安倍政権が集団的自衛権行使容認を閣議決定に抗議を!~県議会では明日自民提出の意見書採択をねらう

057
総務常任委員会で意見を述べる共産党の阿部裕美子県議

6月定例県議会は、明日7/2で最終日を迎えます。議案に対する採決態度は、きょうの常任委員会で決定しましたが、今回は特に自民党が提出した憲法9条を改定する「集団的自衛権の行使容認」の意見書に対し、私たちは今議会中各会派や各県議に何度も採択しないよう働きかけてきました。

民主党会派は、態度がはっきりしませんでしたがようやく「反対」することで一致。この意見書が付託された県議会の総務常任委員会では、9人の委員のうち賛成したのは自民党の5人だけで、共産党と民主党が反対、未来ネット1人は退席しました。明日閉会日の本会議では、自民党が多数で採択に持ち込もうとしていますが、公明党会派は県民からも電話が寄せられ大変悩ましいと率直に述べつつも、現状では退席するしかないと言っています。

しかし、全国の議会をみても慎重対応を求める意見書の採択はあっても、行使容認を明確に打ち出した意見書提出は福島県議会ぐらいではないでしょうか。県内の若者に血を流せ、と迫るものとなるものであり絶対に認められません。また、歴史ある福島県政史上にも重大な汚点を残すことになるのは必至です。

ぜひ、容認する意見書を採択せず再考を求める要請のFAX等を、地元の各政党や各県議に送付を! なお、県庁内自民党会派は、TEL024-521-7615、FAX024-521-8841です。

投稿者:

e-kamiyama

 現在5期目です。子どもや女性、お年寄りにあたたかい政治を!庶民の目線と現場主義をモットーに頑張ります。

「安倍政権が集団的自衛権行使容認を閣議決定に抗議を!~県議会では明日自民提出の意見書採択をねらう」への4件のフィードバック

  1. 「敵前逃亡首相」が戦争したい?マンガですね。また逃亡するでしょう。佐藤正久議員が一歩前進だって?
    安倍サン、またノイローゼが始まったネ、マンガですね。
    政治も戦争も知らぬ制服、佐藤正久議員が「一歩前進」だって。これらは政権滅亡の葬送曲。

    ま、風車に向かって突進したドン・キホーテの悲劇をみるにすぎない。

    こんなことでは、県民、野党さえしっかりしていれば政権滅亡への「一歩前進」は明らかです。
    まず、国民がしっかりしていれば微動だにしない。

  2. 無能、不適格な安倍政権!

    安倍政権は、日々自ら墓穴を掘っているだけでは、滅び行くのは時間の問題。
    まず戦法からみてみよう。上下欲を同じくする者は勝つ。国民が望まぬ戦争をしたい、では滅びるほかあるまい。
    「主いずれか道ある」。首相が道理に適っているか、ノー。敵に勝つ、とは味方(国民)に勝つこと、だが、ノー。
    戦は勝ち易いことが要件だが、ノー。リーダーは威厳が無ければならないが、ノー。
    さて、国民の方は、味方に勝つとは、自分に勝つことだが、戦争ノー、とはっきり言いなさい。それだけで充分なのだ。

  3. 安倍官邸崩壊まっしぐら!

    前回と同じく官邸崩壊へと進んでいる。どこをみても支離滅裂では、もうもたない。拉致対応もおなじ。
    手柄争いに夢中だ。北の金さんは万全の構えで悠然と組織に任せているが、こちらは、安倍、菅が前線に出ている。
    おいおい、担当大臣は古屋だろうが影が薄く、組織がなっていない、万事そのたぐい。これでは北にヤラレるだけだ。

    集団自衛権でも、菅が出てきて「国民の生命、幸福を護るためだ、海外には邦人が130万人がいるから」とヌカす。
    それは見当違い、国民を護るのは、警察機関で、自衛隊(軍)は国家の危急を護るのが本領(栗栖元統幕議長)。
    一体、この所管大臣は、防衛相や外相だろうが、これらも影が薄い。首相に出しゃばる権限は無い!

    そらそうと、内閣人事局が140人体制で発足し、各省に睨みを利かすよしだが、人事権は各省大臣にありムダだ。
    へっ?内閣人事局長に官僚OBの官房副長官を起用して何が政治主導か。逆に官僚に抑えこまれている。

    復興庁に政務職を9人もおいて、却って手足まといになっている。幹部官僚は彼らのレクチャーに追われるだけ。
    だから復興は加速するワケがない。地方に事務次官級や審議官級をたくさん張り付けても役立たず、官僚の「えさ」となって喜ばせるだけだ、

    受け皿さえできればすぐにでも内閣退陣できる現況なのだ。野党や国民y目を開け!

  4. 政権交代に備へよう。

    時ならぬ拉致報道を利用して集団的自衛権の悪法を吹っ飛ばす。こんなイカサマしかできない安倍政権なのだ。
    拉致問題も茶番デスと告白したようなもの。「拉致報道、正体見たり枯れ尾花」に見えてきた。
    そのカラクリはこうだ。デタラメな「集団的自衛権」の閣議決定は首相が外遊の直前7月4日の予定を、拉致報道の7月1日に急遽、変更し悪評サクサクたる閣議決定を吹っ飛ばそうとしたが、さもしいメデア操作だ。この閣議決定で、内閣支持率は4,3ポイント急落し不支持率が40%台に大アップしたのに戦いた。まさに内閣崩壊寸前の兆し見える。いかにゴマ化してもメッキはとめどなく剥がれてゆくから見ていてごらん。まずは、取って代わる実力を備えよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください