12月県議会が開会/議長、副議長選挙、議会構成決まる

12/10、午後1時、県議選後の今期初の12月県議会が開会し、私たち共産党5人の県議団は、新人の大橋さおり県議と共に初議会に臨みました。

新人の大橋さおり県議を含め5人の党県議団です。なお、県議会は自民党31人、県民連合18人(国民民主10、立民2、無所属5)、共産党5人、公明党4人の4会派です。

きょうは、県議会議長選挙と副議長選挙が行われ、大橋さおり県議が選挙立会人になりました。議長選挙・副議長選挙は、自民党のポスト独占に抗議の意味を込めて議長選挙は神山、副議長選挙は県民連合の宗方保県議に投票。選挙の結果、議長は自民党の太田光秋氏、副議長は同長尾トモ子氏に決まりました。

 

この間、私が世話人会のメンバーに入り、この日まで新県議会の構成などについて協議してきました。吉田栄光座長(前議長)に対し、県議会のポストや常任委員会ポストについては、わが県議会の伝統を生かし少数会派を尊重し民主的運営を行うよう申し入れました。

また、福祉公安常任委員会に共産党を排除している異常なやり方を改めるよう世話人会でも意見を述べ抗議もしましたが、結局、自民党が数の力で決定する横暴なやり方を変えませんでした。交渉会派は5人とすることについて、1人でも会派であれば認めるべきと反対しました。

投稿者:

e-kamiyama

 現在5期目です。子どもや女性、お年寄りにあたたかい政治を!庶民の目線と現場主義をモットーに頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください