福島県議選の火ぶた――神山えつこ候補が元気に出発

台風19号とその後の豪雨で深刻な被害を受けるなか、福島県議選が31日告示(11月10日投票)されました。日本共産党は、災害に強く、命と暮らしを守る県づくりへ、現有5議席を必ず確保し、躍進しようと7人が立候補。そのうち伊達市・伊達郡区の大橋さおり氏(28)=新=が無投票当選し、現有議席を引き継ぎました。選挙戦は、自民が単独過半数へ攻勢に出るとともに、公明党と一緒に共産党追い落としの布陣をしいています。

郡山市選挙区は定数10に13人が立候補し、大激戦・大混戦。中田町の自宅前で開かれた神山候補の出発式には、地元・中田町をはじめ市内各地から100人近くが参加し神山必勝の決意あふれる場に。高橋千鶴子衆院議員が駆け付けたほか、志位委員長からのメッセージが寄せられました。

神山候補は、「5期20年、3人の知事と対峙し医療・福祉・教育の充実へ全力をあげてきた。いのちとくらしを守る県政実現のため、県議会に押し上げてほしい」と気迫を込めて訴えました 。

またこの日、出発式をのぞき中田町13カ所の演説場所には121人が、神山候補を迎え、同候補の演説に耳を傾けました。

(神山えつこサポーターズ)

 

投稿者:

e-kamiyama

 現在5期目です。子どもや女性、お年寄りにあたたかい政治を!庶民の目線と現場主義をモットーに頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください