共産党、比例東北で2議席めざし最後まで奮闘。共産党が伸びれば政治は変わります!

12月2日に公示された総選挙も、明日14日の投票日を迎えました。安倍政権に問われているのは、アベノミクスだけでなく、消費税10%増税、原発再稼働を許すのかどうか、集団的自衛権を行使し若者を戦場に送る国にしていいのかどうかです。

いずれも、共産党は「対決・対案・共同」の立場で安倍政権としっかり対峙し、国民のいのち、暮らし、平和を守るため、安倍政権に厳しい審判を下したいと思います。共産党が大きく伸びれば、政治は変わります。

小選挙区と違い、比例代表選挙は1票、1票がすべて議席に結びつくので無駄になりません。共産党は、比例東北ブロックで高橋ちづ子前衆院議員と福島から岩渕友候補の2議席に挑戦します。投票箱の蓋が閉まるまでが選挙。最後の最後まで奮闘する決意です。

10685604_753160668098589_2231280554356344704_n[1]
福島駅前で最終盤の訴えをする高橋ちづ子候補(マイクをもっている)といわぶち友候補(左)。
10857920_377950475713628_2153854648844287936_n[1]
高橋ちづ子さんは、全国農政連からの推薦をうけました! いわぶち友さんと2議席へ
B4kgCCoCYAIDeDh[1]
前衆院議員の高橋ちづ子さんへ社会保険労務士政治連盟から推薦状。
 

投稿者:

e-kamiyama

 現在5期目です。子どもや女性、お年寄りにあたたかい政治を!庶民の目線と現場主義をモットーに頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください