「安全神話」は崩壊、福島原発震災は最悪のシナリオに                                   赤ちゃんの粉ミルクがない、ガソリン・灯油を早く供給して!と

 ついに恐れていた地震による原発災害がおきました。マグニチュード9.0という大地震が発生し、県内には東京電力の福島第一原発6基、第二原発4基の計10基ありますが、第一原発1号機の爆発から始まって、2号機、3号機まで次々と爆発しています。4号機も定期検査中で運転停止中なのに、燃料プールあたりから火災が発生。

 特に、第一原発3号機は、昨年8/6に知事が全国3番目にプルサーマルを受け入れたことから、危険なプルト二ウムとウランを混ぜたMOX燃料を使用しているので、もし格納容器が壊れてこれが放出されれれば、他の号機のウラン燃料より人体と環境に与える影響は格段に危険を増します。

 17日に、第一原発3号機(プルサーマルを実施中だった)に自衛隊機jから海水が投下されましたが、その結果はよくわかりません。たしかきょうの報道ではIAEAは鎮火するまでにはあと1週間かかる見込みとみているようです。1両日には解決しそうにないことは明らかです。

 【写真は、15日の赤旗・毎日と18日の民友の新聞】

 私が15日に県中災害対策本部へうかがい、職員の方々へガソリンや灯油などの要望を届けながら、この放射能の影響や対策、田村市に避難している方へのヨウ素剤の配布体制などについて質問したところです。

 その際に、放射能のモニタリングポストの測定値が時間を追って県が観測しているデータを頂きました。ただ、これを県は公表していないことがわかりました。出先からもこれらを要望しているというので、私からもあらためて要望。その後、17日あたりから県が各観測地点のデータをラジオや県のホームぺージで公表するようになりました。科学的なデータを県民へ公表してこそ、本当の安全・安心が得られます。国、県、東電の情報公開が求められます。

 私自身は、我が家に被害もなく、ただ水道の断水が続いていたのですが、ようやく17日の夕方から出るようになりほっとしました。ただ、車のガソリンが半分以下なので、思うように出かけることもままならず、自宅で対応していると、要望やマスコミの問い合わせが相次いでいます。

 近所の方からは、赤ちゃんのミルクがなくて困っている、お店を何軒回っても全くないという状況を聞いて、さっそく中田行政センターや市の災害対策本部(024-924-7111、924-7101~7104)へ連絡。ここに2かん救援物資の中にあることがとわかり、すぐに手配をお願いしました。

 そのほか、市内の県立高校で受け入れている避難所の実態を聞きました。備蓄している灯油などの燃料があと何日持つか、ガソリンも供給ストップなので職員がの出勤できず交代できないまま救助にあたっている。体力がどこまで持つか、などの切実な訴えもいただきました。

 さらには、要介護者への支援も要望されています。双葉・双相地域から避難している高齢者については、施設の受け入れ先も、自宅でのホームヘルパー派遣も地域外ということで市町村の対応がまちまちで困っているとのこと。いわき市では、せっかく避難したお年寄りの患者が14人も亡くなっています。高齢者への対策が急がれます。

 いずれも、私からも県議会の災害対策本部へFAXを送付して県へ要望したり、直接電話で要望しています。

 また、マスコミから自宅へ電話問い合わせが相次いでいるのが原発問題です。07年7月、東電と県へ党と県議団、原発県連の共同で申し入れた文書が県議団のホームページに掲載されていますが、マスコミ間で話題になっているようです。

 これは、中越地震で刈羽原発被災を受けて、本県の原発についても引き波など耐震対策の強化葉が必要で耐震基準を引き上げることなどを申し入れたものです。新聞、週刊誌、またアメリカのマスコミからも電話がありましたが、ここでも「まさに、共産党の指摘どおりになっていますね」との感想をいただいています。

 ヨウ素剤の配布はまだされていないようです。99年の茨城JCO事故で本県では配布されなかったようですが、今回の第一原発の爆発等で配布することになれば、日本では初めてとなるということから、国も県も躊躇しているのでしょうか。

 ただ、17日にラジオを通じて民意連の福島わたり病院の医師が、ヨウ素剤の服用について分かりやすく記者会見していました。ヨウ素剤は40歳以下の方が対象で、13歳以下の子どもへは服用の注意点もあるとのこと。第一原発3号機の原発の最悪に事態を考えれば、ヨウ素剤を個人へ配布し行政から指示を受けたら直ちに服用できるよう体制をとるべきです。特に、双相地域から避難している方には優先配布するなど必要です。内部被曝は何としても避けるよう万全な対策を求めたいと思います。

 

投稿者:

e-kamiyama

 現在5期目です。子どもや女性、お年寄りにあたたかい政治を!庶民の目線と現場主義をモットーに頑張ります。

「「安全神話」は崩壊、福島原発震災は最悪のシナリオに                                   赤ちゃんの粉ミルクがない、ガソリン・灯油を早く供給して!と」への6件のフィードバック

  1. 始めまして。赤ちゃんのミルクの件で検索していてこちらへたどり着きました。

    ミルクの件で先ほどテレビで福島の水道水で赤ちゃんの粉ミルクを溶かさないようにと流れていましたが今どのような状況なのでしょうか?
    フィンランド在住の日本人ママさん達を中心に、水のいらないミルク(液体で紙パックに入っていて調理済み)を救援物資として送れるように頑張っています。

    この情報が役に立てばいいのですが・・。

    宜しくお願いいたします。

  2. すみません大事なこと書き忘れました。

    このミルクの受け取り先、運送会社さんを探しています。
    ツイッターの@TuttelitoJapan で詳細を確認できます。
    もしこれをご覧になった方でミルクが欲しい、でもツイッターをやっていないから詳細を見れないという方がおりましたらご連絡ください。

    宜しくお願いします。

  3. 2007年にすでに安全性について問い質しておられたのですね。
    私は共産党支持者ではありませんが、その先見性に敬意を表します。
    東京電力はそのとき「大丈夫です」の一点張りだったそうですが、
    どの部署の、(さらにできれば何という人物が)
    そういう対応をしたのかも明らかにされてはいかがでしょうか?
    東京電力の現場の人は必死にやっていて、いわば被害者ですが、
    こういう状況を引き起こした上層部は、きちんと名乗り出た上で、
    身を持って今回の現場の収拾にあたるべきだと思います。

  4. 2007年7月、当時の勝俣恒久社長宛に取チリ沖地震級の大津波が発生した場合の過酷事故に関する危険性につきレポートを提出されたとのこと、その危険性認識につき尊敬致します。
     東電が不可抗力による責任逃れを主張しないよう、是非当時の申し入れを公表し、その予見可能性を東電が認識したにもかかわらず「問題ない」と回答した事実を明確にして、東電の違法性を断固追及すべきです。
    これは共産党にしか出来ない行動だと思います。住民を守ってください。

  5.  まったくおっしゃる通りです。何らかの形で公表(すでに県議団HPや当時の私のブログでもアップ)していくのは、大事なことです。ご指摘ありがとうございます。

  6. これですね。「福島原発はチリ級津波が発生した際には機器冷却海水の取水が出来なくなることが、すでに明らかになっている。これは原子炉が停止されても炉心に蓄積された核分裂生成物質による崩壊熱を除去する必要があり、この機器冷却系が働かなければ、最悪の場合、冷却材喪失による苛酷事故に至る危険がある。そのため私たちは、その対策を講じるように求めてきたが、東電はこれを拒否してきた。柏崎刈羽原発での深刻な事態から真摯に教訓を引き出し、津波による引き潮時の冷却水取水問題に抜本的対策をとるよう強く求める。」(2007年7月24日)
    脱原発で安全な国づくりはできます。電力はあまっているという現実と、省エネ技術がかぎです。そのことを、私のブログに書いていますので、ごらんいただけるとうれしいです。私も先週いわきに物資をもって行ってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください