全国に広がる地域主導型の自然エネルギー/二本松市でドキュメンタリー映画「おだやかな革命」上映会

12月県議会の12/7の私の代表質問で、「地域主導型の再生可能エネルギー」の推進を県に求めました。その中で、11/10に二本松市で上映された「おだやかな革命」の映画と、この映画に登場している会津発電の佐藤弥右衛門社長と飯舘発電の小林社長を演説で紹介しました。

11月10日、二本松市で行われた「おだやかな革命亅上映会。私も参加しました。
会津発電の佐藤弥右衛門さんと飯館発電の小林さんが最初と最後に登場。原発に代わる地域発電の取組みを紹介。さらに、岐阜県郡上市白鳥町石徹白地区、岡山県西粟倉村、秋田県にかほ市、山形県飽海郡遊佐町、鳥取県の過疎の村にカメラが移ります。移住した若い夫婦が地域づくりを始め、都市と農村の交流が始まる。生活クラブ生協のみなさんが、食料から地域発電に関わっていく。本当の豊かさとは何かを問う、ドキュメンタリー映画です。

上映後、この映画をつくった渡辺智史(さとし)監督と二本松で有機農業2代目の方、都会から家族と移住し有機農業に取り組む男性とのトークセッションも行われました。進行は二本松東和町ゆうきの里の菅野(スゲノ)さん。会場には東京の大地の会のみなさんなどが多数参加されていました。
こんな地域づくりを県内でもっと広めたい!

投稿者:

e-kamiyama

 現在5期目です。子どもや女性、お年寄りにあたたかい政治を!庶民の目線と現場主義をモットーに頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください