はすべて賛成でした‼人道的にも問題であり、また県が被災県民を訴えること自体が異常です。しかも、国・財務省が県に指導していたと指摘。

また、意見書・請願についても消費税率10%増税撤回を求める意見書等について、賛成の立場から討論しました。採決では、自民・公明と県民連合会派が多数で否決としました。

 

阿部裕美子県議は、2018年度決算で不認定の立場から討論。4つの角度から理由を述べ普通会計決算に反対しました。

投稿者:

e-kamiyama

 現在5期目です。子どもや女性、お年寄りにあたたかい政治を!庶民の目線と現場主義をモットーに頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください