郡山共同センターで炊き出しと街頭募金・署名                                       県南地方は地震被害がひどく

 16~17日の土日は、郡山共同センターで炊き出しをしたり、街頭募金・原発被害への全面補償と福島原発の廃炉を求める署名行動を行いました。スーパーメガホンで私も訴え、髙橋、岩﨑市議、共同センター各団体代表がリレートーク。きょうの行動には約30人が参加し、署名は約200人分、募金は約3万円集まりました。

 

 市内で約300人の市民が避難していますが、トリ汁の炊き出しをして市総合福祉センターや公民館など5か所へ手分けをして届けました。総合福祉センターでは、土日の炊き出しがほとんどなく、この日は朝、昼、晩ともおにぎりが1個ずつだったそうです。そのせいか、とん汁をお代りをする人も多く、たくさん用意したはずでしたがきれいになくなりました。

 それにしても震災から1ヵ月以上も経過したのに、食事の提供はおにぎりか菓子パン、水、野菜ジュースなど、たまにソーセージがつく程度とあまりにも粗末です。避難所の生活環境の整備については、3/25に厚労省から通達が出されています。

 ①避難所の設置期間の長期化が見込まれる場合は、可能な限り被災者のプライバシーの確保、寒さ対策、入浴・洗濯の機会確保等の生活環境の改善対策を講じることとして、マットレス、間仕切りのパーテーション、冷暖房機器の設置、仮設洗濯場の設置。仮設トイレ、高齢者・障害者等には、洋式仮設トイレの設置等を必要に応じて行うこと。

 ②炊き出し、その他による食品の給与を実施する場合、長期化が見込まれるときは、メニューの多様化、適温食の提供、栄養バランスの確保、高齢者や病弱者に対する配慮を必要に応じて行うこと。

 ③高齢者や障害者等の災害時要援護者のニーズを把握し、必要な対応を行うとともに、必要に応じて社会福祉施設等や公的宿泊施設等の協力も得つつ、福祉避難所を設置するなどの措置を講ずること。

 地震発生から1ヵ月がすぎ、県はきょう17日に浜通りからの避難者を第2次避難所へ移動させます。それにともなって、受け入れ先での避難所生活の改善が一定程度図られるようですが・・・?

  ところで、3/11の震災で県南地方は震度6強を観測し、地震被害がひどい状況です。きょうは須賀川と矢吹町を調査してきましたが、須賀川市庁舎は使用不能、矢吹町は4号線から役場までの間の道路、家屋の損傷が目立ちました。

投稿者:

e-kamiyama

 現在5期目です。子どもや女性、お年寄りにあたたかい政治を!庶民の目線と現場主義をモットーに頑張ります。

「郡山共同センターで炊き出しと街頭募金・署名                                       県南地方は地震被害がひどく」への2件のフィードバック

  1. 震災支援について
    初めまして日本共産党加古川市議団長 岸本です。
    日々の奮闘に敬意を表します。
    何か手伝えることはありませんか。
    人手、物資等
    時期が合えば現地へ行くことも可能です。

  2. ありがたい申し出です。ちょうど、これから地震被害者への訪問活動などの支援を具体化していこうと話合っていたところです。市議団にも伝えておきますので、こちらで相談してみます。
     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください