中田町の新名所~「五百目の名水」を50年ぶりに復活

 30日、中田町振興協議会は、県道小野郡山線下枝五百目坂の清水を50年ぶりに復活させ、「ふれあい五百目の名水」をオープンしました。中田行政センターから小野町方面へ少し行った県道の左側にあります。

                              各町内会長や各団体の役員のみなさん、県中振興局長や県中建設事務所長など県出先機関の幹部なども来賓として出席され、神事によるオープンの儀式が執り行なわれました。 

           

   

      

 

   

   

  【左)手前が佐々木振興協議会長。右)清水の由来碑を建立した地元石材業の瀬谷さん】                        

 地元の横田さんによれば、昔ここは盤城街道とよばれ、いわき方面から塩や海産物などが運ばれていました。今よりずっと狭く急な馬車道で、坂の途中で一休みし湧き出るここの清水でのどを潤していたようです。

 その清水を一升瓶に汲んだら普通は480もんめしかないのに五百もんめあったとかで、これがここの地名になったと伝えられているとのこと。

 

【中田ふれあいセンター(行政センター)前で、太鼓を披露してくれた子どもたちと一緒に。左から前県土木部長、県中振興局長、県中建設事務所所長】

 ところで、当時よりは拡張されたとはいえ、五百目坂は今も冬場の交通の難所です。今年4月の季節はずれの雪で車が路肩に落ちたばかりですし、御舘小・中学校へ異動してくる教員は、あまりの急坂のため4WDの車に買い換えるといいます。

 私も先日県中建設事務所へ要望し、せめてこの坂道に自動凍結防止装置の設置を求めたところですし、昨年2月の総括質疑でもこの路線の整備を求めています。その答弁に立った前土木部長も来賓で参加されていましたが、ぜひ地元の切実な要望を県も受け止めてほしいものです。

 それはともかく、透明で豊かな五百目の名水を汲みに、みなさんもどうぞお出かけ下さい!

6月県議会~各団体から請願・意見書が提出されて

 22日は、県議会の請願書の提出締め切り日でした。共産党県議団は5団体から要請を受けて紹介議員になりました。

 新婦人県本部からは、「子宮頸がん予防ワクチン接種の公費助成を求める意見書と県独自の助成を求める請願、細菌性髄膜炎(ヒブ)予防ワクチンへの県独自の助成を求める請願が提出されました。

 新婦人提出のヒブワクチンの公費助成を求める意見書はすでに昨年9月県議会で全会一致で採択されていますので、今回は県へ独自の助成を求める請願です。

 さらに、消費税なくす会からは「消費税増税に反対する意見書」、生健会からは「生活保護の老齢加算の復活を求める意見書」、そして農民連からは「備蓄米買い入れと米価の回復・安定を求める意見書」が提出されました。

 加えて、脱原発ネットワークからは1F3で使用予定のMOX燃料にかかわる請願で、66,599名分の署名も提出されました。

 なお、子宮けいがんワクチンへの公費助成を求める国への意見書は、全会派一致の要望となったので、全会派提出の意見一本が提出される方向となる予定です。

6月県議会の焦点~プルサーマルに関する意見や県民アンケートにご協力下さい!

    6月県議会は、今月15日~30日の日程で開催予定です。知事は、2月県議会の冒頭でプルサーマルについて3つの技術的条件をつけ、事実上の受け入れを表明しました。

 知事が掲げた3つの前提条件について、きのう(5 /31)から県の技術専門家による検証(公開)が始まりました。

 東電が3つの検査結果を説明しましたが、数字のデータを駆使するなどして『安全』だと結論づけたものを、いかにも専門家だといわんばかりにスラスラと述べました。

 しかし、県民にはわかりにくいもので、県の技術専門家からでさえ「しろうとにもわかりやす説明を」と指摘されたほどです。

 ところで、耐震安全性、MOX燃料の品質問題、高経年化対策などの技術面の検証も大切でしょうが、プルサーマルをやればどんな危険が予想されるのか、県はそれに対してどう対処しようと考えているのかなど、県民の不安に直接応える検証はされていません。その不安に応えないまま、知事は正式に受け入れようとしています。

   原発県連では、県民のみなさんの意見を県政へ届けるためのアンケートを実施しています。ぜひ、みなさんの生の声をアンケートに書いて郵便ポストに投函して下さるようご協力をお願い致します。

子どもの医療費、ヒブワクチン、子宮頸がんワクチンなどに県の助成をと、新婦人が県交渉

1日、国際子どもデーのこの日、新婦人県本部は、中学校卒業までの子どもの医療費助成、細菌性髄膜炎(ヒブワクチン)、子宮頸がんワクチンへの県の助成制度を創設してほしいと県ヘ要望書を提出し懇談しました。

 ヒブワクチンは、1人7~8千円かかります。私の娘も3歳の時にかかりました。幼稚園で流行していたようです。幸い脳障害を引き起こすことなく治りましたが、もし障害が残ったらと不安に思ったことは忘れられません。ワクチン接種で感染や命を落とさずにすむのであれば、ぜひ実施すべきです。

 また、子宮頸がんワクチンも1人5~6万円かかります。県内では大玉村が4月から半額の公費補助を始めたばかりですが、まもなく全額補助に切り替えを検討しているようです。

 子宮頸がんワクチンは、性行動を始める前の小学6年生~中学生に集団接種することが効果的といわれています。「がん」をワクチンで予防できるなんて画期的なこと。

 がん治療にかかる医療費と比較してもはるかに安くすむし、何よりも母性を持つ女性の生涯の健康(リ・プロ)を支援していく大きな意味があります。県は国の動向待ちでなく、全国に先駆けて助成し、子育てと女性にやさしい福島県をめざしてほしいものです。

あぶくま養護学校を訪問・懇談

 27日、知的養護学校の県中あぶくま養護学校を、岩渕友さんと高橋善治市議とともに訪問しました。共産党は、今年4/22に「障害のある子どもたちの教育条件を改善するための緊急提案」を発表していますが、障害児学校現場の実情などをうかがうためでした。

 国の特別支援教育体制は、主に3つで、特別支援学校(障害児学校)、小中学校の特別支援学級(障害児学級)、通級指導教室(通常の学級から週1回程度通う)です。

 07年、これに発達障害(LD=学習障害。HDHD=注意欠陥多動障害、高機能自閉症=知的障害を伴わない自閉症など)を特別な教育対象として新たに加えて発足しています。

 ところが国は、この10年間で18万人から30万人に増えているのに、それに必要な障害児教育の予算も教員も増やさないできたため、特別教室を転用したりカーテンで仕切ったりして使うなど深刻な事態になっています。あぶくま養護学校も同様で、私も何度となく県議会で取り上げてきました。

 この異常を解消するには、国の施設の「基準」を設け、学校の規模については、大規模化をやめて必要な地域に設置するなど増設することが必要です。それに見合う教員の拡充も求められます。

そのための国の予算増額はもちろんですが、県も国待ちにならず改善のための努力や予算措置がいよいよ求められます。県も障がい児の立場に立てば、この異常な事態を見て見ぬふりはできないはずです。 

                          

あす、臨時の全国知事会で沖縄普天間基地問題を協議!?                                     普天間基地の無条件撤去をと、知事に緊急申し入れ

       

 あす27日、全国知事会が緊急に開かれ、普天間基地問題について協議するというものです。沖縄の米軍基地を日本全国に分散・移転させるねらいがあることから、党県委員会と県議団の連名で、知事に緊急申し入れを行ないました。

 申し入れ項目は3点。基地の無条件撤去を鳩山首相に求めること、沖縄の米軍の訓練を全国への移転に断固反対すること、沖縄の米軍基地の縮小・撤去を求めること、です。

   

 きょうの申し入れは、岩渕友参院選挙区予定候補と宮本しづえ県副委員長とともに行ない、長門直轄理事が応対しました。わが県は内堀副知事が代理出席の予定です。

 

 

6月県議会に向けて「知事へ申し入れ」                                            プルサーマル受け入れ表明の撤回を! 市町村国保へ県独自の財政支援を!

 25日、6月県議会に向けた知事申し入れを行ないました。6月県議会は6/15開会の予定ですが、ここで佐藤雄平知事は、プルサーマル受け入れを表明するとみられています。

 東電は、きょう県庁を訪れ、知事があげた3つの条件の耐震安全性、高経年化(老朽化)、MOX燃料の品質の問題について、「調査したところ安全性に問題なかった」とする結果を県に報告しました。

 県は来週31日、県の専門委員会を開き(公開で)と東電のこの調査結果について県自身が検証します(傍聴もできます。詳しくは県のHPで)。こうして3条件をクリアさせるのでしょう。県民の命、安全・安心を考えれば、当然知事は受け入れを撤回すべきです。

   

ところで、県は県民にも市町村にも冷たい。市町村国保会計は、失業による加入者も増えて国保税を払えない滞納世帯が21%をこえています。ところが、県は義務的負担分以外は全く支援しようとしていません。

 それどころか、市町村県税の滞納者に対する税徴収を強めるため、今年、会津地域に滞納回収機構まで作ったのです。納税者の権利を無視したとんでもないやり方です。これをすぐ解散するよう求めました。

 このほか、今問題になっている家畜伝染病、口蹄疫についても万全の対策を求めました。

NPTニューヨーク県代表団の報告会

 22日、市内で県原水協が開いたNPTニューヨーク県代表団の報告集会がありました。12人のうちきょうは7人が参加。

 私も帰ってきてから、県議会議員や県の職員の方などから署名やカンパのご協力を頂いていますが、県の直轄理事からも署名とカンパを寄せて頂きました。これらも国連へ届けます。ご協力ありがとうございました。    

             

 【国連本部の入り口にある銃口をねじったモニュメント】

    

企画環境委員会で愛媛県の伊方原発を視察

   

 19~21日の3日間の日程で、県議会の企画環境委員会で愛媛県を視察してきました。

 今回は、玄海原発に続いて全国2番目にプルサーマル(四電一-の3号機)を受け入れた愛媛県、立地町の伊方町、そして四国電力の伊方原発を視察し、それぞれ受け入れに至る経過や背景、住民合意のプロセスや意見聴取などについて調査しました。

 

前進座「切られお富」を観劇                                              嵐広也さんの7代目嵐芳三郎襲名披露口上も

    

          【前進座女優の横澤さん(右側の和服姿)らと共に】

15日、郡山パルのみなさんと恒例の前進座5月国立劇場公演を観劇してきました。

 今年は、前進座の嵐圭史さんが、3月にH21年度芸術選奨文部科学大臣賞を受賞されたことや、嵐広也さんが祖父・父の嵐芳三郎を襲名し、その披露口上もあるというのでかけつけました。

 嵐圭史さんの受賞理由は、「永年に亘り、前進座の中心俳優として活躍し、昨年5月の国立劇場で真山青果作「江戸総攻」の徳川慶喜を演じて優れた演技見せた。嵐圭史氏は、持前の優れた風姿と品位、明晰な台詞を駆使して、慶喜の人柄と言動を鮮やかに表現した」というものでした。

 昨年の舞台での圭史さんの姿がよみがえってきます。この日も、凛々しく演じていました。芸術・伝統を守っていく仕事は、人知れぬ苦労もあるはず。圭史さんの楽屋を訪ね、心からお祝いを申し上げました。

 また、公演に先立ち、河原崎國太郎さんの弟(嵐圭史さんの甥)の嵐広也さんが、7代目嵐芳三郎襲名を披露する口上がありました。

 嵐広也さんは、お富役の國太郎さんと共に、井筒与三郎役を初々しく、晴れやかに演じました。山田洋次監督もお祝いにかけつけようです。観劇されている姿をおみかけしました。