佐賀県庁の調査を終え、大分県へ。朝倉地区の豪雨災害による爪痕も。

県外調査2日目の23日、佐賀県庁でスポーツ合宿や知的財産の調査後、バスで大分県へ。佐賀市内の吉野ヶ里遺跡の前を通り、鳥栖市内で昼食。

このあと、今年7月に豪雨災害を受けた大分県の朝倉地区が、大分自動車道から見えました。まだ、山側の斜面があちこちで崩れ落ちています。富有柿の産地だそうですが、樹木は枯れているところも。河川は、山津波にあったような災害の爪跡が残っていました。


投稿者:

e-kamiyama

 現在5期目です。子どもや女性、お年寄りにあたたかい政治を!庶民の目線と現場主義をモットーに頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です