6月県議会最終本会議で長谷部県議が討論/県議会の歴史に汚点を残す「容認」の意見書を可決

DSC_0398

 

福島県議会の6月定例議会は、本日7/2閉会しました。採決に先立ち、長谷部県議がわが党県議団を代表して討論に立ちました。特に、今議会には、集団的自衛権行使容認の意見書が提出されたことから、反対の立場で意見を表明。この他、消費税10%増税中止や医療・介護総合法、教育問題、ブラックバイトの問題などの意見書や請願が私たち共産党紹介で提出され、賛同を求めましたがこれらは多数で否決されました。

DSC_0495
自民提出の容認意見書採択前に退席する公明党3人、未来ネット5人。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

採決では、公明と未来ネット会派が退席する中、共産党と民主・県民連合、福島・みどりが反対しましたが、58人の定数のうち自民党(議長を除く27人)の賛成で可決。これは、自由民権運動の河野広中を初代議長にすえた130年余の歴史を誇る福島県議会史上に、汚点を残したことになります。

安倍政権は、自衛隊発足60周年の昨日7/1、「集団的自衛権行使容認」を閣議決定。国民世論を2分している調査結果が出ているにもかかわらず、自民党は容認の意見書を県議会に提出したことから、長谷部県議は討論で、自民党案の意見書を厳しく批判。

長谷部県議は、国連憲章の策定過程で集団的自衛権が付け加えられたのは、当時のアメリカの圧力によって「最終過程で盛り込まれたもの」と指摘。そして、「日本国憲法は、軍事的意味での自衛権を否定することによって、本来の国連憲章の精神に最も忠実な、純粋な憲法となりえた」と強調。今年のノーベル平和賞にも「日本国憲法、特に9条を今まで保持している国民」がノミネートされていることも紹介し、日本国憲法が、歴史的・国際的意義が高く評価されていると証だと強調。

自民党提出の意見書は、これを180度覆すものであり、「戦争する国づくりに向けたクーデターにほかならない。戦場で人を殺す法的に保障する交戦権を復活させるという本質を隠し、国民の理解不足をいう意見書案は全くの的外れ」と痛烈に批判。最後に、福島県と福島県議会を「21世紀初頭の自由民権運動先駆けの地とすべき」と訴え討論を締めくくりました。(討論原稿は、県議団ホームページに掲載)

この手厳しい指摘に対し、自民席からは一切ヤジはなく、むしろ閉会後に賛同の声が当局や他会派議員から寄せられるなど、安倍政権と今後の戦いでの一点共闘がいっそう進む方向がみえた県議会でした。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
集団的自衛権行使容認「反対」の意見書に賛成する共産党5人と福島・みどり2人、社民党1人。

 

投稿者:

e-kamiyama

 現在5期目です。子どもや女性、お年寄りにあたたかい政治を!庶民の目線と現場主義をモットーに頑張ります。

「6月県議会最終本会議で長谷部県議が討論/県議会の歴史に汚点を残す「容認」の意見書を可決」への3件のフィードバック

  1. 安倍本丸攻撃の号砲鳴る!

    行使容認」攻撃ご苦労様。「金目」攻撃デモも一つの効果があった。

    要は、安倍本丸撃破が目先の目標。いろいろデモったので相乗効果があって、本丸へ一直線の現状です。

    安倍本丸の一角落城の始まり、第一線は滋賀県知事選挙の結果が首の皮一枚で反安倍の号砲が鳴った。

    続いて福島知事選、沖縄知事選で勝てば第2線を破り、第3線の統一地方選で止めを刺すシナリオ。

    ただし、安倍降ろしで看板代えただけでは不毛の戦。野党合同戦線が確立されれば受け皿となれる。

    そのリーダー確立こそ強く望まれる。

    Yours Truly gakusui ☆

  2. 集団的自衛権に「待った」、地方から安倍降ろしの狼煙が上がる。

    今回、地方から安倍降ろしの狼煙が上がった。三重・松坂市長が集団的自衛権の

    違憲訴訟を提起した。全国的団体を組織展開するという。37歳の若き市長が先頭に立った。

    安倍さん、真っ青だろう、本県も決起のときだ。

  3. 安倍流はせっせと墓穴を掘るだけ

    よくもまあ、次から次へと国民不在の政治のオンパレードだ、安倍政治は。こんなことが通用するはずがない、させる国民も不名誉なことだ。天地自然の原理、道理に反しては栄えるワケがなかろう。
    安倍さん、きょうも東行高杉晋作の墓参りをして「志が固まった」と言ったがお笑い草。
    2千年の風雪に耐えてきた「孫子」の一言でも爪の垢を煎じて呑むがよい。
    第一、首相の職務を私物化している。孫子いわく。①「彼を知り己を知れば百戦危うからず」②「上下欲を同じくする者は勝つ」③「勝ちとは味方に勝つこと」④「味方に勝つとは自分に勝つこと」⑤「主、いずれか道がある」etc.
    とりわけ、②の国民が欲しないことばかりやっては、滅びの道一直線。③の足元、また官邸崩壊もお決まりコースだ。
    山中松坂市長(38)の決起は燎原の火のように燃え上がることだろう。38歳といえば若い方ではない。鉢の木で知られる、最明寺入道北條時頼は「業境高く懸く37年一鎚に打砕すれば大道坦然たり」と座禅のまま入寂しており、執権北條時宗は18歳で蒙古軍を撃滅し、相模太郎憺甕のごとく、我は畏る関東の令山のごとし、と全軍を畏怖させた。
    つまり威厳雷のごとし、だが安倍サンにそんな威厳はなく、敵前逃亡首相の汚名、とは滑稽。党内はスキあらば降ろそうと狙っている。小人の小細工、内閣改造のコケ脅しも見透かされている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください