「なくせ原発!再稼働やめよ」の福島集会に1000人/静岡のみなさんと懇談

DSCN0840
デモ行進に出発する左から福島復興共同センターの斎藤さん、鹿児島の松崎県議、宮本県議、神山、浪江馬場町議。

19日、福島復興共同センター主催の「なくせ原発!再稼働やめよ」の県民集会には、雨が降る悪天候の中1000人が集いました。安倍政権のもとで、新規制基準に「合各した」として再稼働の対象にされ緊迫した事態を迎えている鹿児島の川内原発の再稼働を許すな!のたたかいに連帯して開かれたものです。

682
大熊町から避難している方の訴え。

 

 

 

 

 

688
閉会挨拶する伊東達也さん

福島市の街なか広場で開かれた集会には、共産党の松崎真琴鹿児島県議も参加し集会で訴えたほか、大熊町の避難者も訴え、集会アピールが採択されました。閉会挨拶には伊東達也さんが立ち、県内原発10基廃炉! 川内原発再稼働許すな! 原発事故は収束などしていない! 汚染水対策を東電まかせにするな!などを集会参加者によびかけ締めくくりました。

691このあとデモ行進が行われ、青年たちによるラップ調で再稼働ノー!などを唱和しながら福島駅前を回り、市民の大きくアピールしました。

693
郡山復興共同センターの運動の取り組みを話す岡田さん。

また、夜は郡山で静岡県から30人で来県された「浜岡原発の再稼働許さない」の会のみなさんと意見交換。昼間は仮設住宅の避難者と懇談したそうで、翌日は富岡町の被災地も視察されて帰るとのこと。

福島の現状について、郡山市の同一市内に自主避難している馬場真左さん、共産党ボランティアセンターの鈴木さん、郡山復興共同センターの岡田さん、私の4人が報告。質問もあいつぎ、あっという間に時間がたちました。全国とつながって闘いに、福島県民はいつも励まされ感謝しています。

投稿者:

e-kamiyama

 現在5期目です。子どもや女性、お年寄りにあたたかい政治を!庶民の目線と現場主義をモットーに頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください