きょう10/1から、全国初の福島県内の18歳までの子ども医療費が無料に

10月に入りました。きょうから県は、18歳までの県内すべての子どもの医療費を無料にします。これは、私たち共産党県議団が昨年の県議選の公約に掲げ、運動をすすめてきたものです。

知事は、こうした動き県議選の最終版に国の制度として行うよう求め、その後野田首相にも直接要望しました。しかし、国は「福島の子どもだけを特別扱いしなければならないのか」とか「制度的に矛盾が生じる」などとして実施は困難とし、翌年の2月、県に正式に回答しました。

私は、改選後初の12月県議会の代表質問で、「国がやらないのであれば、県が独自で実施すべき」と求めました。2月県議会の代表質問で宮川県議が再度県独自の実施を迫りました。そして、ついに知事が「18歳以下の県民の医療費無料化」を決断したと表明したのです。

そして、6月県議会では、10月以降の無料実施分としての補正予算約13億円を計上しました。多くの県民からも大変喜ばれていますが、今後は財源の恒久的にに確保するためにも国の財政支援画が欠かせません。

投稿者:

e-kamiyama

 現在5期目です。子どもや女性、お年寄りにあたたかい政治を!庶民の目線と現場主義をモットーに頑張ります。

「きょう10/1から、全国初の福島県内の18歳までの子ども医療費が無料に」への5件のフィードバック

  1. 神山 悦子 先生
    本日、プログ及び他のNETを拝見しました。御活躍の様子、流石、行動が早いのに感謝申し上げます。
    昨今、マスコミ特にNHKで福島の皆さんの様子を見る度に、東電、GE社、東芝そして政府の後手後手の対応に腹立たしさを感じております。
    一番の心配は、放射性物質の処分だと心得ます。一日も早く、県、政府は最終処分場を決定し、数百年規模で安心できる処分法を作らなければなりません。
    おそらく他県で受け入れることなど考えられません。政府の考えは甘いです。
    福島県民は、おとなしいですね。もっと怒りを行動に移さなければ、国、政府は法の範囲内の事しかしませんね。
    何卒、県としての今後百年以上も続くであろう低レベル放射能被害(細部は省略しますが)から若い世代の子供達を守らなければなりません。
    御礼方々、神山先生のご活躍を祈念致しております。また、お孫さんの健康を祈っております。
    ・・・・・・・・・・浜松市で心配している老人 野地 清勝より・・・・・・・・・

  2. 民主党政府は本当に困ったものです。この解散で、次の政権がNHK世論調査によると民主党ではないと
    感じられますね。また、時期政党の政府と交渉では大変です。
    私は、前々から政府と仲良く放射能対策などできるとは思っておりませんね。先先日の新聞で地裁福島支部に1万6千人規模の告発が全国からでた様ですね。この内、福島県民何人か私はつかんでおりませんが現行電源法律では罰則規定がありませんので、法で責任者を裁くには、この告発しかないのではと思います。また、
    作家 広瀬 隆 氏  「事故の責任者を刑事告発した理由」週刊朝日デジタル版
         ( www.wa-dan.com/article/2011/07/post-139.php )により責任者を刑事告発を東京地裁に起こした様ですね。これが全国の被害者が告発してくれれば、司法も動かざろういないことになりますね。我々が生きている間に責任の所在をはっきりさせておかなければならないと思います。昨日のNHK放送で東電の第一限発で放射能の隠しがあかされましたね。とんでも無いことですね。長々とすみません。しかし、他県にいる者は皆、福島県民の事を心配しているのです。会社、政府と喧嘩をしてでも若いこれからの子供たちを守らなければなりません。
    何卒、心して下さい。安易な妥協はしてはいけません。これが福島県民に確率的に発症するであろう放射能傷害から守る方法の一つであると信じます。共産党の皆さま何卒、県民を守ってあげて下さい。二本松出身の野地清勝です。

  3. 福島に残って住み続けると選択している多くの県民がいます。避難しても、避難しなくてもどちらも支援するのは当たり前です。子どもたちはもちろん、高齢者も含めて県民の健康、命を守る県政にするため頑張ります。
     
     同時に、その大本にある国の政治を変えなければと思います。来たる総選挙で、ぜひ共産党を大きくするためお力をお貸し下さい。福島のためにも。

  4. この度の選挙、是非とも頑張って下さい。貴党の躍進を心から望んでおります。自民、民主の政治の在り方には霹靂です。私も家内と2票だけですが協力しようと思っております。
    福島県民は他県と違い本当の放射線被害を受けておりますので、私は福島県の皆さんは、もっと怒って欲しいですね。待っていては、東電、政府の言いなりです。ご活躍を祈念しております。

  5.  ご支援ありがとうございます。福島県民の思いは、まずは「原発即時ゼロ」です。これを全国に発信し国として廃炉を決断してほしいのです。福島県民のような悲劇をその県でもおきてはほしくないですから。そして、福島県民は原発事故を十分怒っています。それを、マスコミなどは報道していないだけではないでしょうか。
     まして、消費税増税もTPP参加も福島など被災地にとっては復興のさまたげになるだけです。国民にとっても負担は大変です。
    ぜひ、お知り会いなどへ声をかけて支持を広げ、共産党を大きく伸ばしていただきたい。私も明日から県議会が開会しますが、どちらも頑張らなくてはと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください