宮川県議が一般質問/知事に発足したばかりの原子力規制員会は真の独立機関といえないと指摘

きょうと明日は、一般質問です。宮川県議がきょう登壇し、知事に対し9/19に発足した「原子力規制委員会」について、真に規制される体制となるよう国に求めるべきと質しました。

原子力規制委員会は、環境省の「外局」に設置されたが、もともと環境省は原子力は環境によいなどとして原子力を推進してきた省庁なのです。宮川県議は、知事は規制委員会が経産省から独立したことを評価しているが、今回の規制委員会は、経済産業省原子力安全保安院の職員が横滑りした組織であることも指摘し、知事の認識を質したものです。

また、国の除染や賠償打ち切り、被災者支援打ち切りの根拠となっている昨年12/16に出した「原発事故収束」宣言を国へ撤回を求めるべきと県を質しました。「事故収束に向けた1つの通過点にすぎない」とこの認識は一致していますが、「撤回」の2文字だけは何度質しても口にしません。知事の姿勢が反映しているのではないでしょうか。

この他、宮川県議は原発労働者の労働安全対策、放射能被害で不足している医療・福祉分野での職員確保についても提言。また、いわき市へ2万3,000人もの避難している実態を述べ、住宅や財政支援などを求めました。漁業問題もとりあげました。

投稿者:

e-kamiyama

 現在5期目です。子どもや女性、お年寄りにあたたかい政治を!庶民の目線と現場主義をモットーに頑張ります。

「宮川県議が一般質問/知事に発足したばかりの原子力規制員会は真の独立機関といえないと指摘」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください