商労文教委員会の教育庁審査/県立高校の老朽化対策、教室エアコンPTA負担問題、学校給食へ県補助を

3日の教育庁審査では、学校のブロック塀について緊急修繕を要するところは当然実施すると共に、今後は専門家による点検を行うと答弁。私は、ブロック塀を含めてそもそも老朽化している県立高校の校舎等の修繕予算が不足しているのではないかと指摘。

委員会の視察で郡山市内や浜通りの高校などを訪問した際にも、校舎入口の壁がはがれていてコンクリート破片の固まりが落下することがあるので注意をとか、廊下の床がはがれているなど、あまりにも校舎の老朽化が目立ったこと。今年の高校卒業式や入学式に出席した際にも、体育館に雨漏りがあるので注意するようにと言われたことも紹介。施設担当課長は、各校からの修繕要望に応えるには現在の6億円の予算の10倍(年間60億円)は必要と答弁。

一方この日、全国一の猛暑を記録した本県ですが、共産党県議団が取り上げてきたPTA負担で設置している県立高校の教室のエアコンについて、他会派からも質問がありました。

私も改めて、PTA負担をやめて県が設置すべきと求めると、「小中学生と違って高校生なのでがまんも必要」などと担当課が答弁したため、「何を言ってるのか。文科省のいう17~28℃の基準どころか、30℃を超えているんだ」と、一斉に議員席からブーイングの声が上がりました。県教委は、「工業高校の実習室の温度を計測している」とも答弁したので、全校の教室でも計測するよう求めました。

さらに、県が設置すればどれくらいの費用になるか試算を質したところ、PTAが負担している1校当たりのランニングコストは平均年間380万円になっていると答弁。エアコンの設置費用を含め県立学校97校すべての教室には、約4億円程度あれば実施できることがわかりました。

小中学校の学校給食についても、全額無料や一部無料を実施している市町村が県内59のうちすでに29市町村の半数まで広がっていることを紹介。文科省の「学校給食ハンドブック」の解説を示し、県としても市町村へ補助すべきと求めました。ところが、県教委は「保護者に負担を求めることが原則で、それを超えて実施しているのは設置者の判断。県は設置者になっていない」などと答弁。しかし、県の試算でも約80億円あれば実施できるのです。県が、子育て支援や子どもの健康支援との観点に立つかどうかだと指摘し、そろそろ県が実施を検討すべきと求めました。

いずれにしても、「県教育予算の拡充」こそが必要と求めました。

4日は、意見書や請願に対する採決。共産党紹介の継続議案「義務教育費国庫負担2分の1への復活を求める意見書」は、私1人の賛成少数で否決に。しかし、全く同じ内容の県民連合の新規意見書は自民党が多数で「継続」扱いです。不可解なのは、県民連合の態度です。この間一緒に賛成でしたが、今回は同じ内容で新規提出し、共産党紹介の意見書を否決。秋の県知事選挙を控え、議会内での動きがあるようです。

投稿者:

e-kamiyama

 現在5期目です。子どもや女性、お年寄りにあたたかい政治を!庶民の目線と現場主義をモットーに頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください